映画『ジョナサン─ふたつの顔の男─』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

多重人格モノは、私の好物の一つ。
この作品、二重人格作品の新機軸
どう新しいかというと、
予告編でバラされているから、書くが、
一人の肉体の中に二人の人格がいて、
12時間ごとに入れ代わるというのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

もう少し詳しく書くと、
真面目な青年、ジョナサンの中にはジョンという、
もう一人の人格が隠れていた。
ジョナサンは、毎朝7時に起床、
ランニングをして、仕事に向かう。
そして一人で食事を取り、
帰宅して、毎夜7時までには就寝する。
すると、7時を境にして、
もう一人の人格、ジョンが現れ、
夜の時間を過ごす。
そして、朝7時になると、またジョナサンが現れる。
(寝る時間が少ないから、体の方は疲れるようだ)

どうしてそんな仕組みが出来たかというと、
脳科学者のナリマン博士により、
脳内にタイマーを埋め込まれ、
ジョナサンとジョンは
12時間で入れ替わるように正確にセットされていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、記憶は共有できないので、
その日あったことをビデオメッセージとして残し、
他方がそれを見て、行動に反映させる。
たとえば、アパートの廊下で老婦人を助けたので、
礼を言われると思うから、ちゃんと対応してほしい、
などと、些細で取るに足らないようなことまでも逐一報告し、
共有するようにしていた。
内向的なジョナサンと正反対のジョンだったが、
二人の間には、嘘をつかないこと、
彼女は作らないこと、
などというルールが存在していた。

しかし、ジョナサンが
夜のジョンの行動に不審を感じ、
探偵のロスに頼んで、
ジョンの行状を確かめたことから、
ジョンがエレナという女性と密かに交際にしていることが発覚し、
昼間偶然に会ったエレナによってキスまでされたことで、
ジョナサンとジョンの間のふたりの歯車が狂い始める・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな二重人格モノは初めて。
大いに期待できる。

しかし、物語が進むにつれて、
期待通りの作品ではないことが露呈してしまう。

致命傷なのは、
ジョナサンとジョンの二つの人格の連携がちゃんと描かれていないこと。
主にジョナサンの方からの描写で、
ジョンはビデオメッセージの中でしか登場しない。
ここは、ジョナサンの一日(半日)をしっかり描き、
ジョンと入れ代わる瞬間も捉え、
服装の趣味が違うらしく、
着替えて出掛け、
ジョンの夜の行動の一日(半日)を描写した上で、
ジョナサンに戻る瞬間を描く、
という推移をちゃんとしてもらいたいところ。
シナリオ設計上の重大な欠陥だ。

更に、二つの人格と一人の恋人を配したのだから、
ジョナサンとジョンの間でエレナを巡る嫉妬と争奪戦
なったら、さぞ面白かっただろうと思われる。
それこそ、映画史上初の展開だ。

ジョナサンはエレナと関係を持つが、
これが初体験だという。
ジョナサンが童貞だったのに対して、
ジョンは経験済み。
同じ肉体なのに、
人格が別な時には、
童貞と経験者に分かれるなど、面白い。

映画はどんどんわけが分からなくなり、
最後のくだりなど、ほとんど迷走

ジョナサンを演ずるのは、
「ベイビー・ドライバー」で大ブレイクしたアンセル・エルゴート

クリックすると元のサイズで表示します

エレナはスーキー・ウォーターハウス

監督は長編映画デビューのビル・オリバー

せっかくの良質な食材
料理人の才能不足で、
あまりうまくない普通の食事にしてしまった。
残念。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/MSECfIEsMwQ

シネマカリテ新宿で上映中。



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ