映画『天才作家の妻』  映画関係

[映画紹介]
 
クリックすると元のサイズで表示します
                                 
現代文学の重鎮ジョゼフにノーベル文学賞受賞の連絡が入る。

クリックすると元のサイズで表示します

妻のジョーンと共に喜んで受けた二人は、
息子を連れて授賞式が開かれるストックホルムに行く。
同行してきた記者のナサニエルは、
ジョゼフの伝記を書きたいのだが、
二人の許可はまだ下りていない。
授賞式リハーサルの合間に
ジョーンと話す機会を得たナサニエルは、
自分が調べた結果、
ジョゼフの創作に
ある疑念があることを告げるのだった・・・

どんな疑念かというと、
「天才作家の妻」ならまだしも、
「40年目の真実」という副題が付き、
その上、チラシに
「ノーベル賞の栄光に隠された[愛と嘘]」とまで書かれ、
更に予告編で、ある質問が投げかけられていては、
海千山千の映画観客ならすぐに察してしまうようなものだが、
映画は、夫婦の間にある軋轢を描きつつ、
40年前の過去を織りまぜて、
なぜそうなったかを解明していく。
その過程が緊迫感たっぷりの演出で描かれる。

実は二人は大学の教授と教え子の関係であり、
前妻からジョゼフを奪ったという過去がある。
しかも、当時は出版界では女流が受け入れられない風潮があった。
そうした中で出来上がった二人の関係が
ノーベル賞受賞という晴れ舞台で
破綻の危機を迎えるのだ。

メグ・ウォリッツァーの原作小説を
脚色したのがジェーン・アンダーソンで、
原作では、フィンランドの小さな文学賞受賞の話だったという。
それをノーベル賞という大きな舞台に変更したのは炯眼で、
あまりに大きな賞であることでこそ、
夫婦の葛藤が爆発の臨界点にまで登り詰めていくのだ。
また、息子を駆け出しの作家にして、
劣等感を感じていて、
父母の評価が違う、という設定も
脚色者の功績だ。
監督はスウェーデンのビョルン・ルンゲ

しかし、なんと言っても、最大の功績は、
妻を演ずるグレン・クローズの演技で、

クリックすると元のサイズで表示します

夫の栄誉を見つめる複雑な感情が
見事に演じられており、
終始途切れぬ緊張感を画面に反映させる。
そして、夫の内助の功を讃える感謝のスピーチに
ついにキレてしまう心理を納得させる。
アカデミー賞7度目のノミネーションで受賞は確実だろう。
夫を演ずるジョナサン・プライス
記者を演ずるクリスチャン・スレイターらが
物語に厚みを加える。

ノーベル賞のリハーサルなど、
普段知ることのない裏面が描かれて興味深かった。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の飛行機の中で
白紙の紙を前にしたジョーンの微笑みに、
夫という枷が取れた今後の妻の行く道が伺えて、
やっぱり女は強い、と思わされた。

ところで、回想シーンで
若き日のジョーンを演じるアニー・スタークという女優。

クリックすると元のサイズで表示します

グレン・クローズの若い頃にしては、
美人すぎないか、と思っていたら、
グレン・クローズの実の娘だそうだ。
失礼しました。

5段階評価の「4」 。                              
予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/w-GfRcTvurc

新宿ピカデリー他で上映中。

タグ: 映画

和菓子ランキング  様々な話題

カミさんと娘からのバレンタイン・チョコレート

クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年は、ウィスキー・ボンボンと決まっています。

ところで、新年に購入した福袋のお菓子↓と

クリックすると元のサイズで表示します

浅草で買ったおかき↓、

クリックすると元のサイズで表示します

今日、食べ終えました
1カ月半かかりました。

そのお菓子ですが、
外国と比べても
日本のお菓子は、
種類も味も豊富。
中でも和菓子は、
芸術品と言ってもいいくらいです。

毎度おなじみ「ニッポン視察団!」で、
外国人が選ぶ
和菓子ランキングというのをやっていたので、
紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

一般旅行者ではなく、
日本で働く外国人の
プロのお菓子職人や料理人が選んだものなので、
一味違い、
第1位は意外なものに。

第11位 練り切り

クリックすると元のサイズで表示します


第10位 かりんとう

クリックすると元のサイズで表示します

第9位 どら焼き

クリックすると元のサイズで表示します

第8位 みたらし団子

クリックすると元のサイズで表示します

第7位 酒まんじゅう

クリックすると元のサイズで表示します

第6位 わらび餅

クリックすると元のサイズで表示します

第5位 カステラ

クリックすると元のサイズで表示します

第4位 ようかん

クリックすると元のサイズで表示します

第3位 せんべい

クリックすると元のサイズで表示します

第2位 豆大福

クリックすると元のサイズで表示します

第1位 たい焼き

クリックすると元のサイズで表示します



短編集『変わったタイプ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

トム・ハンクスといえば、
アカデミー賞主演男優賞を2度取った、
名優中の名優。
はじめ、同姓同名?と思って、
著者紹介を見たら、
正真正銘、あのトム・ハンクスなのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

あとがきの紹介を読むと、
最初、「ニューヨーカー」に「アラン・ビーン、ほか四名」を掲載。
「ニューヨーカー」といえば、
あのサリンジャーなども小説を載せた名門である。
この作品に目をつけた出版社(クノッフ社)からの誘いがあって、
一冊の本が出来るほどの分量が書かれることになった。
その間、俳優としての移動先のホテルや機内でも執筆を続け、
雑誌の掲載から3年後に
この短編集を発刊。
61歳の遅咲きのデビューである。

全部で17篇
うち普通の意味での短編は12篇。
あとは脚本の体裁で書かれた1篇と、
地方紙のコラムニストが書いたという設定の町自慢の短文が4篇。

そのどの作品にも、タイプライターが登場する。
というのは、トム・ハンクスは、
年代物のタイプライターの蒐集家としても有名なのだという。

クリックすると元のサイズで表示します

タイプライター好きが高じて、
iPadでタイプライター風の打鍵感覚をもたらす
「ハンクス・ライター」というアプリを開発したという。

各作品の冒頭扉ページの前には、
タイプライターの写真↓が掲載され、

クリックすると元のサイズで表示します

あるときは重要なアイテムとして、
あるときはチョイ役として作品に登場する。

どの作品も良きアメリカの短編小説、という趣で、
暖かい音色がずっと底に流れている感じ。
どの作品も読み終えた読後感がすこぶるいい。
大御所俳優が「文才があるところも見せたい」
とばかりに書いた域を越えて、
本物の才能がきらめいている。

しかも、描かれた世界は多彩。
中にはミステリー風のものもSFもある。
才能のある人はなにをやってもすごい。

たとえば、「クリスマス・イヴ、1953年」は、
ある田舎町の一家のクリスマスの情景と思わせていて、
年に1度かかって来る友人の電話で状況が一変する。
その友人は戦友で、欧州戦線で共に地獄を味わっていたのだ。
その記憶が主人公にも蘇ると共に、
主人公自身が戦争で障害を得た者だということが判明するラストの鮮やかさ。

父と一緒にサーフィンに行った海岸で、
父の不倫の現場を目撃してしまう青年の話「ようこそ、マーズへ」

俳優になる夢を抱いて田舎から出て来たニューヨークで、
居候生活に倦み疲れた女優の卵の
役を得るための悪戦苦闘を描く「配役は誰だ」
                  
離婚した父母の間を行き来する少年を描いた「特別な終末」

5ドルで買ったタイプライターを修理に出した先で、
タイプライターの蘊蓄に触れる「心の中で思うこと」
この小説ではタイプライターが主役。
トム・ハンクスは、
今どき誰も使わないタイプライターをなぜ集めるのかと聞かれて、
電源もいらずシンプルな機構で、
「文字を打つ喜び」をプリミティブに実感できるから、と答えている。

ある機械部品の発明で巨万の富を得た男が、
1回6百万ドル支払って1939年のニューヨーク万博に出かけ、
そこで出会った女性に恋をしてしまう「過去は大事なもの」
1939年から見た1960年が輝く未来に描かれる。

ブルガリアからギリシャ経由で密入国した男が
ニューヨークの町で居場所を見つけるまでを描く「コスタスに会え」

どれもユーモアとウィットに富んだ、
読んで面白い作品ばかりだ。

おススメ。

作品の題名は、次のとおり。

へとへとの三週間
クリスマス・イヴ、一九五三年
光の街のジャンケット
ようこそ、マーズへ
グリーン通りの一カ月
アラン・ビーン、ほか四名
配役は誰だ
特別な週末
心の中で思うこと
過去は大事なもの
どうぞお泊まりを
コスタスに会え
スティーヴ・ウォンは、パーフェクト
ハンク・フィセイの「わが町トゥデイ」
4篇


映画『メリー・ポピンズ リターンズ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

リメイクというのは難しいもので、
時代の進化に合わせて成功する場合もあるが、
大体は失敗する。
中でも、その作品が名作の誉れ高く、
既に古典となっているものであれば、
リメイクの意図そのものが不遜と思われかねない。
あのような完成品をなぜ作り直す必要があるのか、と。
「ベン・ハー」も「ローマの休日」も、
予想通り無残な結果となった。
私はそれを「天をも恐れぬ企み」と呼んだ。
さすがに「風と共に去りぬ」をリメイクしようとする人と現れない。

さて、ディズニーがアニメの財産を
続々と実写化している。
CG技術の向上によって、
実写での表現が可能となったためで、
「シンデレラ」「美女と野獣」「ジャングル・ブック」
など概ね成功しており、
今後、「ダンボ」「アラジン」「ライオンキング」などが続き、
更には「ピーターパン」「ピノキオ」までもが
実写化リメイクの予定であるという。

さて、「メリー・ポピンズ」は、
1964年に公開され、
ディズニー初の作品賞候補をはじめとして、
アカデミー賞13部門ノミネート、
うち5部門を受賞した、名作中の名作、古典中の古典。
その54年ぶりのリメイク、と思ったら、
前作から25年後を描く、「正統な続編」だという。
たしかに原作もメリー・ポピンズは繰り返しバンクス家を訪れており、
そういう意味でリメイクではなく、続編と呼ぶのが正しい。

ただ、名作だけに、
ファンは既に前作のイメージに捕らわれている。
そこが続編の難しいところだといえよう。

こういう私も「メリー・ポピンズ」は、
最も愛する映画の一つ。
公開されたのは、1965年12月で、
大学受験勉強真っ盛りの時。
すでにこのブログでも3回ほど書いたが、
大晦日の最終回の「メリー・ポピンズ」に有楽座に出掛け、
「メリー・ポピンズ、
明日から僕は本格的な受験体制に入る。
しばらく君に会えないから、
最後に会いに来た」
とお別れを告げた。

ビデオのない時代だから、
アメリカに行った時には、
新聞の映画欄を探して遠くの映画館に観に出かけ、
ロンドンではセントポール寺院の
鳩の餌売りの老女の坐っていた階段にたたずんで涙し、
娘が物心付くようになった時のリバイバルでは、
当然、観せた。
その後、DVDも所有、
繰り返し観ている愛着のある作品。
「プーと大人になった僕」の無残な失敗を観ているだけに、
名作に対抗するあまり、
妙なことをしていないか、
前作のイメージをぶち壊してはいないか、
という心配が満々で観に行った次第。

結果は、杞憂に終わり、
前作の雰囲気を損なわず、
オリジナルに対するリスペクトを忘れず、
かつ新しい技術も導入した
「立派な続編」になっていた。
さすが「シカゴ」のロブ・マーシャル

クリックすると元のサイズで表示します

前作から25年後の大恐慌時代のロンドン。
バンクス夫妻は既に亡くなり、
ジェーンとマイケルは大人になり、
マイケルは3人の子供の父親となっていた。
しかし、マイケルには心配事があり、
妻の病気の治療費がかさみ、
家を抵当に借りた借金が返せず、
近々、家は銀行の手に渡ることになっていた。
そんな危機にあったバンクス家を救うために、
再びメリー・ポピンズがやって来た・・・

クリックすると元のサイズで表示します

前作に対するリスペクトは半端ではなく、
装置、衣裳、音楽も前作を彷彿とさせる。
そして、前作を生かしつつ、新たな改変も。
たとえば、傘を掴んでやってきたメリー・ポピンズは、
今度は別をものを掴んでやって来る。
バートの描く路上の絵の中に入っての冒険は、
あるものの中で展開する。
煙突掃除たちの踊りは、
今度はある人々の群舞に置き換えられ、
最期の凧のくだりは、別のものに変わっている。
それらが無理なく前作の踏襲となり、オマージュとなっている。
2ペンスの話も片足の男の話も上手に取り入れられている。
また、前作の音楽のメロディーが随所に出て来るのも、
オリジナルファンには嬉しい配慮だ。

このように、前作に対する尊敬の念があふれる作品なので、
前作を知らない人には
古めかしく感じられるかもしれない。

ただ、「リターンズ」と題名にあるように、
前作なしに今作はないのだから、
いたしかたないと言えよう。

クリックすると元のサイズで表示します

二代目メリー・ポピンズのエミリー・ブラントは悪くはないが、
初代ジュリー・アンドリュースの愛らしさにはかなわない。
しかし、誰もが尻込みするだろうオファーを
敢然として受けた勇気は讃えたい。

バートに代わり、弟分のジャックを演ずるのは、
ブロードウェイの「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」を
大ヒットさせたリン=マニュエル・ミランダ
メリル・ストリープアンジェラ・ランズベリーがゲスト的な登場。
カメオ出演を要請されたジュリー・アンドリュースは、
「エミリーの映画にしたいから」
と断ったという。
賢い。
その代わり、前作に出たある人物が思いがけないところで登場し、
エンドクレジットでも、
前作と同じ遊びをしてくれている。

音楽も前作のイメージを損ねず、
楽しい曲ではあるが、
前作のあふれるほど芳醇なメロディーには及ばない。
その意味で、
作詞作曲のシャーマン兄弟による歌曲は、
まさに奇跡の産物だったと言えよう。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/OSDTIQ1V-NE

なお、前作の映画化に際しての
原作者パメラ・L・トラバースとの確執を描く
「ウォルト・ディズニーの約束」
紹介ブログは、↓をクリック。

映画「ウォルト・ディズニーの約束」

タグ: 映画

韓国国会議長の発言  政治関係

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、
7日のブルームバーグとのインタビューで、
次のように述べたという。

「一言でいいのだ。
日本を代表する首相かあるいは、
私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。
その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。
そのような方が一度おばあさんの手を握り、
本当に申し訳なかったと一言いえば、
すっかり解消されるだろう」

一体どこまで非礼を働けば気が済むのだろう。

一国の元首を「戦犯」呼ばわりし、
その息子にも罪を着せるとは。

しかも、発言したのは、
韓国の三権の長たる国会の議長。

あの国は行政(大統領府)も
司法も狂っているが、
今度は立法府の長がとんでもないことを言った。

どんな顔をしているか、
こんな顔の男↓だ。

クリックすると元のサイズで表示します

あえて顔のことを言うが、
見るからに強引で傲岸、
自分の主張が正しいから、
無礼を働いても、
他人の心が傷ついても構わない、
と盲信している顔だ。

国家間には礼節というものがある。
その表われが、
国旗に対する尊重であり、
元首に対する尊敬だ。

たとえ政治的な思いはあろうとも、
元首に対しては礼節を尽くすものだ。

それをこの人はやすやすと越えてしまった。
現天皇を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼ぶとは。
韓国には礼節というものがない。
あるのは、偏狭な歴史観を絶対正しいという盲信だけだ。
他の国には他の国の歴史観があるのだから、
自分たちだけの主張は間違っているかもしれないという、
謙虚な姿勢がない。

いわゆる徴用工訴訟での日本企業への賠償、
韓国軍艦船による自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などで、
日韓関係が極めて厳しい状況にある。
しかし、問題は、
韓国が問題を解決しようとする姿勢を見せていないことだ。
文大統領にとっては、
北朝鮮との関係が重要で、
日本との関係はどうでもいいように見える。

そんな中、
今回の国会議長の発言は、
一線を越えた
こんなことを言われても
「遺憾」としか返せないなら、
政府なんかいらない。
国民運動で断交を成就させるのみだ。

今回の発言で、
あの国は変わらない、と分かった。
もう本当にあの国は内戦によって
焦土に帰さないと
ならないと
不穏当ながら思う。

この発言は韓国メディアでは一斉に報じたが、
日本ではなされていない。
産経新聞の今朝の朝刊さえ報道しないから
報道に値しない、と思っているのかと思ったら、
今日の午後になって配信した。
(翌日の新聞で各紙が報道)


ネットでは厳しい発言が続いている。

○触れてはならない存在に触れたな。
中国共産党ですら、天皇家への侮辱を公言したことはないのに。

○韓国国会議長のこの発言に激しい怒りを覚える。
「昭和天皇が戦犯」などと言うコメントは撤回させるべきだ。
失言どころではない。
「日本国に対しての侮辱だ」
謝罪しても赦されない問題だ。

○歴史的事実で日本国民の為なら陛下は喜んで謝罪するだろう。
しかし、事実でなく日本国民の為にならない謝罪はしない!

○河野談話の失態は
発表したら蒸し返さない約束が、
軍の関与を認めた唯一の証拠だと言われる事になった。

○陛下は韓国にも寛大だから怒りもしないだろうが、
ここに至っては本気で制裁か国交断絶を検討するべきだ。

○万万万が一、謝罪をしたら
今度は賠償をと言い出す韓国。
兎に角、被害者になって大声で泣き喚けば金になると思っている。
その常識は韓国内のみの常識で、世界の非常識ですよ。

○第二次世界大戦の戦勝国でさえ
天皇陛下に謝罪を求めなかったのに、
戦勝国ですらない国が謝罪を求めるなんて度が過ぎている。
この期に及んで政治は「遺憾です」で済ますつもりなのか。

○駐韓大使には、日本へ戻ってもらい、
大韓民国の大使には帰ってもらおう。
民間企業も、大韓民国からの引き上げを考えるべき。
それから、今大韓民国から来ている
マナーの悪い礼儀知らずの出来の悪い若者の旅行者にも
即刻出ていってもらおう。

○河野父の時、
「一言謝れば今後二度と言わない」と言われて
見事に罠にかかって謝罪してしまいました。
結果、日本が公式的に認めたと大々的に報道され、
今も日本の足を引っ張ている、外交の失敗をしてしまいました。
まさか、その失敗を忘れたわけでは無いですよね

○何で文政権とそれに近しい人は
踏み越えない方が良いラインを軽々越えてくるのですかね。

○天皇陛下にも世襲で責任を求めるか・・・。
この分では次の世代の陛下にも謝罪を求めるだろうな。
まず昭和天皇を戦争犯罪者と言ってしまっているし、
現天皇陛下をその息子とか・・・。
私は天皇陛下が神様だとかいう極端な右翼ではないけど、
これはかなり腹が立つなぁ。

○戦争は既に終わって70年。
時代錯誤にもほどがある。
時代が時代ならこの国会議長はただでは済まないだろうな・・。

○酷い話ですね。
嘘で作られた売春婦の話で、
天皇陛下に謝れとは、無礼千万。
元々解決させるつもりが無く、
嫌がらせを続けるつもりだということを、みんな学習しました。
ブルームバーグも、
日韓関係を悪くしようと思って記事にしているのでしょうが、
気分が悪くなる内容です。

○あかん、これは絶対に許せない発言。
言っていい事とダメな事が分からない国と交流する必要はない。

○自分は天皇絶対賛成ではないのですが、
これはあまりにも無礼。
天皇を政治的利用する事自体も問題なのに!?

○最悪のタイミングで最悪な選択をする、
この自称先進国はいつの時代にも変わらないですね。
変わらなきゃいけないのは日本、
生温い対応をしてる政府が悪い。

○日本人はもう騙されません。
韓国はいい加減にしないと取り返しがつかないことになりますよ。
個人的にはとことんやって消滅すればいいと思っていますが…

○嫌韓ではなかったけど、
今年になってからは少なくとも関わらない方が良い国との認識になった。
どちらが良い悪いとは別として、
両国の為になんて
例え天皇陛下が謝罪したとしても半年後には元通りに
慰安婦・謝罪・賠償なんて騒いでいそうだと思う。

○日本がまた侵略するなんて思い込んでいるようだけど、
今の日本人は侵略どころか
一切かかわりたくないと思っているから
心配しないでほしいな。

○レッドラインを超えた
これほどの屈辱的発言に対し
また遺憾だけですませるのならば
政権や自民党に明日はない

○絶対に言ってはいけない発言。
これは大問題だと思います。
陛下が謝るなんてありえない。

○日本国民のほぼ100%を敵回す発言。
無慈悲な制裁を覚悟をしなければならないでしょう。
政府も政治家もそれなりの覚悟が必要です。

○あぁー・・・越えちゃいけない一線越えたな。
一気に嫌悪感を煽りにきた感じ。

○とうとう日本人の中で最も触れてはいけないところに来たね。
天皇陛下が謝る必要はないし、謝るべき筋合いもない。
謝ったところで、味をしめてお代わりが
これ以後ずっと続くのも間違いないだろう。
超汚染塵は嘘つきで恥知らず。

○一議員の突飛な意見と言えばそれまでだが、
ここまで反日的事象が続くと、
よほど韓国民に知られてはまずいことが
韓国内で進んでるんだろうなと思う。

○これで日韓関係は完全に終わった。
あとは粛々と関係清算の手続きを進めて
年内の日韓断交を実現してほしい。

○謝罪すれば解決すると言って、
何度も捏造された事案に謝罪させられてきた。
仮に韓国国会議長の重大な侮辱発言通りになったとしても、
後年また手を変えて同じことを言う。
健全な日本を貶める朝日新聞の大罪は、あまりに、あまりに重い。

○この発言には怒りを越えた表現できない気持ちでいっぱいです。
韓国はついに越えてはならない一線を越えてきました。
韓国への感情が嫌悪感以上の物になりました。
制裁と断交をお願いします。
もう見たくもありません。

○これは本当に一線を超えた感じがする。
日本が本気を出すときがきたな。安倍さんほんまに制裁頼む

○越えてはいけないラインを越えましたね。
これで消極的嫌韓派も制裁に賛成するでしょう。

○絶対に日本人には言ってはいけないことを言ってしまったね。
遺憾じゃ済まなくなりました。


発言の一つ一つに
日本人の怒りがふつふつと表われている。
この怒りが大きな奔流になったら・・・






AutoPage最新お知らせ