オカリナの集い  音楽関係

今日は、昼前から、
舞浜アンフィシアターへ。

クリックすると元のサイズで表示します

東京ディズニーリゾート内にある多目的ホールで、
2008年(平成20年)10月1日、
シルク・ドゥ・ソレイユ専用劇場としてオープン。
「ZED」という作品でしたが、
2011年12月31日をもって
3年と3カ月でクローズ。
常設劇場の難しさです。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、リニューアルし、
2012年9月1日に貸しホールとして、再オープン
その際、劇場名も
「舞浜アンフィシアター」と変更。
アンフィシアターとは、
ひな壇式(階段式)客席のある大講堂・大教室の意。

クリックすると元のサイズで表示します

総客席数は2170席

本日のイベントは、
オカリナの集い 全国大会
夢と魔法の調べ


クリックすると元のサイズで表示します

主催は、ライリッシュ・オカリナ連盟
↓は、その紹介パンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

1995年創立の全国団体。
各地で地方大会を開催、
これが全国大会。
コンテストではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

飾られた花輪。

クリックすると元のサイズで表示します

並べられた展示物の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オカリナは、
イタリア語の「oca(ガチョウ)」に由来する造語。
「-ina」は "小さい" を意味する接尾語であるから、
「小さなガチョウ」といった意味合い。

音域が1.5オクターヴ程度と狭いため、
楽曲によっては移調したり、
音域の異なるオカリナを使い分けるなどの工夫も必要になります。

クリックすると元のサイズで表示します

オカリナに似た楽器の起源はマヤ文明にまでさかのぼることができ、
亀の形をしたものが発掘されています。
中国や中央アメリカなど、多くの文明にも同様のものが見られ、
16世紀にアステカの楽器がヨーロッパに伝わり、
1860年頃にイタリアのジュセッペ・ドナティの手で改良されて、
ほぼ現在の形となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の大会は、
全国各地の21の団体が参加。
(明日は6団体と合同演奏)

クリックすると元のサイズで表示します

座席は↓のように団体ごとに配置され、

クリックすると元のサイズで表示します

出番が近くなると、
ゾロゾロと退場して、
出演の準備をします。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のように団体名と曲目が紹介されます。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台上手から出て来て、
演奏が終わると、
下手に退場。

クリックすると元のサイズで表示します

それが次々と繰り返されます。

クリックすると元のサイズで表示します

集合場所に集まり、

クリックすると元のサイズで表示します

楽屋まで列を作ります。
ほとんどが女性。

クリックすると元のサイズで表示します

出演後は、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

11時から3時過ぎまで。
昼食はどうするのかと思ったら、
↓のような場所が。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、全員合奏で「星に願いを」を演奏。
きっとすごいボリュームだったでしょうが、
最後までは聴かずに、
途中退場してしまいました。

それにしても、
オカリナがこれほど全国的に普及していたとは。
ちょっとした驚きでした。





AutoPage最新お知らせ