また出て来た「輩」  政治関係

「聞き捨てならないことを言う輩」が、
また出てきたので、書く。

日経ビジネスのインタビューで、
ファーストリテイリングの柳井正会長は、
日本が韓国を敵対視しているのは異常で、
日本が韓国に反感を持つようになったのは
日本人が劣化した証拠だ

という趣旨を主張。

柳井氏は
「韓国にみんな(=日本)がけんか腰なのも異常。
日本人は本来、冷静だったのが
全部ヒステリー現象に変わっている」

と話した。また
「ああいう国民性だから、
韓国の人が反日なのは分かる」
とも。

何か勘違いしているとしか思えない。

日本人が劣化しているのは、
一つの見方として、そうかもしれないと思うが、
それと韓国への反感とはどう繋がるのか。

日本人が韓国にけんか腰だというが、
元徴用工問題をはじめ、
国と国の約束を守らないから、
日本人は怒っているのであって、
正当な怒り。
日本人の劣化とは無関係。
では、劣化していなければ、
今の韓国のすることを認めたとでもいうのか。

全部ヒステリー現象だというが、
それは韓国がそうなのであって、
日本では不買運動など起こっていない。
その一点を取っても、
感情的になっているのは、
韓国側だと分かる。

「ああいう国民性だから、
韓国の人が反日なのは分かる」
とはどういう意味か。
韓国人が反日なのは、
子供の時からの教育の結果であって、
しかも、それが捏造を根拠としている。
反日を国是として、
いつまでも過去にこだわり続ける
悲しい国民性なのだ。

前にも書いたが、
韓国が過去の問題をほじくり返すエネルギーを
国を良くすることに向けたら、
どんなに発展するかと思っている。

柳井さんは、
今の日韓の問題が
何十年もの間、
日本に対して不当、無礼なことを仕掛け続け、
それが文政権になってからの諸問題で、
堪忍袋の緒が切れたからだとは気付いていない。
あくまでも、仕掛けたのは韓国側で、
日本は何もしていないのだ。
今の日本人は、
韓国という国と関わりたくない、と思っている。

少し考えれば分かることなのに。
あえて分かろうとしないのか。
それとも、頭が悪いのか。

ユニクロが韓国で不買運動にあったのを
緩和しようとしての発言かもしれないが、
そうだとすれば、
あまりにも商売人の発想だろう。

むしろ、不買運動に対して、
「ならば、ユニクロは韓国から撤退します」
というなら納得出来る。

ビール会社もそうだが、
あんな不当な不買運動にあって、
「ならば、もうわが社のビールは韓国では売りません」
という会社が一社くらいあってもいいのではないか。
買わないというものを、
買って下さいと言うのは卑屈だ。
世界一美味しい日本のビールを
韓国人は飲めなくなっても、
自業自得というものだ。

なお、柳井さんの発言については、
ネットの書き込みには、
次のような書き込みが沢山あることを付記しておく。

「柳井さんなりの意見とはいえ、この発言はひどい。
こんな考えを持った人が会長職をやってると思うと
もう購入は出来ないな」
「週末はユニクロの衣類をすべて処分しに行くことに決めた」
「あーあ 日本人にも反感買いそうな発言ですね。
日本人は韓国のように派手な不買運動なんてしないけど、
嫌いだと思えば静かに確実に長期間買わなくなるから
発言には注意した方がいいと思うね」
「不買運動対策に必死にしか見えない。
一番劣化したのはこの人じゃないかな。
そろそろ引退かね」
「ユニクロの社員じゃなくて良かったよ。
柳井さんは、自分の会社の社員のことを考え発言すべき。
この記事を読んで好感を持つ日本人は
少ないと思う」
「何この人?敵のまわし者か??
こういう考えを持った経営者がいるとは・・・
これも、どこかの国と同じく、
自分の不甲斐なさを人のせいにするのかね??」



もう一人の「輩」は、
進藤榮一筑波大学名誉教授

進藤教授は、韓国のハンギョレとの電子メールでのインタビューで、
日本社会全般に広がっている
「潜在的嫉妬」感情が韓日関係を悪化させると説明。
「日本のバブル崩壊後、
急速な経済発展に成功した中国と韓国に対する
『潜在的嫉妬』が日本社会にある」

と指摘。
「韓国、中国の経済発展と日本の長期低迷期間が重なる。
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が終わりを迎えたことで、
政府、財界、メディア、一般国民の間で
中国、韓国に反発する感情が高まり始めた」

という。

日本社会の世代変化も影響したと分析し、
日本の植民地支配など「戦争を知らない世代」が
日本社会の主流となり、
「日本が犯した歴史の過ちを忘れて
狭い意味での『愛国主義』に閉じ込もっている。
従軍慰安婦(性奴隷)、強制徴用問題などを
解決しない日本を見る時、
アウシュビッツの歴史的誤りを
いまも謝罪し続けているドイツとは対照的」
と指摘する。
そして、
「本当に心配だ。
日本がアジアと世界の信頼を失うことになるだろう。
困難であっても韓日の知識人、報道関係者、
政治家、経済人が活発に交流し、
連帯できる仕組みを作らなければならない」
と強調した、という。

何を言っているんだ、この人は
「潜在的嫉妬」感情が韓日関係を悪化させる、だと。
韓国に嫉妬している人など、
いたら連れて来てほしい。

中国なら、歴史はあるし、
GDPで抜かれるしで、
「悔しい」感情はあると思うが、
「嫉妬」という感情とは別物だ。
共産党一党独裁で言論の自由もない、
香港への抑圧で分かるように、
民主的でない国など、
うらやましいとは、
日本人ならば、一人も思わないだろう。

まして、韓国など、
侮蔑する人ならいるが、
韓国に嫉妬する人など、皆無だろう。
むしろ、嫉妬しているのは、先方で、
彼らは、世界的に高い位置を占めている日本を
貶めたくて貶めたくてならないのだ。

日本人は、
「中国に生まれなくてよかった」
「韓国に生まれなくてよかった」

と心から思っている。

今回の日韓問題は、
元徴用工判決で、
国と国の約束を棄損したからであって、
文政権が日韓基本条約に立ち戻れば、
たちどころに解決するものだ。
その一点で日本は譲れないし、
譲るべきではない。

また、世代変化も関係ない。
慰安婦問題も、徴用工問題も、
50年も前に解決した問題を
韓国が蒸し返しているだけだ。
一旦、過去を清算したのに、
過去にこだわって一方的に問題にしているのだ。

「日本がアジアと世界の信頼を失うことになるだろう」
と心配してくれているが、
ご心配なく、
アジアでも、世界でも、
日本に対する信頼性は高い。
日本に反抗しているのは、
中国と韓国だけだ。
それも、政治的に利用して。

進藤教授の物言いは、
完全に韓国側を喜ばせるためのもので、
これが大学教授の発言とは思えない。
この進藤さんという人、
1939年生まれだというから、
80歳
ボケていなければいいが。
こんな人が名誉教授
(大学で一定期間教授をすると、名誉教授になる)だとは、
筑波大学も落ちたものだ。


ああ、筆が汚れる。





AutoPage最新お知らせ