映画『七つの会議』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

池井戸潤の小説は沢山テレビドラマ化されているが、
映画化作品は、先の「空飛ぶタイヤ」のみ。
と思っていたら、
早くも映画化第2弾が登場した。
それがこの「七つの会議」
池井戸作品の興味津々のストーリー展開、
善悪のはっきりした対立、
なによりも時代の機運をよく活写した題材が受ける。
これからも池井戸作品は
映画の原作として、豊穣な沃土となることだろう。

都内の中堅メーカー、東京建電では、
営業会議が開かれていた。
営業部長・北川誠の仕切りのもと、
営業成績の悪い第2課は厳しい追及を受けていた。

その会議の最中にいびきをかいている係長の八角民夫。
最低限のノルマしかこなさず、
定時退社のぐうたら社員で、
第1課長の坂戸宣彦から責められていた。

クリックすると元のサイズで表示します

その坂戸を八角がパワハラで訴え、
営業成績のいい坂戸を北川が擁護するかと思えば、
あっさりパワハラと認定され、
坂戸には異動処分が下される。
そして、成績の悪かった2課の原島万二が新課長に着任する。

その不思議の中、ネジの発注先を八角が変更するなど、
妙な動きが始まる。
原島は部下の浜本優衣と共に謎に斬り込んでいくが・・・

こうして、事件は製品の強度不足と
その隠蔽、秘密回収へと発展していく。

次々とナレーターが交代するという手法を取るが、
そのわりには、混乱もせず、
事件の本質に次第に迫っていく過程はスリリング。
まさに池井戸ワールドだ。

ただ、役者が目をひんむき、
ぶるぶると唇を震わせ、
怒鳴りまくるという
過剰な演技で疲れる。
もう少し自然な演技は出来ないものか。
歌舞伎じゃないんだから。

クリックすると元のサイズで表示します

それに、池井戸ドラマの常連たちが
顔見世よろしく小さい役で登場するのも煩雑。
この人が演ずるのだから、
何か意味があるのではないか、
と思わせるだけ邪魔で、
役者の無駄使いだ。

主役の八角の設定も不自然で、
こんな社員を花の営業第1課に存在させる会社はないだろう。
その動かせない原因が20年前の隠蔽事件だというのも無理で、
人事部はとっくに閑職か地方に飛ばしているだろう。
それが現実に近い。
八角自身も事件後20年間もぐうたら社員として、
会社にぶら下がり、
全体の士気を落とし、迷惑な存在となっているくらいなら、
さっさと会社に見切りを付けて、
新天地が働いた方がよほど世のため人のためになっただろうに。

クリックすると元のサイズで表示します

更に八角のエンドロールでの言葉。
日本の武士道やサムライ精神、藩への忠誠が不正の体質を作った、
日本は隠蔽体質で先進国にのし上がった、
隠蔽は日本社会の根源だ、ですと。
何を言っているのか。
隠蔽はアメリカにもヨーロッパにもアジアのどこにでもあって、
人間のいるところ、組織のあるところに付いて回るものだ。
それを日本社会の特質のように言う。
池井戸さんのために言うが、
そんなことは原作のどこにも書いていない。
原作にないことを、こんなラストで
思想としてぶちこむ。
だから反日と言われるのだ。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/ohpWSn6Yzbo

原作本の紹介は↓をクリック。

小説「七つの会議」

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ