映画『マチネの終わりに』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

平野啓一郎の小説がなかなか良かったので、
どう映画化されたの興味で、観た。

あらすじ等は、ブログでの紹介↓をどうぞ。

原作本「マチネの終わりに」

クラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治) と
フランスの通信社で働く小峰洋子(石田ゆり子) との、
「大人の恋愛」を描く。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーは大体原作通りだが、
テロはイラクからパリに、
蒔野の演奏家中断期間は
1年半から4年に変えられている。

二人を結ぶ絆は、
洋子の父親である
ユーゴスラビア人のイェルコ・ソリッチ監督の
映画「幸福の硬貨」なのだが、
洋子自身の欧州の血と日本人の血の葛藤は
ほとんど描かれていない。

と、映画化の際の改変は仕方ないとしても、
致命的なのは、
石田ゆり子が通信社に勤める国際ジャーナリストには、
全く見えないことだ。
東京、パリ、マドリード、ニューヨークと、
世界を股にかけての物語なのだから、
その必然性が俳優から感じられないのは、少々困る。

クリックすると元のサイズで表示します

たった一度しか会ったことのない相手に
「洋子さんが死んだら、僕も死ぬ」
と言うのも、
小説ならいいが、
生身の役者の口から出ると、
単なる口説き文句に聞こえてしまう。

その意味で、全体的に嘘っぽい雰囲気が漂い、
それを補完する音楽(ギターの演奏)も補いきれなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

原作のテイストは損なっていないが、
この仕上がりでは、
映画化作品としての及第点はあげられない。
残念。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/HCE2owGeIdw

拡大上映中。

タグ: 映画

アメリカ旅行記・後編Gアメリカ歴史博物館  旅行関係

自然史博物館の後は、
隣の国立アメリカ歴史博物館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ合衆国の歴史や文化に関連する
コレクションを展示。

1604年にイギリス人がジェームズタウンに入植して以来、
たった400年の歴史しかありませんが、
それはまさに、発展の歴史でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、輸送機関の発展を展示。

クリックすると元のサイズで表示します

自転車から始まって、

クリックすると元のサイズで表示します

車、

クリックすると元のサイズで表示します

機関車、

クリックすると元のサイズで表示します

市電や

クリックすると元のサイズで表示します

バイク、

クリックすると元のサイズで表示します

トラックやバスに発展。

クリックすると元のサイズで表示します

モータリゼーションの歴史が

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの発展の歴史です。

クリックすると元のサイズで表示します

海運も発展。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの食卓も

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん発展。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

発明の歴史でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

何と言っても、エジソンの存在が大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クレジットも偉大な発明。

クリックすると元のサイズで表示します

なんで日本語看板?

クリックすると元のサイズで表示します

シリコンバレー。

クリックすると元のサイズで表示します

ハリウッド。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの歴史を年代順に展示。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コンピューターも偉大な発明。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、アリのグローブ。

クリックすると元のサイズで表示します

野球もアメリカの文化。

クリックすると元のサイズで表示します

民主主義の歴史。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

言論の自由と

クリックすると元のサイズで表示します

投票行為。

クリックすると元のサイズで表示します

「栄光の重荷}という、大統領のコーナー。

クリックすると元のサイズで表示します

歴代の大統領が、

クリックすると元のサイズで表示します

ワシントンから

クリックすると元のサイズで表示します

トランプまで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、ワシトンの椅子。

クリックすると元のサイズで表示します

歴代大統領の評価も。

クリックすると元のサイズで表示します

ファーストレディの展示。

クリックすると元のサイズで表示します

初代マーサ・ワシントンからメラニア・トランプまで
歴代のファーストレディの写真と

クリックすると元のサイズで表示します

その衣裳も。

クリックすると元のサイズで表示します

主に大統領就任式のドレス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、メラニア夫人のドレス。

クリックすると元のサイズで表示します

「自由の代償」と称する戦争のコーナー。

クリックすると元のサイズで表示します

独立戦争、南北戦争、
第1次世界大戦、第2次世界大戦、
朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争と
アメリカの歴史は戦争の歴史でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、日本とドイツへの戦争。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝鮮戦争。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

命の代償は大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

このあと、美術館を巡ります。


小説『つばさものがたり』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

雫井脩介の10作目の作品。
2010年刊。

北伊豆に住む君川家が舞台。
地元の体育協会に勤める代二郎と道恵の間に男の子が生まれる。
叶夢(かなむ)と名付けられたその子は、
成長するにつれて、ちょっと変わった子であることが判明する。
幼稚園で他の子供と交わらず、
なにか架空の世界で遊んでいるようなのだ。
やがて、叶夢には、天使たちが見え、
天使と妖精のハーフでレイという
他の人には見えない子供と、
親友になっているようなのだ。
にわかには信じられない代二郎と道恵だったが、
成長と共に普通に戻るのではないかと見守ることにした。

そんな時、代二郎の妹の小麦(26歳)が東京から帰って来た。
パテシェの修行をしていた小麦だったが、
師匠の店パティスリー・ハルタが
新店舗を出すことになり、
フランスの修行から帰ったばかりの五条朋彦がシェフになり、
小麦に手伝ってほしいと誘われたが、
それを断っての帰郷だった。

実は小麦は乳ガンを患っており、
3年前に手術したが、
最近再発し、更に転移もしていて、
見通しが立たない状態で、
抗ガン剤の影響で味覚にも障害が出ていた。
師匠の春田に恩返しも出来ず、
密かに慕っていた五条の要請にも答えられず、
気まずい別れをして故郷に戻ってきたのだ。

母の香代子にも乳ガンであることを話せず、
小麦はケーキ屋を開店することにする。
というのは、地元の製菓会社に勤めた父が、
ケーキ屋を開くことを夢見ていたからだ。
店舗の物件を探し、器材を手配し、
オープンにこぎつけたが、
その開店の時、叶夢が不吉なことを言う。
「この店は流行らないよ」
天使がこの店界隈には止まっていないというのだ。

予言は的中し、最初だけはよかったものの、
売上は低迷し、
パートの給料さえ支払えないような窮状になる。
密かに訪ねてきた恩師の春田には
「こんなものを作りたかったのか」と言われる始末。
後継者に育てたい道恵への厳しい指導から、
兄嫁との関係もきまずいものとなってしまう。
小麦の病状も進み、物心両面で疲労困憊、
ついに店が立ち行かなくなってしまった。

乳ガンであるとを母にも話し、治療に専念するが、
ある時、叶夢の要請で、
レイの天使試験に立ち会ったことから(実際は見えないのだが)、
気持ちを回復した小麦は、
再度ケーキ屋に挑戦することを決意する。
今度はレイもいいと言ってくれた物件を探し、
母の一存で閉店後も処分せずにいた器材を移転し、
あらたに「ファボリ・タンジュ」
(天使の好物、天使のお気に入り)
と命名された店舗をオープンする。
今度は近所の洋菓子店の息子で
経験者も手伝ってくれることになった。

小麦の再挑戦は成功するのか。
レイの天使試験は合格するのか、
それとも・・・

一種の家族小説で、
犯罪小説に秀作の多い雫井だが、
全くテイストの違う、このような作品も書ける人だと分かる。
天使が登場するなど、ファンタジーとも言える。
警察小説とは対極にある。

登場人物が全員好人物で、
読んでいて爽やかだ。
そして、ケーキに命を賭ける
パテシェの世界も詳細に描かれる。
後半は、サスセスストーリーとしても満足させる。

最後に自分の店を見る小麦が、こう述懐する。

「いいお店だなぁ。
私、こんな素敵なお店を作ったんだ…。
何だか夢みたい。
嬉しいなぁ。
がんばってよかったなぁ」

このあたりで読者の涙腺が決壊する。

それにしても雫井脩介の守備範囲の広さに驚かされる小説である。


映画『T−34 レジェンド・オブ・ウォー』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                       
ロシアの戦車を使った戦争モノ

まず、ある村を舞台にした、
ソ連とナチス・ドイツの戦車による攻防戦を描く。
ドイツの戦車列を前に、
ソ連の戦車はたった1台。
それでも知恵を使って、
新米士官ニコライ・イヴシュキンは
ドイツの戦車隊を翻弄する。
しかし、多勢に無勢、
戦いには敗れ、
ニコライは、ドイツ戦車軍の指揮官イェーガー大佐に撃たれ、
捕虜となってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

それから数年後の捕虜収容所。
戦車舞台の訓練のために赴任したイェーガー大佐は、
捕虜の中にニコライをみつけ、
戦車戦演習のためにソ連側の指揮をするよう命令する。
ニコライは脱走の常習者で、
ドイツ軍の指揮下に入ることを断るが、
通訳女性の命と引き替えに承諾する。

ニコライは捕虜の中から、
戦車戦の経験者をピックアップする。

クリックすると元のサイズで表示します

ソ連側に与えられたのは、
最近接収したソ連の戦車T−34だった。
ただし、空砲という条件付き。
まずやらされたのは、
戦車の中の死体の処理。
その時、ニコライは、残っていた砲弾と手榴弾を発見し、
それを死体と共に埋めて隠す。
ニコライの目論見は、
演習の最中、戦車で収容所を脱出し、
チェコに向かうというものだった。

それを察知したイェーガー大佐は、
収容所の周囲に地雷を敷設する。
そして、演習の時がやってきた・・・

なにしろ映画だし、ロシア製だから、
脱出が成功するのは、最初から分かっている。
しかし、その結末に至るまでの戦略に
観客はハラハラドキドキしまくる。

最初の戦車戦の描写からして、
臨場感は半端ない。
打ち出された砲弾がスローモーションで標的に向かう姿。
砲弾が当たった戦車の内部で
耳がキーンとなり、一瞬、音が途絶える様。
接近戦で、砲身を回し、
どちらが先に標的を定めるかのスリル。
そして、どんな建物も塀も破壊する
キャタピラーのすさまじさ。

クリックすると元のサイズで表示します

収容所を脱出したT−34は、誰もいない
農地の中の道を進軍する。
当然イェーガー大佐は追撃を開始する。
道路が封鎖されたために、
森の中をジグザクに進み、
やがて、ある町でドイツの戦車隊と対峙する。
どうやって相手の裏をかくか。
戦車の配置をどう見抜くか。

ロシア語からドイツ語への内容を伝える通訳の機転。
そして、ドイツ側の陰謀を秘密裏に伝える通訳。
この通訳が意味を持って来る。
なるほど、通訳が美人なわけだ。

根底にニコライとイェーガー大佐の間には、
好敵手として、お互いの存在を認めているものがある。
だからこそ、最後の対決は、
両者の一騎討ち、「決闘」の趣だ。

男対男が、
自らのプロフェッショナな技量を発揮して対決する。
ニコライを演ずるアレクサンドル・ペトロフも、

クリックすると元のサイズで表示します

イェーガー大佐のヴィンツェンツ・キーファー

クリックすると元のサイズで表示します

男臭い見事な演技。
通訳のイリーナ・スタルシェンバウムも花を添える。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、何よりも、
アレクセイ・シドロフ監督の演出力が素晴らしい。(脚本も)
そして、編集の力も。
更に、実の主役である戦車の素晴らしさ
T−34は本物を使ったという。
重量感、存在感において、本物にまさるものはない。
その重量級の戦車を軽々と運転し、
「白鳥の湖」に乗せてダンスまでさせる。

これほど血湧き肉躍る映画体験は久しぶり。
実に爽快で、「大脱走」の戦車版ともいえる内容。
ロシア映画史上最高のオープニング成績を記録し、
観客動員800万人、最終興行収入は40億円を超えたという。

5段階評価の「5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/xhhlZcBrmo0

新宿バルト9で上映中。

11月15日から、
IMAX版
Tジョイプリンスシネマ品川、109シネマズ木場などで
上映される。

タグ: 映画

アメリカ旅行記・後編F自然史博物館  旅行関係

アメリカ10日目の朝食は、
日本にもある、ここ↓で。

クリックすると元のサイズで表示します

開店早々で、空の店内。

クリックすると元のサイズで表示します

作りは日本と同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、こちらが本場。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こっちに来てから、ジャンクフードばかり食べています。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、本日も博物館巡り。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、国立自然史博物館

クリックすると元のサイズで表示します

植物、動物、化石、鉱石、岩石、隕石の標本や文化工芸品など、
総数にしておよそ1億2千5百万個を超えるコレクションを誇ります。
スミソニアン協会の所有物の大半を占め、
博物館群の中では二番目に人気が高いとされています。

ロタンダ(円形大広間)。

クリックすると元のサイズで表示します

1955年に捕獲されたアフリカ象の剥製
名前は「ヘンリー」。

クリックすると元のサイズで表示します

身長3.9m、体重11トン。
牙は本物ではなく、グラスファイバー製。
本物の象牙は重すぎて、剥製が立っていられないため。
生きている時は、
こんな重いものを付けて歩いていたんですね。

上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

色々な部屋に分かれていて、
ここは、哺乳類のホール。

クリックすると元のサイズで表示します

様々な動物の剥製を展示。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ立っているだけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

ライオンの狩りの様なども再現。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

約6500年前に
哺乳類の70%が死滅してしまったといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

今残っている哺乳類は、
その生存競争を勝ち残った者たち。

クリックすると元のサイズで表示します

ここの映像ホールには、

クリックすると元のサイズで表示します

チンパンジーの像があって、

クリックすると元のサイズで表示します

人間と一緒に鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、人類の起源のホール。

クリックすると元のサイズで表示します

人類がいつ生まれて、
どんな進化をたどったか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

原始人の姿。

クリックすると元のサイズで表示します

有史以前の壁画。

クリックすると元のサイズで表示します

原始人の葬儀の様。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、のホール。

クリックすると元のサイズで表示します

海は、地球の表面の71%を占めます。

頭上の巨大なクジラ。

クリックすると元のサイズで表示します

名前は「フェニックス」。

クリックすると元のサイズで表示します

水槽の中には、

クリックすると元のサイズで表示します

カクレクマノミ「ニモ」もいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サメのアゴの骨。「ジョーズ」

クリックすると元のサイズで表示します

アンモナイトの化石。

クリックすると元のサイズで表示します

生きてる時は、こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

頭上から

クリックすると元のサイズで表示します

サメが襲って来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、化石のホール。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

恐竜の骨格見本も。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

映画「ナイト ミュージアム2」(2009)では、
これが動き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

製作中の様子も見ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鉱物と宝石のホール。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こうした石一つ一つの合計ですから、
1億を越える所有物になるはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで見られるのが、ものすごい宝石類。

クリックすると元のサイズで表示します

マリー・アントワネットが夫のルイ16世から贈られた
ダイヤのイアリングや、
ナポレオンが妻のマリー・ルイーズに贈った
ダイヤのティアラなど、

クリックすると元のサイズで表示します

超弩級の宝飾品が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中でも、このホープダイヤモンドは、

クリックすると元のサイズで表示します

映画「タイタニック」でも引用された世界で一番有名なダイヤ。
17世紀にインドから持ち込まれた時は112.18カラットありましたが、
その後、転々とする間に削られ、
45.52カラットに。
イギリスの銀行家ヘンリー・トーマス・ホープが購入したことから、
「ホープダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。
最後はニューヨークの宝石商ウィンストンに買い取られ、
彼は1958年にスミソニアンに寄贈。

クリックすると元のサイズで表示します

「呪いがかけられている」とのことで、
何度撮ってもピントが合いません。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、周囲から見えるように360度回転していて、
動いているからでしょうが、
↓はネットから拝借した写真。

クリックすると元のサイズで表示します

他に蝶の標本や

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エジプトのミイラも。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ、これが自然史博物館にあるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

魚などの骨や蛇や鳥やワニの標本も。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午後は、アメリカ歴史博物館へ。





AutoPage最新お知らせ