評論『天皇という「世界の奇跡」を持つ日本』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ国籍の弁護士にして、
在日50年に及ぶケント・ギルバートによる
天皇と日本論。

言いたいことは次の点。

日本は世界の中で最も長く続く、最古の国である。
その中心にあるのが、天皇である。
しかも、世界で唯一、男系男子によって受け継がれた
系統が続いている。
それは、敗戦によっても揺るぐことのなかった
日本の中枢の伝統であり、文化である。
天皇によって国民の安寧が祈られている今の在り方を尊重し、
そのことをもっと国民全体に知らしむべきである。

以上をを↓の構成で多岐の方面から検証する。

序 章 日本の中心に天皇が存在しつづけることの貴重さ
第1章 外国人から見た天皇
第2章 占領下の日本で何が天皇を護ったのか
第3章 天皇と宗教
第4章 憲法のなかの天皇
第5章 政治利用された天皇
第6章 国民とともにある「これからの天皇」
終 章 日本は天皇を中心とする運命共同体

特に第2章の、
敗戦という形での危機についての論証が目ざましい。

というのは、当時、
戦勝国であるアメリカや連合国は、
天皇を「独裁者」と誤解し、
戦争犯罪人として、処刑を望んでいたからだ。
「天皇陛下万歳」と叫んで死ぬことをいとわなかった日本兵を見て、
日本という国は天皇を中心としたカルト集団だと思ったのだという。

マッカーサーの尽力によって、回避されたが、
その背景には、政治的力学だけではなく、
日本人がいかに天皇を敬愛しているかが影響したという。

通常、敗戦した国の指導者は、国を追われる。
また、革命によって政権が変われば、
前の指導者は、民衆の前で処刑されるのが常である。
歴史上、世界各国の多くの王室は悲惨な終わり方をしている。
17世紀のイギリス市民革命でも、
18世紀のフランス革命でも、
国王をはじめ多くの特権階級が処刑されている。

しかし、敗戦という現実を目にしても、
日本人の天皇に対する敬愛の念に変化はなかった。
おそらく、マッカーサーも連合国も
その現実に目を見張ったに違いない。
理解が出来なかっただろう。
それが日本という国だからだ。

そして、天皇は憲法で「象徴」になった。
政治に関与せず、
国民の安寧を祈り続ける「祭司」として、
日本国民の中心にいることは変わらない。

敗戦時、天皇の処刑を主張したのは、
共産党を中心とした勢力だという。
今でも共産党は天皇制を認めていない。
もし共産党が政権を取ったら、
天皇の廃絶を強行し、
憲法を改正するだろう。
しかし、その場合、次の選挙で政権を失うだろう。

GHQの政策により、
日本人の中には、戦争に対する罪悪感が植え付けられた。
その影響が最も強く残っているのは、
マスコミと教育界である。
学校では国の起源を教えず、
天皇についても正しく教えていない。
むしろ、避けている。
なにしろ、仁徳天皇の「民のかまど」を挙げて
日本の素晴らしさを称えた内容のブログ記事を投稿した校長に対し、
教育委員会が「断定的」として口頭注意を行い、
記事を削除させられる事態が起こるくらいである。

俗に「リベラル」と言われる人々が
天皇制に疑問を口にする。

4月25日の朝日新聞の「天声人語」は、
次のように書く。

世襲に由来する権威を何となくありがたがり、
ときに、よりどころにする。
そんな姿勢を少しずつ変えていく時期が、
来ているのではないか。


それについては、
ケント氏の次の言葉を投げかけたい。

伝統には何かしら理由があるものです。

そのとおり。
そんなことを外国人に教えてもらわなけならないのが情けない。
人に性格があるように、
国にも国柄というものがある。
だから、1500年以上も前から始まる天皇制が
武士の台頭により政治的実権を失ったとはいえ、
「祭司」として継続し、
明治になって表舞台に復活、
敗戦を通しても無くなることなく続いてきたのだ。

いや、外敵の脅威にさらされた幕末において、
国を一つにまとめるには、
天皇に再登場していただかなければならなかった、
というのが本当である。
そうでなければ、内戦に発展した可能性があった。
幕府の大政奉還により、
天皇の存在が日本の危機を救ったのだ。

同様に、
敗戦という、日本の危機にあたり、
天皇を中心にもう一度日本が一つになる必要があった。
そうでなければ、
中心を失った日本は、
共産革命が起こる可能性さえあったのである。

しかし、天皇制を否定する勢力は隠然として存在する。
「伝統」や「文化」という麗しいものを
否定するのは、「先進的」として、
さぞ気持ちのいいことだろう。
しかし、それは自分自身を否定するにも等しいことなのだと
いうことを気づいていない。

私は、政治的見解は、かなり先験的なものだと思う。
日本人なら分かる天皇制が分からない。
それは血の問題、DNAの問題ではないのか。

かつて辻元清美が雑誌の対談の中で、
天皇と皇族についてこう発言している。
「生理的に嫌だと思わない?
ああいう人たちというか、
ああいうシステム、ああいう一族、
近くで同じ空気を吸いたくない」
そして、別の機会には、
こうも発言している。
「私は今護憲派と言われていますが、
本当のことを言えば1条から8条(天皇についての条文)は
いらないと思っています。
天皇制を廃止しろとずっと言っています」
「生理的に嫌」だとは。
政治家の発言とも思えない。

発言から純粋の日本人ではないのではないか、という疑問が沸く。

生まれる国と親は選べないというが、
この日本に生まれたのであれば、
自分の国の文化や伝統を大切にするのは当然だ。
天皇を国民の精神的支柱にするという
日本の国柄を知れば知るほど、
それを守っていきたいと思う。

日本人ではない、
アメリカ人による天皇論
いろいろ整理してもらい、
新しい発見も多い本だった。


映画『キングダム』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

原作は2006年1月から「週刊ヤングジャンプ」で連載中の
原泰久によるコミック。
第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作。

クリックすると元のサイズで表示します

54巻までの累計発行部数が4千万部を突破という、メガヒット作。
中国が舞台で、日本人が日本語で演ずる、と聞いて、
観る予定は全くなかったが、
あまりに評判がいいので、観た。
もっとも、日本初の70ミリ映画「釈迦」(1961)も
第2作「秦・始皇帝」(1962)も
インドや中国が舞台で、日本人が演じているし、
それを言うなら、イエス・キリストも英語を話すし、
オードリー・ヘップバーン主演の「戦争と平和」(1956)も、
ロシアが舞台なのに、登場人物はみな英語だ。
問題は異なる文化をどう正しく描けるか。
私の友人で、中国で日本語教師を2年以上勤めた人がいるが、
オペラの「トゥーランドット」のビデオを持っていって、
生徒に見せたところ、
「こんな話は中国ではあり得ない」と怒ったそうだ。

紀元前245年、500年の争乱が続く春秋戦国時代
中華西方の国・秦で、
戦火で親を失くした孤児の少年・信と漂は、
奴隷の身から抜け出すには、剣の道しかないと、
労働の合間に剣術の特訓に明け暮れていた。
二人の夢は、天下の大将軍になることだった。

クリックすると元のサイズで表示します

秦国大臣に見出されて仕官した漂は、
ある夜、深手を負った状態で信のもとに戻って来る。
末期の漂から託された紙に書いてあった場所に辿り着いた信は、
そこで漂とそっくりの人物と対面する。
その男こそ秦国第31代大王・エイ政であった。
エイ政は、異母弟・成キョウのクーデターに遇い、
漂は王の身代わりとして敵を誘い、
命を落としたのだ。
そもそも大臣は王と瓜二つの漂を
影武者にするために仕官させたのだと分かる。
信は漂の遺志を継ぎ、
エイ政と共に王座を奪還するための戦いにのぞむ・・・


エイ政は後に統一中国を建てる秦始皇帝に、
信は後の秦の大将軍・李信になるが、
今回の映画で描かれるのは、その始まりの部分。

クリックすると元のサイズで表示します

広大な中国を舞台にしたスケール観
これ以上ないほどよく出ている。
膨大な人員を動かす戦闘シーンも
CGと実写を混在させて見事に造形。
アクションも熱い。
優秀な殺陣師だ。
歌舞伎で言えば、ケレン味たっぷりで、
全体的には荒唐無稽だが、
それを呑み込んでしまえば、
これほど面白い映画はない。
昔の東映時代劇や劇団新感線を彷彿させ、
インド映画「バーフバリ」(2015)の影響も見られる。
テイストが歴史に名を借りた講談話で、
その味は極上だ。
話が新と漂の友情物語として貫かれているのも一本筋が通った感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

俳優たちも、
日本の戦国時代のDNAがあるからか、
中国武将をなかなか見事に演ずる。
中でも大沢たかお満島真之介高嶋政宏らの演技は高得点。

クリックすると元のサイズで表示します

王を演ずる吉沢亮もいい。

クリックすると元のサイズで表示します

信の山崎賢人は、
別な演じ方は出来なかったものか。

クリックすると元のサイズで表示します

長澤まさみは、日本映画で描いた最強の女性ではないか。

クリックすると元のサイズで表示します

特に、やまだ豊による音楽は、
物語の伝奇性の中の叙情性として、素晴らしい。
やはり、こういう映画にはこの手の音楽がふさわしい。
監督は佐藤信介
スケール感の結実した作品を描ける力ある監督と見た。

5段階評価の「4」

今後、アメリカ、カナダ、ドイツ、シンガポール、韓国、台湾などでも
上映されるそうだが、
日本でもこんな映画が出来ることが発信されるのは喜びたい。
ただ、日本製中国映画に対する
中国人の反応はどうか、気になるところ。

タグ: 映画

美術展『印象派への旅』  美術関係

今日は、昼から渋谷に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

友人と待ち合わせして、
東急本店の中の

クリックすると元のサイズで表示します

文化村へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この美術館の

クリックすると元のサイズで表示します

この展覧会へ。

クリックすると元のサイズで表示します

スコットランドグラスゴーが誇る
世界屈指の美術館「バレル・コレクション」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

海運王、ウィリアム・バレル↓の蒐集品を核とし、

クリックすると元のサイズで表示します

古今東西の様々なジャンルの芸術作品を収める同館から、
73点が初来日。

バレルが生前、蒐集品をグラスゴー市に寄贈するにあたり、
2つの条件を付けました。
ひとつは、「空気のきれいな郊外に展示すること」。
もうひとつは、
「イギリスから外に出さないこと」。
その条件がなぜ破られたか。
それは、バレルコレクションが改築することになり、
その間、日本に持ち出すことが許されたからだそうです。

あわせて、同市のケルヴィングローヴ美術博物館↓が所蔵する

クリックすると元のサイズで表示します

ルノワールやセザンヌ、ゴッホなど、
うち3点が日本初公開となる秀作7点も展示。

「身の回りの情景」「戸外に目を向けて」
「川から港、そして外洋へ」などに章立てて紹介し、
美術史における写実主義から印象派への流れをたどります。

館内は当然撮影禁止。
そこで、ネットの写真を拝借しました。

ドガ「リハーサル」

クリックすると元のサイズで表示します

マネ「シャンパングラスのバラ」

クリックすると元のサイズで表示します

ルノワール「静物─コーヒーカップとミカン」

クリックすると元のサイズで表示します

ゴッホ「アレクサンダー・リードの肖像」

クリックすると元のサイズで表示します

この人、画商で、ゴッホ兄弟と一緒に暮らしたこともあるそうですが、
どうして、生前のゴッホの絵を買わなかったのでしょうか。

マリス「若き芸術家」

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「ペットの山羊」

クリックすると元のサイズで表示します

ペプロー「バラ」

クリックすると元のサイズで表示します

セザンヌ「エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰」

クリックすると元のサイズで表示します

と、借用していたら、
最後に、こんなエリアが。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、こういう粋なはからいをする展覧会が増えました。

会場の雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クールベ「マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「ドルドレヒトの思い出」

クリックすると元のサイズで表示します

ブーダン「トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マリス「アムステルダム」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボスボーム「オランダの漁村」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ボスボーム「スヘーフェニンゲン」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コロー「船舶」(ルアーブルまたはオンフルール)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ブーダン「ドーヴィル、波止場」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホトンド初めて観る絵ばかりで、
眼福の時間でした。


トランプ大統領へのおもてなしに対する野党の批判  政治関係

トランプ米大統領への「おもてなし」をめぐり、
野党が政府を批判している。

「『選挙が終わるまで黙っていてね』とお願いするために
“おもてなし”をしたのかといわれても仕方がない」
とは、共産党の小池晃書記局長。

立憲民主党の枝野幸男代表は、
トランプ氏の大相撲観戦を歓迎しつつ、
土俵近くの升席に招いたことを非難。
「天覧相撲」でも周囲への配慮から
2階席から観戦されていることを挙げ
「日本政府が(升席を)提案したのならば陛下に失礼ではないか」と述べた。

辻元清美国対委員長も、
「トランプ氏は観光旅行で日本に来るのか。
倍晋三首相はツアーガイドか」
と、
ゴルフや大相撲観戦が盛り込まれた日程を皮肉った。

野党ではないが、
日頃ワイドショーで野党的発言をしている
コメンテーターの玉川徹氏は、
「付き合っている相手から捨てられそうになって、
捨てられたくないから媚びうっているという感じに見えるんだよね」
と指摘。
「捨てられそうだから相撲連れていくよ。
美味しいもの食べに連れていってあげるよってしか見えない」

野党の発言は、
自分たちが国賓を迎えられない悔しさがにじんでいるし、
玉川氏の発言は、
よくこんなに下劣な見解を言えるものだというレベル。
テレビ朝日はいつまでこんな社員にコメントをさせるのか。
視聴率が下がるだろう。

これに対し、
自民党の二階俊博幹事長は
「安倍外交の成功を内外にアピールすることができた」と強調。
「日米のトップ同士の関係が良好であることは大変重要なことだ」とも。

公明党の斉藤鉄夫幹事長は、
「令和になって初めての国賓だ。
信頼関係をより一層固める意味で大変有意義な訪日だった」
と評価。
ゴルフや大相撲観戦でもてなしたことに対し
「外交でなく社交だ」と揶揄する一部の野党の主張には
「あまりに了見の狭い反応だ」と批判。

これに対してネットの書き込みは、
全面的に野党を批判している。

○何事もケチを付けるのはやめた方が良いと思うよ、
もう少しあなた方の足元をご覧になった方が良いのでは?

○批判は結構。
でも、「私たちなら、こうやる」という意見が出てこない限り、
誰も評価しませんよ。
そんな簡単なことが、本当にわからないのか?

○何も出来ない方々が、口を開くのはやめた方がいい。
批判だけでなく我々ならこうする、
こうできるといううことを発言すべき。
まあ野党の方々には知恵がないか。

○では野党ならどうもてなしたのか示して欲しい。
どうすれば正解だったのか示して欲しい。

○おもてなしがダメなら何だったら良いの?

○野党は、発言すればするほど自身が低下していくのがわからないのかな。

○こんな批判してるのは政治家として必要ないと感じた。
なんでかんでも批判でかなりあきてれいるが、
今回の批判はかなり頭にきたな。
まじでばかみたい。

○ひがみにしか聞こえない。
「自分たちならこうする」というのが聞こえないから、
支持が得られないのが分からないのかね。

○おもてなしを批判するなんて、
人としての温かみがないんだなぁ

○今の野党が政権を握っていたら、
もっと批判されるような結末になっていたと思うよ。
もっとも、トランプ大統領自身が
訪日すら考えなかったかもしれない。

○確かに今回の批判は了見が狭いと思える、
批判と反対が野党の存在意義なのかも知れないけど、
少しは空気を読んだ主張をすべきではないか?

○ゴルフ場周辺住民や、炉端屋周辺の店舗などは
色々と不都合が多かったと思うけど、
インタビューで
「色々思うけど、国の為に頑張ってくれているわけだから協力しないとね」
って言ってた人がいて、その通りだと思った。

○批判すればするほど、
国民は冷めていくことを
野党はそろそろ気づくべきである。

○また野党離れが進みますね。

○批判のおかげで今度の参院選挙も安泰だな。

○よくも悪態がつけると思うが、
野党は批判しかすることが出来ないので仕方ないのでしょう。
成果はどうであれ
ここまで出来る調整能力は素晴らしいと思うけどね。
こんな批判で国民の賛同が得られると思ってるのかな。
まあ強い者を憎くむ者はどこの世界にもいるけど。

○現政権にも問題は無いとは言えないが、
国民が何を望んでいるのか(民意は何なのか)を考えもせず、
政権の批判しか出来ない野党は論外。
日韓問題、防衛問題等についての
方針・方策を打ち出さない野党は
政党責任を果たしていないと思う

○辻元の言うことはいつもワンパターンで
何をいうかほとんどわかる。
野党の広報担当としては不適格というか能力不足。
なぜ交代しないのかわからない。
与党としてはありがたい存在だが。

○客として招いたならば、ホスピタリティは大切だと思う。
その評価は、客が満足したかどうか?
その意味では評価して良いと思う。
野党、評価するところは評価しましょうよ!
拉致被害者との面談は、特に良かったと思います。

○安倍さんは頑張ってると思う。
予測不能の難しいトランプ氏との会談は
非常に慎重に進行しなければならないが
安倍さんだから上手く調整出来てると思う。
色々なナーバスな問題を抱えてるだけに静観して見守るべきだと思う。

○仮に自分達が政権与党であれば、
それなりのおもてなしをするはずだから、
来日した国のトップを会談日までホテルに放置するなんて
普通はしないだろう。

○そんなことより、もっと大局的な議論をしたほうがいい




ファンタジー・オン・アイスと誕生日食事会  身辺雑記

今、幕張で24日から本26日までの3日間、
「ファンタジー・オン・アイス」が開催されています。

クリックすると元のサイズで表示します

↑のポスターは、羽生選手の出場が未確定の時のものなので、
羽生選手の姿がありません。

その後、羽生選手の出場が決定。
他にプルシェンコ、フェルナンデス、ランビエル、
ザギトワ、メドベージェワ、トゥクタミシェワ、
荒川静香、安藤美姫、織田信成、、宮原知子、紀平梨花

よく揃えたな、と思う豪華メンバーが出演。

昨日は、娘が行って来ました。
↓は座席表ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

プレミア席の前に、実はもう一列あって、
それが最前列
ファンクラブを通じてしか買えないので、
表記されていません。
娘はこの席をゲット。
すぐ側を羽生選手が滑る、という経験をしてきました。

地震は、プルシェンコの演技が始まった時で、
プルシェンコは地震に気付かなかったようですが、
音楽が止まり、驚いたプルシェンコに
「プルシェンコさん、リンクから出て下さい」とのアナウンスが。
そして、しばし会場の安全確認。
プルシェンコの演技は第1部の最後だったので、
そのまま休憩となり、
プルシェンコの演技は第2部に組み込まれたそうです。

地震のない国から来た選手はびっくりしたでしょうね。

今日は、カミさんと娘の二人で行きました。
席は最前列ではなく、プレミア席で、前から5列目。
本当は私の誕生日に、ということだったのですが、
私よりもフィギュアが好きなカミさんに譲りました。
カミさんは「夢のような時をすごさせていただきました」と。

↓は公式プログラム。

クリックすると元のサイズで表示します

↓はテレビ番組の宣伝。

クリックすると元のサイズで表示します

6月30日、7月7日・28日にCSで放送されます。
それ以前に、明日、BSでも放送されるようです。
2日目の中継だったら、最前列の娘の姿が
映るかもしれません。

二人の帰宅後、
↓の店に行き、

クリックすると元のサイズで表示します

私の誕生日の食事
「満腹ファミリーセット」というコースで、
「大人2名様+お子さま2名様分にぴったりのバラエティー豊富なセット!
4名様でなくてもご注文いただけます」ということで、注文。

クリックすると元のサイズで表示します

キムチ盛合せ
ナムル盛合せ
あっさりグリーンサラダ
国産牛カルビ
牛カルビ
牛ロース
ハラミ
牛ヒレ切り落とし
国産なかおちカルビ
なかおちカルビ
牛タン焼
トントロ
ウインナー
コーンバター
サンチュ
選べるごはん(4品)
選べるデザート(4品)
選べるソフトドリンク(4品)

という豪華版。

クリックすると元のサイズで表示します

上の実際の写真は順番に出たため、
全部が揃っていないので、
ホームページに掲載された写真↓を紹介。

クリックすると元のサイズで表示します

支払う時になって、娘が突然、「私が払います」と言って、
支払ってくれました。
つまり、娘のオゴリ。

プレゼントに私が娘に要求したのは、
「落語を聴いてくれ」
以前、
「アマデウス」をプレゼント代わりに観せたことがありましたが、
その落語版。

枝雀「饅頭こわい」
文楽「寝床」
金馬「金明竹」
円楽「中村仲蔵」
志ん朝「居残り左平次」

を聴かせる予定です。





AutoPage最新お知らせ