アメリカ旅行記・後編Hフリーア&サックラー・ギャラリー  旅行関係

朝のナショナル・モール。

クリックすると元のサイズで表示します

時間がゆったりと流れています。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ワシントン・モニュメントは、
今日も雄々しく立っています。

クリックすると元のサイズで表示します

フリーア・ギャラリー

クリックすると元のサイズで表示します

実は隣の
アーサー・M・サックラー・キャラリー

クリックすると元のサイズで表示します

中で繋がっており、
展示物も似通っていることから、
フリーア&サックラー・ギャラリー
統合して称されることもあります。

不思議な構造をしており、
「あれ、ここ通ったことがある」
とロール・プレイング・ゲームのような趣です。

まず、サックラー・ギャラリー。

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨークの医療研究者であり
医学関係新聞の発行者でもあった
アーサー・M・サックラー(1913〜1987)による
400万ドルもの寄付金で建てられ
1987年に開館。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

およそ千点の寄贈作品群を収めてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

寄贈されたものはほぼ全て
中国の古代美術やイスラム文化の資料を始めとする、
アジア諸国の作品。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

特にインドの彫刻、
中国の壷や図画などの骨董作品が数多く、
一方で古代王朝の彫刻や
チベット・日本の絵画なども展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

映像による展示もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、手前の映像に触れると、
鐘の音が鳴る仕組み。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいいものがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一方、フリーア・ギャラリー。

クリックすると元のサイズで表示します

デトロイトの実業家、
チャールズ・ラング・フリーア(1854〜1919)によって設立されたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アジアの美術品を収集していた彼は、
同趣向の美術品を収集・所有していたアメリカの芸術家である、
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーとの協力を得るなどして収集。

クリックすると元のサイズで表示します

その美術品と資金を
アメリカ合衆国連邦政府に寄付。
1923年に一般に公開されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サックラー・ギャラリーと同様に、
日本を含む中国やインドを中心とした
アジアの古美術品が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

主に、中国の絵画、韓国の陶芸品及び陶器、
日本の屏風などが観光客に人気のある展示品として挙げられます。

クリックすると元のサイズで表示します

屏風のコレクションが豊富。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

特に有名なのは、「孔雀の間」で、

クリックすると元のサイズで表示します

ホイッスラーがイギリスの富豪であった
フレデリック・R・レイランドの食堂として使用されていた部屋を
金色の孔雀の模様をベースにデザインしたものであり、
1877年に完成。

クリックすると元のサイズで表示します

その後フリーアが1904年にこの部屋を買い取り、
デトロイトにあった自身の自宅に保存していましたが、
彼が死んだ後は
ここのフリーア美術館へ移されました。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋全体が芸術品で、
孔雀の絵の反対側には、
ホイッスラーによる「磁器の国からきた皇女」
掲げられています。

クリックすると元のサイズで表示します

両美術館は、
建物が同じだけでなく、
責任者や学芸員なども共通。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

展示する作品の趣旨も同じで、
公式ページも両館は共同サイトとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、残るは一つとなりました。





AutoPage最新お知らせ