小説『隠居すごろく』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

西條奈加による時代小説。

巣鴨に店を開く糸問屋・嶋屋の
6代目主人徳兵衛は、
還暦を過ぎ、そろそろ隠居したいと申し出る。
5代目の父の死によって店を継いだのは28の時。
それから33年間、商売一筋に励んで来た。
7歳からの修行も合わせると、54年もの間、
店のためだけに費やした。

34歳になる長男は、
とても自分にはまだ七代目はつとまらないと固辞するが、
強引に隠居してしまう。

徳兵衛は嶋屋からそう遠くないところに隠居家を買って引っ越す。
長年連れ添った妻のお登勢は、同行せず、
これまで通り店にいるという。
女中一人とその息子が付いて来た。

このときの徳兵衛は、まだ知らなかった。
隠居とは上がりではなく、
二枚目の双六の始まりであった。


とあるように、
徳兵衛の隠居暮らしは、
それまでの生活と一変する。
当初、何か趣味をと、いろいろ手を出すが、
全部なじめず、手持ち無沙汰になってしまう。
その空虚な日々を埋めるのに登場したのが、
孫の千代太・八歳。
この千代太がものすごく優しい性格の持ち主で、
野良犬、野良猫を見ると捨てておけず、拾って来てしまうのだ。
なんとかやめさせようと、
「千代太、おまえは難儀してる小さきものを、
見過ごしにはできぬのだろう?」
「おまえの気持ちは、決して悪いことではない。
だがな、どうせなら犬猫ではなく、
人のために使ってみてはどうだ?」
などと言って、やめさせようとするが、
その言葉を鵜呑みにした千代太が次に連れてきたのは、
二人の子供だった。
貧民窟に住み、父はおらず、飲んだくれの母と一緒だ。
徳兵衛はみかねてこの一家の救済に乗り出す。
というのは、母のおはちには組紐の技術があり、
腕は確からしい。
徳兵衛は隠居家の一角に作業所を設け、
おはちに糸を与えて組紐をさせてみる。

一方、千代太は周囲の浮浪児たちを集めて、
手習いの稽古を始め、
隠居家は子供たちの声が満ちるようになってしまう。

やがて、上州から組紐の作業に女性たちが次々と加わり、
また、子供らの稼ぎの王子権現の案内料を増やすために、
縁起を伝える子供芝居まで手を広げ、
それを妨害するやくざ者と対決したりする。

その間、徳兵衛の中に大きな変化が起こる。
それまでは商売で儲けることだけ考えていたのが、
人のために尽くす、という喜びを感ずるようになるのだ。

商いを、ただの金儲けだと思えば、
金に束縛され、翻弄される。
しかし富久屋の亀蔵が言ったとおり、
そこに自分なりの甲斐を見つければ、
まったく別の世界が開けてくる。
甲斐とは煎じ詰めれば、他人の役に立つことかもしれない。
人に喜ばれ、人に認められる。
昇進も儲けも褒美も、
すべてはそこに繋がる。


他人によけいな情をかけるな、
たとえ吝嗇は侮られても金は惜しめ、
というのが徳兵衛の人生訓であったが、
千代太に感化されて、別な世界を見てしまうのだ。

そして、冷えきった関係の妻のお登勢との仲も修復する。
36年前の出来事を初めて知らされ、詫びるのだ。

「わしはおまえは向き合うことをせず、
ただ仕事に逃げておった。
店で慌ただしくしておれば、
よけいなことを考えずに済むからな」


何だか今のサラリーマンの世界を反映しているみたいで、
現代にも通じる物語。

人生をすごろくに譬え、
定年での「上がり」から
次のすごろくが始まる、
なかなかの話であった。

「公明新聞」に連載。



映画『ドクター・スリープ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

スティーヴン・キングのホラー小説「シャイニング」(1977)の
続編小説(2013)の映画化。

クリックすると元のサイズで表示します

前作はスタンリー・キューブリック監督、
ジャック・ニコルソン主演で映画化(1980)された。

クリックすると元のサイズで表示します

原作と大幅に改変された部分があって、殆ど別作品に近く、
原作者キングは気に入っていなかったが、
映画の評価は高かった。
開発後間もないのステディカムを導入。
効果的に使われ、この撮影装置の知名度を飛躍的に高めた。

クリックすると元のサイズで表示します

(ステディカム=「安定した」を意味する英語の「ステディー(Steady)」と
「カメラ(Camera)」を組み合わせた合成語で、
カメラマンがカメラを体に装着し、
移動によって生じるブレや振動を抑え、
スムーズな映像を録ることを目的に開発された
カメラスタビライザー(カメラ安定支持機材)。
それまでは、レール上の台車やクレーンにカメラを載せて移動するという
大掛かりな手段しかなかったが、
ステディカムの登場によって、
カメラマンが手持ちカメラのまま走ったりしても
滑らかでスムーズな移動映像が撮影できるようになった。
「シャイニング」を観た後、
あの迷路のシーンはどうやって撮影したのだろう。
地面にレールはなかった。
もしかしたら、上にレールを敷いて、カメラをぶら下げたのだろうか。
しかし、あんな長い距離を移動するのだから、
レールは写ってしまうはず、
などと議論したのを覚えている。)

クリックすると元のサイズで表示します

冬の間閉鎖するコロラドのホテルの管理を任された一家が
父親の狂気に巻き込まれ、恐怖の体験をする。
それから40年。
父親に殺されかけたことがトラウマになっているダニーは、
アルコール依存症や、特殊能力の扱いに苦悩し、
人を避けるようにして生きてきた。

その頃、子供を狙った殺人事件が連続して起こり、
それは、邪悪集団トゥルー・ノットが引き起こしたものだった。
トゥルー・ノットは子供の生命力を吸引することによって
永遠の命を得る集団で、
何世紀にも渡って生き延びてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

ダニーと同様に超能力シャイニング(かがやき)を持つ少女アブラが、
ダニーに接触してきて、
トゥルー・ノットの存在を示唆し、
ダニーはアブラと共に、
トゥルー・ノットと対決していくが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

邪悪集団の台頭という、
ちょっとありがちな設定に戸惑い、
前作とどうつながるか、
と危惧していると、
最後近くになって、
ようやく、前作とのつながりが明らかになる。
それまでは、ちょっともどかしい。
トゥルー・ノットの女ボス・ローズが
幽体離脱して、敵方を詮索するシーンなど、
目新しい映像はあるが、
なかなか本筋に行き当たらない。

クリックすると元のサイズで表示します

終盤、前作とつながる映像(音楽を含め)が頻出すると、
ようやく舞台設定が整ったと、
40年ぶりのなつかしさも手伝って、
画面に釘付けになる。

クリックすると元のサイズで表示します

元々原作では、ある存在
(と、隠そうと思ったが、
予告編でも明かされているので、ホテルと書く)
が大本の原因で、
その存在の崩壊で終るので、
今回のラストは、
こうでなければ終らないな、という印象。

ダニーを演ずるユアン・マクレガーは、さすがに老けたな。

クリックすると元のサイズで表示します

ローズを演ずるレベッカ・ファーガソンはなかなか。

クリックすると元のサイズで表示します

監督はマイク・フラナガン

5段階評価の「3.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/YgLsQiodvhw

拡大上映中。

タグ: 映画

イルミネーションランキング  耳より情報

今年もイルミネーションの季節になって来ました。
そこで、恒例、
全国イルミネーションランキングを紹介。


1位 東京メガイルミ

クリックすると元のサイズで表示します

東京都・品川区 / 大井競馬場
2019年10月5日(土)〜2020年3月29日(日)


2位 ミッドタウン・クリスマス 2019

クリックすると元のサイズで表示します

東京都・港区 / 東京ミッドタウン
2019年11月14日(木)〜12月25日(水)
電球数:約51万球


3位 大阪城イルミナージュ

クリックすると元のサイズで表示します

大阪府・大阪市中央区 / 大阪城 西の丸庭園
2019年11月22日(金)〜2020年3月1日(日)
電球数:約300万球


4位 ウィンターファンタジー

クリックすると元のサイズで表示します

香川県・仲多度郡まんのう町 / 国営讃岐まんのう公園
2019年11月23日(土・祝)〜2020年1月5日(日)
電球数:約60万球


5位 ディズニー映画『アラジン』MovieNEX 発売記念
   Caretta Illumination 2019 アラビアンナイト

クリックすると元のサイズで表示します

東京都・港区 / カレッタ汐留
2019年11月14日(木)〜2020年2月14日(金)(予定)
電球数:LED約25万球


6位 2019 SENDAI 光のページェント

クリックすると元のサイズで表示します

宮城県・仙台市青葉区 / 定禅寺通
2019年12月6日(金)〜31日(火)
電球数:60万球


7位 神戸イルミナージュ

クリックすると元のサイズで表示します

兵庫県・神戸市北区 / 道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢
2019年11月1日(金)〜2020年2月11日(火)
電球数:約500万球


8位 Wonder Experience イルミナイト万博 2019

クリックすると元のサイズで表示します

大阪府・吹田市 / 万博記念公園
2019年12月6日(金)〜29日(日) 
電球数:40万球


9位 備北イルミ

クリックすると元のサイズで表示します

広島県・庄原市 / 国営備北丘陵公園
2019年11月9日(土)〜2020年1月5日(日)
電球数:70万球


10位 ジュエルミネーション〜ジュエリー・オリンポス〜

クリックすると元のサイズで表示します

東京都・稲城市 / よみうりランド
2019年10月24日(木)〜2020年5月6日(水)
電球数:650万球


11位 ウインターイルミネーション2019-2020
 「飛び出せ!ピコピコ・ドリームワールド〜Play & Smile〜」

クリックすると元のサイズで表示します

千葉県・袖ケ浦市 / 東京ドイツ村
2019年11月1日(金)〜2020年4月5日(日)
電球数:300万球


12位 道の駅おおとう桜街道イルミネーション

クリックすると元のサイズで表示します

福岡県・田川郡大任町 / 道の駅 おおとう桜街道
2019年11月下旬〜2020年1月末日
電球数:約60万球


13位 138タワーパーク ツインアーチのメリークリスマス2019

クリックすると元のサイズで表示します

愛知県・一宮市 / 国営木曽三川公園 138タワーパーク
2019年11月16日(土)〜12月25日(水)
電球数:30万球


14位 体験型イルミネーション
「伊豆高原グランイルミ〜5thシーズン〜」

クリックすると元のサイズで表示します

静岡県・伊東市 / 伊豆ぐらんぱる公園
2019年10月19日(土)〜2020年8月31日(月)予定
電球数:約600万球


15位 フラワーパーク イルミネーション

クリックすると元のサイズで表示します

茨城県・石岡市 / 茨城県フラワーパーク
2019年11月15日(金)〜2020年1月13日(月)
電球数:100万球


16位 青の洞窟 SHIBUYA

クリックすると元のサイズで表示します

東京都・渋谷区 / 渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木
2019年11月29日(金)〜12月31日(火)
電球数:約60万球


17位 NAGOYA PORT WINTER ILLUMINATION 〜笑顔溢れる光の港街〜

クリックすると元のサイズで表示します

愛知県・名古屋市港区 / 名古屋港ガーデンふ頭臨港緑園
2019年12月7日(土)〜25日(水)
電球数:非公開


18位 GRAND WISH CHRISTMAS 2019

クリックすると元のサイズで表示します

大阪府・大阪市北区 / グランフロント大阪
2019年11月7日(木)〜12月25日(水)
電球数:約40万球


19位 Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫

クリックすると元のサイズで表示します

神奈川県・横浜市中区 / 横浜赤レンガ倉庫、赤レンガパーク
2019年11月22日(金)〜12月25日(水)


20位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」

クリックすると元のサイズで表示します

栃木県・足利市 / あしかがフラワーパーク
2019年10月26日(土)〜2020年2月6日(木)
電球数:500万球


映画とノベライズ本『決算!忠臣蔵』  映画関係

[映画紹介]「書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

忠臣蔵を経費面から描く、というユニークな映画。
原作は、東京大学史料編纂所教授・山本博文の著作。
赤穂浪士が吉良邸討ち入りに費やした資金は約七百両(8400万円)。

(当時のかけそばが16文で、
 今の値段480円で換算すると、1文=30円。 
 1両は12万円)

大石内蔵助は討ち入り決行までの間に
使用した費用全てを帳簿に記録していた。
その「決算書」=「預置候金銀請払帳」を収録し、
史料から「忠臣蔵」の裏側に迫ったのが、
山本博文『「忠臣蔵」の決算書』(2012、新潮新書)。

クリックすると元のサイズで表示します

この原作に基づいて、物語を作り、映画化したのが
「決算! 忠臣蔵」で、

文庫本は、
監督の中村義洋の手により、ノベル化したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の方は、大石内蔵助に堤真一

クリックすると元のサイズで表示します

その幼馴染みで経理担当(勘定方)の矢頭長助に岡村隆史を配し、

クリックすると元のサイズで表示します

吉本興行の芸人たちが多数出演している。

1701年、赤穂藩藩主・浅野内匠頭が江戸城・松之廊下で刃傷騒ぎを起こし、
浅野家お取り潰しと内匠頭の即日切腹が決まる。

まず描かれるのは、
赤穂藩内での開城派(おとなしく幕府に城を明け渡す)と
籠城派(幕府軍と徹底抗戦する)との確執。
籠城決戦すると割賦金(退職金)がもらえなくなるとの話に
籠城派は一挙にしぼんでしまう。
また、広島の浅野本家と親戚の大垣藩の意向もからむ。
次席家老の大野九郎兵衛は
藩札の割引処理を終えると、さっさと逐電してしまう。

次に描かれるのは、
内匠頭の弟・大学長広を押し立てての
お家再興の動き。
幕府の目をくらますための大石の廓遊びも描かれる。
(自費だという)
その間に、江戸の赤穂藩士の吉良討ち入りの勇み足を
押さえるために大石らが奔走する姿が描かれる。
しかし、それも費用がかかる。
江戸と関西の往復旅費が一人72万円。(随分だな)
江戸組の生活費が1200万円。
大学を立ててのお家再興の運動費267万円。
その他、家臣から無心されるたびに金が出ていく。
藩というものは、
番方(戦担当)と役方(事務担当)に別れており、
役方の筆頭である勘定方の苦労など、
番方は全然分かろうとしない。

赤穂家の総収入は30億円
その大部分は、藩札の割引と、割賦金で消えた。
では、討ち入りの費用はどうしたか。
それは、内匠頭匠の夫人・阿久里(落飾して瑤泉院(ようぜんいん)の持参金から
塩問屋に貸し付けた金のうち取り戻した2割程度の金と
藩の余り金を合わせた額9491万円
それが大石に託され、金庫番は長助であった。
しかも、その金の存在を知るのは6人のみ。
あとは、費用のことなど頭になく、使った分を請求する。

ついにお家再興の望みもなくなり、
討ち入りを決意して江戸に向かう時には、
残高は1638万円しか残っていない。
全員は連れて行けないので、
神文誓詞(大石に着いていくという約束文)を返して
選別した。
つまり、47人に絞ったのも、
経費の逼迫が原因だったというお粗末。

集結した江戸でも、お金がどんどん出ていく。
義士たちの住まいの家賃、食費。
そのため、家をまとめ、外食を禁止する始末。

最後に描かれるのは、討ち入りの具体的作戦。
ここでも費用がかかる。
江戸に入るのに武器を持ってこれないから、
弓代も槍代もかかる。
中には刀を質入れしたものもいて、その費用も面倒を見る。
作戦会議の場では、
梯子やカスガイ、金槌、松明、弓と費用がかさんでいく。
敵味方を明らかにするために、統一衣裳を着るということで、
試算で414万円かかる。
それは同志の古着屋が預かっていた火消し装束でまかなうことにした。
つまり0円で済んだ。
鎖帷子を3人に1人が着るとしても270万円。
2人だと540万円。
この場面は、画面の脇にかかる費用が示されて、
それがどんどん上がっていって、
大石が恐怖するあたり、笑わせてくれる。
本編中、一番面白いシーンだ。

討ち入りは翌年の3月14日の命日を目標としていたが、
吉良の在宅日が判明したために、
3月早くなる。
ほっとしたのは勘定方で、
3月分の家賃が浮く。その額228万円。
食費も浮く。432万円。
というわけで、12月14日の討ち入りは、
金銭面でもそう要求されていたのである。
(おかげで、数日前に降った雪が残っており、
舞台装置が整った)

討ち入り前日、大石は瑤泉院を訪ね、
(会ってはもらえなかったが)
残金の100両を返している。
1200万円だから、
9491−1200=8291万円がかかった計算。
金と一緒に提出したのが、
「預置候金銀請払帳」である。

ただ、大石がつけて残っている史料は、
瑤泉院から預かった金についてだけなので、
それが全ての費用をまかなった、というのはちょっと違うかな。
義士の中には金持ちもいたし、
支援者もいた。
とりあえず映画も本も、
そこは目をつぶる。
(本には断りがある)

この映画、大変ユニークであるが、
とにかく、登場人物が多く、把握しきれない
誰がどんな役割を果たすのか分からないから、
目の前を通り過ぎる感じ。
役者、芸人の無駄遣い感が強い。

ノベライズ本を読んで、ようやく理解した次第。

映画としては、
「実は、討ち入りは、すごいお金がかかりました。
そのために勘定方は苦労しました」
ということだけは伝わった。

「あとがき」で筆者の中村義洋が、
大石内蔵助を映画のプロデューサーに譬えているのがおかしい。
製作会議で、
監督の要望で、セット費用が何千万円増え、
雪を降らすで、また出費がかさみ、
エキストラを使うで、金がかかる。
心の中でソロバンをはじきながら、
ハラハラ見守るプロデューサー。
一瞬、「この映画、作るのやめようかな」という思いがよぎる。

まさに、その立場が大石だったというのだ。

本には、赤穂藩士の年収がいちいち記載されており、
大石の年収は6923万円。
すごい高給取りだったのだね。

映画は、もう少し人物を絞って、
骨となる話を明確にしたらと思ったが、
ノベル本を読んで、
監督の意図が分かったのでよしとしよう。

タグ: 映画

新浦安のイルミネーション  わが町・浦安

新浦安駅前の広場が
イルミネーションで飾られました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

木にLEDライトをつけただけの
簡素なもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも、お勤めから帰って来た
サラリーマンを慰めます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、舞浜駅のイクスピアリのツリー。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルミラコスタの中庭。

クリックすると元のサイズで表示します

ミラコスタの車回り。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

舞浜駅近辺の住宅街に、
昔、超豪華なイルミネーショが登場し、
新聞にも取り上げられましたが、
今はどの家もイルミネーションはやっていないようです。





AutoPage最新お知らせ