小説『信長の原理』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

織田信長が「うつけ者」と呼ばれた幼少期から始めて、
ぐんぐん大きくなっていく過程と
本能寺の変までを描く、
新感覚の歴史小説

信長が暴君で家臣に苛烈な要求をしたことは歴史のとおりだが、
能力のある者を取り立て、
その力をあますところなく発揮させる
偉大な組織者としても描く。
戦争の技術だけでなく、
地域の殖産が後方で支えていることをよく知っている
経済人としての人間像にも触れている。

信長は、懸命に仕事をこなし、
出来る限り成功に向けて手を打ってきた人間には、
たとえその結果がうまく行かなくても、あまり怒ることはない。
その過程もちゃんと評価してくれる。
家来の失敗を容赦なく責めたてるという世評とは、
随分と違っている。


その信長を、信長自身の内面だけでなく、
明智光秀や木下藤吉郎(秀吉)や柴田勝家らの側面からも描いていく。
これが話を重層的なものとしている。

特に中心になるのは、
蟻を観察することによって、ある原理を発見することで、
その原理とは、次のようなものだ。

・働きアリのうち、よく働くアリは全体の2割である。
・普通に働いている(時々サボっている)アリは全体の6割。
・残りの2割のアリはサボっている。
・その比率は、2:6:2となる。
・よく働いているアリだけを集めて働かせると、
 一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
・サボっているアリだけを集めると、
 一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

これは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートがとなえた
「パレートの法則」だ。

信長は、これを自身の家臣団に当てはめる。
織田家繁栄のため、懸命に働く家臣が2、
なんとなくついていっている家臣が6、
働きが悪く、使えない家臣が2。

信長はこれを適用し、
どんなに兵団を鍛え上げても、
能力を落とす者が必ず出ると、
使えなくなった家臣を次々と排除していく。
過去に功績を残しても、能力が落ちれば放逐される。
筆頭家老だった者も追放し、落ちぶれさせる。
明日は我が身と疲弊していく家臣たち。
中には出世争いに疲れ、
自ら離脱していく者も出て来る。

信長は神も仏も否定するが、
「この世を支配する何事かの原理」は存在すると感ずる。

この世は神に似た何事かの原理で回っている。
そしてその原理の前では、
生きとし生ける者、人も、所詮は虫。


今良い働きを見せる
羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。
信長の原理によれば、最後にはこの五人からも一人、
俺を裏切る者が出るはずだと信長は危惧する。

結果的にその一人は明智光秀だったわけだが、
それに至る経緯が終盤の見どころだ。
家臣引き抜きの責任を問われ、
信長に家臣たちの前で打擲される。
その上、兄弟のような関係だった家臣の切腹まで強制される。
ここに至って、信長に対する認識を改める中、
信長暗殺の思いが持ち上がる。
「主殺し」の罪に怯える中、
信頼できる家臣に相談し、反対されるが、
その人数を増やしたことで、
かえって信長暗殺を実行せざるを得なくなるあたり、
スリリングで物語がうねる。

先ほども感じた。
何か目に見えぬ力が、
自分を否応もなく動かしているような気がする。


「光秀の定理」で確立論に触れた著者が、
信長軍団を組織構造に的を絞って描き、
今の社会構造にも当てはまる。
会社でいえば、強権的な社長をトップに据えたワンマン企業。
社長の言うことは絶対で、逆らうことはできない。
社長は部下が自分の思う通りに動かないことに苛立ち、
トップに振り回される部下達は苦悩する。
その織田家の組織構造のきしみが、
たまたま光秀という人間に露呈し、
本能寺の変を呼んだ、と著者は考えているようだ。

信長を、一個人として見てはならない。
時勢が信長を推し上げている。
時勢とは、人の渦巻く波だ。
 

580ページの大部。
なかなか読むのは時間がかかったが、
なにしろ面白く、興味深い内容だった。

それにしても、
毛利元就を描く
岩井三四二の「天命」(3月26日のブログ)の時も感じたが、
戦国時代というのは、
すさまじい消耗の時代だったのだと感じた。

先の直木賞候補だったが、落選した。
選考委員の評はつぎのとおり。

伊集院静
文章が安定しており、候補作のなかで一番読み易かった。
氏の作品の魅力は物語を押し進めて行くスピード感である。
推進力と言ってもいい。これは才気である。
本作の前の明智光秀に続いて
戦国時代に敢えて挑んだ姿勢も頼もしく思った。

宮部みゆき
垣根涼介さんの『信長の原理』を推したのは、
この作品が戦国ものの歴史小説として
ユニークな詠み心地を与えてくれたからです。
ポップで軽やかで、ポピュラーサイエンスの本や
ビジネス書的な面白さ。
ただ選考会で、信長に関する基本的な歴史考証に
いくつか定説と異なる記述があり、
これが意図的なものだとするとその意図が
物語に回収されていないし、
うっかりミスだとすれば手痛い失点だ――
というご意見を聞き、そこで諦めました。

林真理子
アリの生態を人間のそれに置き替えるくだりは首をひねった。
信長も秀吉もそれまでの像を破っていない。
垣根さんなら、
もっと新鮮な人物像を描くことが出来たのではないか。

桐野夏生
地の文の確かな巧さでもって、最後まで読ませる。
歴史的出来事の検証には目もくれず、
ただ信長の生理と思考を中心に書かれた物語は、
一生を不信の中に生きた信長という人物に、違う光を当てている。

浅田次郎
作者の手に合った作品であると思った。
小説家がみずからの資質を発見するのはすこぶる困難で、
おそらく作者にもさまざまの迷いはあったであろうが、
本作はぴたりと嵌まったように思う。

宮城谷昌光
信長を書く場合、『信長公記』によって形成された
信長観を通して信長像を創るとなると、
どうしても似たり寄ったりにならざるをえない。
むろん垣根氏もそのあたりを突破したかったにちがいないが、
私としては、だれも書かなかった信長がここで書かれた、
とは思わなかった。

東野圭吾
働き蟻の法則をモチーフにした点が特徴で、
斬新な発想だと思った。
しかしそれに基づいた合戦での応用が、
「味方全員が命がけになる」という精神論では、肩すかしだった。
法則を集団ではなく、たった五人にまで絞り込み、
しかも怠け者を裏切り者にすり替えているのは強引な印象が。

高村薫
武将たちの人間像を捨象して
意図的に人物相関と合戦の解説に徹した手法は、
それゆえに小説本来の磁場をもつことはできず、
もとより合戦絵巻でもないので、
結果的に、どう書いても
よくできたビジネス書になるほかなかったのではないだろうか。

北方謙三
『原理』が信長を縛って、自由に飛翔させない。
奇襲のシーンなどには私は引きこまれたが、
そういう瞬間、『原理』は作用していないように感じた。
信長が次第に凡庸に感じられてくるのは、
最後まで『原理』が貫かれたからとも思えた。





AutoPage最新お知らせ