こはるが天国に  身辺雑記

本日、午後4時5分、
我が家の愛猫の一人、
こはる天国に召されました

クリックすると元のサイズで表示します

こはるが我が家の家族になったのは、
1999年

クリックすると元のサイズで表示します

当時、私のマンションには、
複数の野良猫が住み着いており、
そのうちの一匹の黒猫が、
年に2回、子猫を4、5匹産んだのです。

クリックすると元のサイズで表示します

その都度、我が家で子猫を保護し、
ミニコミ紙に里親募集の告知を出して、
順に引き取っていただいていたのですが、
その何度目かの時、
娘が「飼いたい」と言って、
こはるがうちの家族になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

黒猫は、費用を出して避妊手術をし、
その後は子猫たちは生まれなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こはるはものすごく穏和な猫で、
「フーッ」と威嚇するのを聞いたのは、
数えるほどです。

クリックすると元のサイズで表示します

膝の上が大好きで、
隙を見せると、いつの間にか、
登って、眠っています。

クリックすると元のサイズで表示します

中でもカミさんの膝が一番好きなようで、
ソファーに横になったカミさんの
膝に乗っている姿は、
見慣れた光景となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

猫はリラックスする場所があれば幸せ、
と言われますが、
良く寝て、よく食べる、
幸福な毎日を送りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こはるが家に来たのは、
娘の親離れの時期と重なっており、
カミさんは、その寂しさを、こはるによって癒されたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんにとっては、
猫を飼うのは生まれて初めてで、
「こんなに可愛いものか」
と言っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ある時期、夜、廊下での散歩の味を覚えてしまい、
出すと、脱兎のごとく、
階段まで走っていく毎日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

8年前、生後3カ月の後輩猫・こなつがやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

どうかな、と心配しましたが、
短期間の戸惑いの後、
子猫を受け入れ、仲良しになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こなつは膝に乗らない猫なので、
一番幸福な場所、
ママの膝の上は安泰でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

家に2匹猫がいる、というのは、
なかなか良いものです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2年ほど前からこはるが痩せ始め、
エサはよく食べるものの、
どんどん骨と皮になっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

甲状腺の疑いがある、と診断され、
薬を与えても効果がなく、
どんどん薬の量を増やしても、
痩せるのは止まりません。

クリックすると元のサイズで表示します

高齢だから仕方ないか、とあきらめ、
その後も食欲だけは旺盛でした。

クリックすると元のサイズで表示します

変調をきたしたのは、
今年の4月中旬で、
足首が曲がり、
歩行が少し困難になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも食欲はありましたが、
5月に入ると、
エサを食べなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

好物のマグロのたたきを与えても口にしようとせず、
水も飲まなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ物を食べなくなった時は、
動物は死に向かっている、
と知っていましたから、
後は安楽に過ごせるよう見守りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ひたすら眠り、
時々起きては歩こうとし、
転んで、そのまま眠ります。

クリックすると元のサイズで表示します

定位置を忘れ、
廊下でも洗面所でも寝ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、玄関の絨毯の上が心地よいらしく、
最後にはそこに戻って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

夜は、ソファーに横たわったカミさんの胸の上で
安心したように眠ります。

クリックすると元のサイズで表示します

その日はそれほど遠くない、と覚悟しましたが、
娘がベトナム旅行をしており、
帰国までもつのか、が心配でした。

クリックすると元のサイズで表示します

娘は5日に帰国。
一晩娘が添い寝をして、
体をなでて、過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、本日、4時すぎ、
二度ほど体を反るようにして、
息をしなくなりました。

さいわい今日は休日で、
娘を含めて家族3人に見守られ、
体をさすられながら、
天国に旅立って行きました。
娘の帰国を待っていたに違いありません。

痛そうでもなく、
苦しみもせず、
眠るように、
というか、眠ったまま、息を引きとりました。

死因は老衰
飼い猫の寿命は15、6歳ですから、
20年も生きたのは、
長生きといえるでしょう。
人間の歳に換算すると、96歳
堂々たる大往生です。
ちなみに、もう一人の猫・こなつは8歳ですから、
人間に換算すると、48歳の壮年です。

クリックすると元のサイズで表示します

20年の間、こはるは幸せだったと思います。
それ以上に、私たち家族は
こはるから幸せをもらいました。

こはる、ありがとう。
上から私たち家族を見守っていてね。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ