アメリカ旅行記・前編Cワールド・トレード・センター  旅行関係

4日目の朝食は、42丁目のマクドナルドで。

クリックすると元のサイズで表示します

朝マックのエッグ・マック・マフィン。
日本と同じ商品ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

その価格が税込み6ドル95セント。
750円
日本なら400円。
倍近いのは驚き。

この日の行動は、まず地下鉄で、
マンハッタン南端のバッテリー・パークへ。

クリックすると元のサイズで表示します

リスが日常的に見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、
遠くに、

クリックすると元のサイズで表示します

自由の女神が臨めます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのリバティ島に向かう船。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も満載です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、クリントン砦

クリックすると元のサイズで表示します

その中。

クリックすると元のサイズで表示します

リバティ島行き船のチケットは、ここで販売しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ブロードウェイの起点

クリックすると元のサイズで表示します

ここから、枡目の町を斜めに横切る形で北へ向かいます。

その側にあるインディアン博物館

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イヌイットやネンティブアメリカンなど
アラスカから南米までの
先住民の生活が紹介されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その後、地下鉄に乗って、
ワールド・トレード・センターの跡地へ。

クリックすると元のサイズで表示します

跡地と言っても、既に再建されています。

クリックすると元のサイズで表示します

右が昔の配置、左が現在の配置。

クリックすると元のサイズで表示します

旧ワールド・トレード・センター。
7つのビルで構成されています。
二つの青い四角が、崩壊した南北のビル。

クリックすると元のサイズで表示します

現在のワールド・トレード・センター。
4つのビルで構成され、
二つの正方形が、崩壊した南北のビルのあった場所。
その間にあるのが記念博物館

クリックすると元のサイズで表示します

崩壊した二つのビルの後は、
巨大なプールになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

四方から滝が流れ落ち、
真ん中の部分に吸い込まれていきます。
縁には犠牲者の名前が刻まれています。

記念博物館のチケットの自動販売機。

クリックすると元のサイズで表示します

チケット売り場には行列が出来ていましたから、
自動販売機で買って正解。

クリックすると元のサイズで表示します

ワールド・トレード・センターは、
完成時、世界一の高さを誇る、
ニューヨークのランドマークでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

2001年9月11日の同時多発テロで
ジェット機が衝突、
ツインタワーはどちらも崩壊してしまいました。
と同時に、複合施設は全て崩壊。

クリックすると元のサイズで表示します

同時多発テロは、4台のジェット機をテロリストがハイジャック、
他の2台はホワイトハウスとペンタゴンを狙ったものと思われますが、
乗客の勇気ある行動によって阻止、墜落しました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ニューヨークでは、
17分の間隔で二つのビルにジェット機が衝突しました。
当時、「ニュース・ステーション」を見ていた時、
ライブで衝突の瞬間を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

その時の市民の反応。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

記念館には、
その瓦礫の中から発見された鉄骨等が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

崩壊で押しつぶされた
NY市消防局のはしご車。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この部屋は、

クリックすると元のサイズで表示します

撮影禁止。

クリックすると元のサイズで表示します

中では、事件で被害に遭った人々、2192人
写真が掲示され、
更に、中央の部屋では、
名前、生年月日、どんな仕事をしていたか、
当日、ビルの中で何をしていて事件にあったか、が
故人の写真と共に次々と投映されています。
その死亡年月日は、
いずれも2001年9月11日。

クリックすると元のサイズで表示します

亡くなった全ての人に、
それぞれの生活があり、
家族との交わりがあり、
幸福を追い求める権利があり、
それらが全て踏みにじられたことを感じさせられます。

↓は、当時、安否を問うための看板。

クリックすると元のサイズで表示します

このようなオブジェにまとめられています。

クリックすると元のサイズで表示します

中央にある柱は、
廃墟に最後まであった「最後の柱」

クリックすると元のサイズで表示します

胸が痛くなるような展示で、
出た後も、半日後を引きました。

実は、私は旧ワールド・トレード・センターが完成する前に、
中に入った経験があります。
というのは、1973年4月4日の正式オープン前から、
家賃稼ぎのために、
完成したフロアから貸し出しを始めており、
そのテナントに入居していた大学の先輩を訪ねて行ったのです。
セキュリティも甘く、
工事中のフロアも見ることが出来ました。

その後、旧ワールド・トレード・センターの
サウスタワーの展望台に行ったことがあります。
更に屋上まで登ることも出来たのですが、
私はしっかり囲まれた場所はどんなに高くても平気ですが、
吹きっさらしの高い場所は苦手なので、
階段の前で断念しました。

拝借した、屋上の写真↓。

クリックすると元のサイズで表示します

今から思えば、
登っておけばよかったな、
と思いますが。

再建工事は2002年から始まり、
次々とビルが建てられる中、
2014年5月には、
9/11メモリアル&ミュージアムがオープンし、
11月には104階建ての
541.3mの、全米一高いビル、1WTCが完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

100〜102階に展望デッキがあり、
登ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

この数字は、

クリックすると元のサイズで表示します

今までWTCを訪問した人数。
もうじき1千万人になります。

クリックすると元のサイズで表示します

このエレベーターに乗ると、

クリックすると元のサイズで表示します

上昇する間、様々な映像が映ります。

クリックすると元のサイズで表示します

映像はエレベーターと一緒に上昇しているわけです。
どういう仕掛けなのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、102階に止まり、

クリックすると元のサイズで表示します

一列に並ばされて、
映像を観た後、

クリックすると元のサイズで表示します

スクリーンが上がると、

クリックすると元のサイズで表示します

展望が開ける、という演出。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、360度の眺望を。

クリックすると元のサイズで表示します

南側。

クリックすると元のサイズで表示します

自由の女神やエリス島などが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

東側は、マンハッタン橋の向こうにブルックリンが。

クリックすると元のサイズで表示します

西側は、ハドソン河をはさんで、ニュージャージー。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、なんと言っても
北側に広がるマンハッタンの景色が壮観です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

窓枠の下には、こんな工夫も。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレ。

クリックすると元のサイズで表示します

私は、その街の一番高いところでオシッコをするという
ポリシー(悪趣味)があり、
実行しました。
台北101でも、東京スカイツリーでも、そうしました。
大ではありません。(というか、出ません)

ビルの下の通路。

クリックすると元のサイズで表示します

素敵なフォルムです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二度と同じ悲劇が起こらないことを祈ります。

クリックすると元のサイズで表示します

8年前、
オサマ・ビン・ラディン殺害のニュースに沸くニューヨークと
その時訪ねたグラウンド・ゼロの様子を伝えるブログを
読みたい方は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110507/archive





AutoPage最新お知らせ