小説『鳥居の密室』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

本格推理小説家・島田荘司による
御手洗潔シリーズ第30作(最新作)。
御手洗潔の京大医学部生時代の話。

京都の叡山電鉄の宝ケ池駅前にある「猿時計」という珈琲房。
その壁面には、前経営者の蒐集した柱時計が多数飾られていた。
みな壊れて止まっているが、
そのうちのヘルムレ社の柱時計だけが
ある時、振り子を揺らし始める。
楓は猿が入って来て振り子を揺らすというのだが・・・

経営者夫婦の養子に楓がなったのは、
10年前の東京オリンピックの年のクリスマスの朝、
楓の母が殺され、
父親が電車に飛び込み自殺をしたのだ。
ただ、母親の殺された家は鍵がかけられ、
窓の鍵も施錠された密室だった。
犯人は父親の工場で働く国丸という若い男で、
まだ裁判で争っている。

こうして、10年前の殺人事件と
猿時計の変事に
御手洗潔が関わって、
謎を解いていく。

物語は途中から国丸が主人公となり、
酒を飲んで工場をちゃんと経営しない楓の父親と母親の関係が
国丸の幼少時の父と母の関係に重なって、
国丸が楓を可愛がる話に変わる。
途中、そのあたり一帯で
不思議な睡眠不足の症状が起こる。

重要な要素を占めるのが、
錦天満宮の鳥居で、
これは実在のもの。
参道に立っていたのだが、
その後、参道の脇の土地が売られ、
ビルが建てられたため、
両端が建物に突き刺さる状態になってしまったという。

写真を見てもらうのが一番↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

左右共に建物の中に取り込まれている。

クリックすると元のサイズで表示します

中は土産物屋。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラタモリでも紹介された。

クリックすると元のサイズで表示します

事件はこの一方の鳥居を取り込んだ家で起こり、
その反対側の鳥居を取り込んだアパートに国丸が住んでいた。

御手洗の推理は、
「猿時計」の柱時計の振り子が動くわけと関連づけて
密室殺人の謎を解く。

という謎解き以上にこの小説の真骨頂は、
国丸と楓と母親の関係
この話が麗しく展開し、涙を誘う。
特に、8歳のクリスマス・イヴに、
初めて楓の元に訪れたサンタクロースの話が
密室に入った人物の話にからむ。
          
更に背景に京都という町が
相次ぐ戦乱で亡くなった武士たちの怨念が渦巻いている、
という設定もある。

「ここは千年都市だからね、
大勢の怨霊が棲み着いているんじゃないの、あちこちに。
それが、時々悪さするんだよ」
「だってさ、あの鳥居見たでしょう?
罰当たりだよね。
人間がああいうことしちゃいけないよね。
あんなことしてさ。
だからいろいろと祟りが起こってさ、
最終的にあんな大事件までいったの」


プロローグで語られる魑魅魍魎。
事件の解決はそれとは関係ないのだが、興味深い。

ラストはすこぶる読後感がいい
人間ドラマになっているから。





AutoPage最新お知らせ