小説『アキラとあきら』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

池井戸潤による経済小説。
「問題小説」(徳間書店)に2006年12月号から2009年4月号まで
3年かけて連載。
その後、書籍化されることなく眠っていた「幻の作品」だったが、
WOWOWのドラマ製作スタッフが偶然発掘し、
池井戸氏にドラマ化することを熱烈にオファー。
ドラマ化するにあたり大幅な加筆をして、
徳間文庫より2017年5月17日に文庫本として刊行された。
そして、WOWOWでテレビドラマとして放送された。

主人公は二人。
一人は階堂彬(かいどうあきら)で、
大企業・東海郵船の御曹司。
一人は山崎瑛(やまざきあきら)で、
零細倒産工場の息子。
この漢字が違うが、同じ「アキラ」と発声する二人の人物を描く。

山崎瑛の実家は零細工場を営んでいたが、
瑛が小学生の時に、
取引先にだまされて工場が倒産し、
一家は夜逃げ同然に引越しする。
瑛は、その時、銀行の融資を受けられなかったために
実家が倒産した事実を胸に刻む。
やがて父は小さな工場に再就職。
瑛が高校2年生の時、
父が勤める工場の経営が傾いてしまう。
しかし、産業中央銀行の行員・工藤が
融資を継続できるように奔走してくれ、
工場を立て直すことができた。
銀行の対応の違いで、
企業が救われることもあることを胸に刻む。
やがて瑛は東京大学経済学部に入学し、
その優秀さから、
産業中央銀行の人事部からお呼びがかかり入行した。

階堂彬は、大手海運会社である東海郵船で
父の後を継ぐだけの人生を拒否し、
産業中央銀行に入行する。
その要因には、
父の会社が岐路に立った時、
メーンバンクとして取引している産業中央銀行への融資の依頼において、
担当銀行員がその卓見によって、
会社建て直しに助力したのを見ていたことがあった。

産業中央銀行では3週間に及ぶ新人研修が行われ、
その目玉とも言えるのが5日間かけて行われる「融資戦略研修」だった。
その最終対決に選ばれたのが、
彬のチームと瑛のチーム。
一方のチームが融資を受ける企業側、
そしてもう片方のチームが銀行に分かれての対決だ。
彬がなったのは、融資を受ける企業側で、
しかし、その会社の財務内容は先行きの見通しが暗いものだった。
そのままでは融資されないと判断した彬は、
大胆にもデータを粉飾する。
しかし、銀行側の瑛のチームは粉飾を見破り、
「融資見送り」の結論を告げた。
あまりの見事な対決ぶりに、
この研修は行内でも伝説として語り継がれるものとなった。
2人のアキラは同期300人の中でも
特に優秀な存在として知れ渡ることになる。

その後、バンカーとしての彬と瑛の行動が描かれる。
先輩行員の強引な融資により、
大きな問題に発展し銀行はピンチに陥るが、
彬のアイディアで銀行を救う。

山崎瑛も取引先の一つである零細企業を救おうと奔走するが、
現実的な問題から融資実行できず倒産してしまう。
その企業の社長には心臓病を患っている娘がおり、
アメリカで心臓移植するための資金を貯めていた。
銀行は倒産により、
その資金も差し押さえようとするが、
そのことを知った瑛は、
預金を引き出すよう社長に促した。
会社は倒産したものの、
手術は無事に受けられることになり、
アメリカから瑛の元に娘の手術は成功したと手紙が届いた。

彬も瑛もその根底にあるのは、
「カネは人のために貸せ」
という、新人研修で語られた羽根田融資部長の言葉だった。

その頃、彬の叔父・晋が経営する東海商会と
もう一人の叔父・崇が経営する東海観光はタッグを組み、
高級リゾート施設を作る計画を立ていた。
父・一磨も彬も産業中央銀行の担当者も反対するが、
結果叔父たち二人が経営する東海商会と東海観光は
産業中央銀行から三友銀行へと鞍替えりして
高級リゾート施設・ロイヤルマリン下田の経営に乗り出す。

彬の父・一磨が倒れ、
遺言書で東海郵船の株式が全て彬に譲られた。
弟の龍馬はそれが不満だった。
龍馬は大学卒業後、東海郵船に入社。
将来的には次期社長として会社を継ぐものであろうと考えられているが、
まだ入社4年目で時期尚早とみなされていた。

一方、叔父二人はバブルがはじけた後、
リゾート施設の業績がかんばしくないことから、
追加融資を余儀なくされ、
三友銀行が難色を示したことから、
東海郵船の役員に工作を行い、
クーデターのように龍馬を新社長に就任させ、
その後、龍馬を言いくるめて、
リゾートの融資に50億円の連帯保証を付けさせてしまう。

しかし、その後もロイヤルマリン下田は業績不振であり、
運営している東海商会と東海観光の資金繰りも悪化。
借入金は140億円。
うち20億円が東海観光、70億円が東海商会、
更に50億円が東海郵船の連帯保証がついている。
ロイヤマルリン下田が倒産すれば、
東海グループ全体の連鎖倒産になる。
窮地に立たされ肉体的にも精神的に追い詰められた龍馬は入院してしまい、
病院に見舞いに行った彬に
涙ながらに、自分の代わりに東海郵船を経営して救ってほしいと頼む。
また役員たちの懇願もあり、
彬は銀行へ辞表を提出した。

彬が社長に就任し、
再建に乗り出すが、
ロイヤルマリン下田の業績が大きな重荷となっていた。
そんな時、瑛がメイン担当者となった。
こうして、二人のアキラがタッグを組んで、
この難しい案件に立ち向かっていくが・・・

ロイヤマリン下田をつぶすことも
東海商事、東海観光をつぶすことも
最後は東海郵船をつぶすことも出来るが、
沢山の人が路頭に迷ってしまう。
銀行業務の神髄は
「カネは人のために貸せ」であることを知る二人のアキラが
どうやって事態を打開するか、
叔父二人の去就はどうなるか、
果たしてロイヤルマリン下田の再建はなるのか、
こうした波乱を含めて、事態は最終段階に向かう。
そして、思いがけない人物と再会し、助けてもらう。

実に面白い。
この小説が単行本化されなかったのは、
如何なる事情によるものであろうか

二人のアキラが正反対の境遇にいながら、
目指すものは同じだ、というのが共感する。
題名からして、二人が対立する話かと思ったら、
二人が協力しあって難局に当たる話だった。
池井戸潤らしく、銀行の話で、
理想のバンカー像を造形する。

二人のアキラには抵抗できない「宿命」があり、
それを乗り越えることが課題なのも大きなくくりだ。

物語の時代は、
バブル前後を含んだ1970年代前半〜2000年代前半。
オイルショックからバブル期、失われた10年を背景としている。
直木賞受賞作「下町ロケット」よりも前に書かれた作品で、
あの半沢直樹も所属した「産業中央銀行」が舞台。
                                        
文庫本の刊行直後、
2017年7月9日から9月3日までテレビドラマとして放送された。

クリックすると元のサイズで表示します

山崎瑛を斉藤工が、海堂彬を向井理が演じた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんど原作小説を踏襲しているが、
いくつかの改変部分がある。

彬と瑛は、少年時代、2度ほど接触しており、
その事実がドラマでは二人に確認されているが、
小説では、特に認識されていない。

転校してきた北村亜衣とは、
ドラマでは再会し、
恋物語に発展するが、
小説にはその描写はない。
ただし、瑛が亜衣と結婚したことは、
エピローグで告げられている。

ドラマでは、階堂彬がクビにした元営業本部長の秋本が
ライバル会社に転職し、
東海郵船の取引先に営業をかけるという報復に出るが、
原作では、このエピソードはない。

ドラマでは、龍馬は兄・彬に「会社に戻りたい」と伝え、
彬は後任役員の補佐をするように命ずるが、
原作では、龍馬が北村の補佐をする場面はない。

ドラマでは、大日麦酒は、東海旭商会の買収について、
株式上場の話がからむが、
原作ではない。

ドラマでは、ガシャポンの勤務先である
「キャピタルセブン」が練り上げたシミュレーションを、
階堂彬がもう一度練り直すという場面があるが、
原作では、このエピソードはない。

ドラマでは、三友銀行の江幡の情報漏洩によって、
大日麦酒との交渉が危機にさらされ、
彬は江幡を問い詰め、江幡と上司は土下座して謝罪するが、
原作では、江幡が情報漏洩したのは、
能登島ホテルとの交渉。
しかし江幡は謝罪せず、
最後まで彬たちに対して不遜な態度をとり続ける。

ドラマでは、山崎瑛は東海郵船に融資することを決め、
稟議書を提出するが、不動の猛反対に遭い、
頭取になった羽根田の後押しによって受理される。
羽根田は新人研修の対決の立会人だった。
原作では、瑛から内容を聞いた不動は、「いい稟議だった」と告げ、
この際、瑛は不動に自分の生い立ちを語り、
不動は「お前のその経験、決して無駄じゃなかったと思う」と言っている。

ドラマでは、瑛は亜衣と一緒に故郷の伊豆を訪れ、
「付き合って欲しい」と告白する。
階堂彬は新しい船を就航させるため、更なる融資を瑛に依頼する。
原作では、大日麦酒に買収された東海商会は、
飛躍的に売り上げを伸ばす。
東海観光は崇叔父が会長に退き、龍馬が社長に就任。
赤字だったリゾートホテルは2年後に黒字化する。





AutoPage最新お知らせ