アメリカ旅行記・後編Iアフリカ美術館、そして帰国  旅行関係

ビジターセンター(キャッスル)の裏側には、
ホープトガーデンがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

花々が咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、この庭、美術館の上に造られた
「天井の庭」。

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに非常階段や天窓が隠されています。

クリックすると元のサイズで表示します

庭をはさんで、サックラー・ギャラリーの反対にあるのが、
国立アフリカ美術館

クリックすると元のサイズで表示します

この美術館もフリーアー&サックラー美術館とつながっています。

クリックすると元のサイズで表示します

主にアフリカの芸術と文化を中心とした展示物で占められています。

クリックすると元のサイズで表示します

展示物は大変ユニーク。

クリックすると元のサイズで表示します

ユニークではありますが、
あまり美しくは感じられません。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ユニーク。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この衣裳など、

クリックすると元のサイズで表示します

まるで、絵画。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ユニークさに、絶句。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でも、美しくない。(しつこい)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来ると、笑ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スミソニアンでは、
8つの美術館・博物館を回りました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、このレストランで、寿司を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の板前さんがいるらしく、
まともな寿司でした。

カメラを持っていくのを忘れたので、
ネット上でみつけた、それらしいもの。

クリックすると元のサイズで表示します

20ドル+税金2ドル+チップ4ドル=26ドル。


さて、長い旅も終わりです。

クリックすると元のサイズで表示します

来たルートと逆をたどりますが、
こんなに遠かったかと心配になる頃、
地下鉄の終点に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

うろうろしていると、
おじさんがバスの乗り場を教えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダラス空港は大きな空港。

クリックすると元のサイズで表示します

この看板を見つけて、一安心。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、日本語が通じます。

クリックすると元のサイズで表示します

チェックインを済ませて、

クリックすると元のサイズで表示します

中へ。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、ここで、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなの。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか滞在中、
こんなものばかり食べていたような気がします。

ゲートに到着。
ここまで来れば一安心。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは全日空
「001便」とは、
アメリカへの国際線定期便の第1号であったため。

昔、運輸省の政策により、
日本航空は国際線と国内線幹線を、
全日空は国内線幹線とローカル線・近距離国際線チャーターを、
東亜国内航空は国内ローカル線
というように、住み分けが行われていました。
この政策の転換を契機に、
1986年(昭和61年)より、
全日空は、国際線定期便の運航を開始。
最初の路線は成田〜グアム線でしたが、
同年にアメリカ本土への路線として成田〜ロサンゼルス線と
成田〜ワシントンDC線を就航。
その後、国際線を拡大し、今に至ります。

ワシントン線就航時は、お祭り騒ぎでした。

座席は、↓のとおり、前がない席を確保。

クリックすると元のサイズで表示します

キャビンアテンダントのお姉さんの仕事ぶりも見れます。

クリックすると元のサイズで表示します

難は、テーブルとモニターをここから
よっこらせ、と出さねばならないこと。

クリックすると元のサイズで表示します

日系航空会社だから、
映画は全部日本語で観ることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

「アポロ11」「ティーンスピリット」
「アス」「ダブリンの時計職人」「サムライマラソン」
を観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

全日空では、ハーゲンダッツが出ます。
カチカチ。

クリックすると元のサイズで表示します

太平洋をひとっ飛び。

クリックすると元のサイズで表示します

旅行期間、雨にも降られず、良好でしたが、
最後の最後、舞浜駅で土砂降りに見舞われました。
今まで我慢していたのを吐き出すみたいに。

今回観たミュージカルの無料配布パンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろなところのチケット。

クリックすると元のサイズで表示します

8月9日から20日まで。
12日間、長いな、と思っていましたが、
過ぎてしまえば、あっという間でした。


旅行記のバックナンバーは、↓をクリック。

前編(ニューヨーク編)

「キングコング」

「ヘイディスタウン」と「ビートルジュース」

「トッツィー」

ワールド・トレード・センター

ラジオシティとジャズライブ

美術館巡り

「アラジン」

「アナと雪の女王」と「ムーラン・ルージュ」

ニューヨークあれこれ


後編(ワシントンDC編)

フォード劇場

航空宇宙博物館

ナショナル・ギャラリー

ナショナル・ギャラリー・東館

大統領記念館

アーリントンと硫黄島記念碑

自然史博物館

アメリカ歴史博物館

フリーア&サックラー・ギャラリー





AutoPage最新お知らせ