アメリカ旅行記・後編Cナショナル・ギャラリー・東館  旅行関係

ナショナル・ギャラリーは、
西棟と東棟に分かれており、
西棟は20世紀初頭までの伝統的な絵画・彫刻作品を展示、
東棟は現代美術中心の展示となっています。

建物からして、現代的。

クリックすると元のサイズで表示します

地下からも行けます。

クリックすると元のサイズで表示します

この通路そのものも作品で、
ビラリール「マルチバース(多次元的宇宙論)」

現代アートは苦手なので、
どうしようかとためらいましたが、
行ってみて、当たりでした。(後述)

クリックすると元のサイズで表示します

中も現代的。

クリックすると元のサイズで表示します

ケリー「大壁のためのカラーパネル Large Wall」

クリックすると元のサイズで表示します

こういう作品が迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

こうした作品が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真っ白。これで、絵と言えるでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

草間彌生「インフィニティ・ネット・イエロー」

クリックすると元のサイズで表示します

これも、芸術?
オルデンバーク「ケースに盛られたパイ」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アンディ・ウォーホール「グリーン・マリリン」

クリックすると元のサイズで表示します

これは、ミロ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オリバー・リー・ジャクソンの作品群。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、少し分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

巨匠の初期の作品だからでしょうか。
画風が、後期のものとは全く違います。

ピカソ「サルタンバンクの家族」

クリックすると元のサイズで表示します

ピカソ「悲劇」

クリックすると元のサイズで表示します

ピカソ「グルメ」

クリックすると元のサイズで表示します

ピカソ「ペドロ・マナッハの像」

クリックすると元のサイズで表示します

マティス「La Coiffure」

クリックすると元のサイズで表示します

ロートレック「A Corner of the Moulin de la Galette」

クリックすると元のサイズで表示します

「当たり」と書いたのは、
地下で、この特別展に出会ったため。

クリックすると元のサイズで表示します

十二支を描く12枚の絵。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の美術の中の動物展

クリックすると元のサイズで表示します

埴輪から始まって、
日本人が、動物をどう描いたかの展示。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本人がどれだけ自然に親しんだかの歴史。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見たことのない、
斬新な表現のものばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の感性の産物。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西洋人には、驚きなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

繊細かつ精密、それでいて、大胆。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本人として誇りを感ずるような展示でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

JALのマーク?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外国に来て、こんな素晴らしい日本の美に出会えるとは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルへの帰路、
この小さなレストランで、

クリックすると元のサイズで表示します

カニのサンド。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんとしたカニで、
20ドル。
ワシントンは税率が10%なので、
22ドル。(2300円)
ワシントンの物価は、本当に高い。







AutoPage最新お知らせ