??米朝首脳会談??  政治関係

???
何ですか、今日の米朝首脳会談
拡大会議の途中で、
予定が急遽変更され、
昼食会も中止、
共同声明の署名式も見送られた。

要するに、
「合意に至らなかった」のだ。

トランプ大統領の記者会見によれば、
「北朝鮮は制裁の完全な解除を求めたが、
われわれはそれには応じられなかった」
と述べ、
北朝鮮が制裁の完全な解除(!)を要求してきたことを明らかにした。

「緩和」ではなく、「解除」。
しかも「完全な」付き。

それだけの要求をする以上、
北朝鮮が「核廃棄に向けて、これだけのことをする」
と言ったのだと思うが、
トランプ大統領によれば、
金委員長がニョンビョンの核施設については
廃棄する意思を示したものの、
アメリカはニョンビョンの施設に加えて、
ウラン濃縮施設を含むほかの核施設の廃棄を要求し、
折り合えなかったのだという。

そりゃそうだ。
アメリカの求める核廃棄とは、
「永久的で、検証可能で、不可逆的な全破壊兵器の廃棄」
なのだから。
小出しの戦略にトランプが乗らなくてよかった。

トランプは、
「制裁は今後も維持する」と言っている。

事実上の物別れ
準備されていた合意文書に署名することなく
それぞれ首脳会談場から宿泊先に戻った。

最初からトランプ大統領と金委員長の間にはすきま風が吹いていた。
両者、なかなか目を合わせない。

クリックすると元のサイズで表示します

トランプ大統領は
「キム・ジョンウン委員長との関係は良好だ」
と強調し、
引き続き、交渉を進めていきたいという考えを示した。
ただし、次の会談は未定だという。

しかし、不思議なのは、
普通、首脳会談というのは、
それ以前に実務者ですり合わせて結論を出しており、
会談は儀式に過ぎない、
というのが常識。
以前からポンペオ国務長官が乗り込んで散々議論をし、
ハノイにも先乗りして準備したというのに、
なぜこうなったか。

ポンペオ氏は
「私はより多くのことを求めたが、
金委員長は準備ができていなかった。
長い時間がかかると思う」
と述べた。

だったら、会談を延期するという選択肢もあったはず。
金委員長など、
60時間もかけて陸路でやって来たのだ。
この結果で満足のはずはない。

あるいは功を焦っているトランプなら、
無理な要求も通るとでも思ったのか。

実務者同士では細かいことを詰めず、
トップ同士の判断に丸投げする方式だった、
という説もあるが、
これほど危険な首脳会談はあるまい。

ただ、気になるのは、
今後に期待、とする点で、
やけに「楽観視している」と強調したことだ。
その根拠は何か。

トランプ氏は
「金正恩委員長と非常に生産的な時間を共に過ごした。
金委員長、北朝鮮とよい友人の関係を維持する」
と話した。
「北朝鮮には潜在力があり、
経済大国になるだろう」
とも持ち上げた。
あの国が経済大国に?
無理無理。

帰国したトランプには、
成果に対する批判が待っている。
それでも、安易な妥協をしなかった点は評価できる。

それにしても、金正恩の頭の中は分からない。
今アメリカの進攻なしの約束を取り付けた上で
譲歩すれば、
アメリカはじめ各国が経済援助して、
国が豊かになる、
その絶好の売り時で、
拉致問題も、今返せば、
日本から莫大な経済支援を引き出せるのに。

やはり、本当は馬鹿なのか。

会場のホテルを後にする金氏は、
不機嫌な仏頂面をしていた。
これから60時間の手ぶらで帰る旅は、
気の重いものになるに違いない。
それとも、
また中国の飛行機で帰るのか。

その後、北朝鮮側が韓国など一部メディアを対象に開いた記者会見で、
「我々が要求したのは全面的な制裁の解除ではなく、一部の解除だった」
と主張、
トランプが合意をまとめられなかった理由としてあげた
正恩氏の経済制裁の全面解除要求は事実でなかったとあかした。
「国連制裁決議の計11件のうち
2016年から17年までに採択された5件で、
民間経済と人民の生活に支障を与える項目」
について、まず解除を求めたとのこと。

おやおや「藪の中」になってきましたな。

韓国の文政権は、
今回の首脳会談で
経済協力事業である開城工業団地の再稼働や
金剛山観光事業の再開、
更に朝鮮戦争の「終戦宣言」までも期待し、
制裁の事実上の緩和を目論んでいたようで、
それも雲散霧消した。

しかし、金委員長、
制裁の解除を求めたことで、
制裁がいかに効いているかを露呈してしまった。


クマのプーさん展  身辺雑記

渋谷に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

Bunkamuraの

クリックすると元のサイズで表示します

ザ・ミュージアムで、

クリックすると元のサイズで表示します

「クマのプーさん展」を観て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今更紹介するまでもありませんが、
「クマのプーさん」は、
1926年に英国の作家、
A.A.ミルン
によって書かれた児童文学です。
挿絵を描いたのはE.H.シェパード
文章と挿絵が一体となっています。
ちなみに、二人のフルネームは、
アラン・アレキサンダー・ミルンと
アーネスト・ハワード・シェパード。

「ぼくたちがとてもちいさかったころ」の出版に先立ち、
そのうちの数編が雑誌「パンチ」に掲載されたとき、
シェパードが挿絵画家として抜擢されることになりました。
ミルン自身はもっと名のある画家に頼みたいと思っていたため、
当初はこの決定に不満を持っていましたが、
出来上がった挿絵を見て、
自分の作品に挿絵を描くのは
シェパードをおいて他にないと確信したといいます。

今回の展覧会は、
シェパードがロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に寄贈した
270点以上にもおよぶ原画や資料を中心にして企画された
初めての「クマのプーさん展」です。
(以前、デパートで似たような展示会はされたことがあります)
母国イギリス(ロンドン)とアメリカ(アトランタ、ボストン)を巡回し、
日本にやってきました。

入り口の展示。
ここは撮影が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

というか、エリアによって撮影可能な場所があり、
↓のような表示があります。

クリックすると元のサイズで表示します

これが撮影OKの白線。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは撮影不可の表示。

クリックすると元のサイズで表示します

そういうわけで、
こういう写真が撮れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中でも嬉しいのが、これ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

本の中の1シーン。

クリックすると元のサイズで表示します

これがこんな形で観れるとは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

展示は、シェパードの原画スケッチが主です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓がスケッチ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓が本になったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

「クマのプーさん」(原題: Winnie-the-Pooh)は、
クマのぬいぐるみでハチミツ好きの「プー」と、
森の仲間たちとの日常が10のエピソードによって描かれています。

1928年には同様の構成をもつ続編「プー横丁にたった家」も発表されました。

プーさんのシリーズはこの二つの物語集と、
その前後に発表された二つの童謡集
「ぼくたちがとてもちいさかったころ」「ぼくたちは六歳」の
計4冊からなっています。

↓日本では、石井桃子さんの訳が有名。

クリックすると元のサイズで表示します

↓はロンドンのハロッズで買い求めたペーパーバック版。

クリックすると元のサイズで表示します

ミルンはこの作品を
自身の息子クリストファー・ロビン・ミルンが持っていた
テディ・ベアから着想しました。
そして、息子の持っている
ぬいぐるみたちを登場させる物語を作り上げたのです。
子豚のピグレット、
カンガルー親子のカンガとルー、
ロバのイーヨー、
子トラのティガーなどなど。

そのぬいぐるみたち↓。

クリックすると元のサイズで表示します

プーの印象だけ違いますが、
「クマのプーさん」出版の際に、
シェパードはミルンの家に招かれ、
キャラクターのモデルとなったぬいぐるみたちを
様々な角度から丁寧にスケッチして挿絵の準備をしましたが、
プーだけは、ミルン家のテディベアのスケッチも取ったものの、
結局描きなれていた自分の息子グレアム所有の
よりずんぐりした体型のテディベアのほうをモデルにして
描くことになったのです。

1960年代からはディズニーによって
一連のくまのプーさんシリーズのアニメーションが作られ、
原作の知名度に大きく貢献しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニー版では「Winnie the Pooh」とハイフンが脱落した表記が使われており、
日本では「くまのプーさん」の表記が
作品・キャラクター双方で用いられています。

ぬいぐるみ以外にも、
モデルとなった重要人物がいます。
それがクリストファー・ロビン
↓がミルンと息子。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、童話の中に実名で登場したのですから、
その影響は大きく、

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、この可愛らしい容貌。

クリックすると元のサイズで表示します

世界中からファンレターが舞い込み、
様々な行事に招待され、
レコードも吹き込むなど、
プライバシーもなくなってしまいました。
愛していた保母と切り離されるなど、
心の傷も大きかったようです。

ミルンが児童文学との訣別を宣言したのは、
一つには新たな分野に挑戦し続けたいという冒険心であり、
一つには息子クリストファーのプライバシーが
マスコミによって侵害されはじめたことに
危惧を抱いたためであったといわれています。

プーさんは作者のミルンと息子クリストファーの
以後の人生に暗い影を落とすことにもなりました。

ミルンは児童文学との決別を宣言して以降、
大人向けの戯曲や様々なジャンルの小説を手がけていきますが、
「プー」シリーズに匹敵するような成功を収めることは二度となく、
その後半生は失意の連続でした。
1955年にミルンが死去すると、
いくつもの長い追悼文が発表されましたが、
「プーさん」以外の業績を中心にして彼を讃えたのは
古巣の「パンチ」一誌のみでした。

息子クリストファーは、
大学時代に苛めに遭ったり、
兵役についたりした後、
父と同じようにユーモア作家を目指して
雑誌に持ち込んだりしたものの
ほとんど断られ、
就職した家具買い付けの見習いもすぐに解雇されてしまうなど、
実社会において苦労と挫折を重ねていくことになり、
そうした経験を積むうちに、
次第に父に対する嫉妬や怒りを感じるようになっていきます。

クリストファーは両親の反対を押し切って、
親戚の娘と結婚し、
書店の経営を始めて自立しますが、
ミルンとクリストファーとは
ミルンの死まで絶縁状態が続きました。
4冊の本の巨額の印税を一切受け取らなかったといいます。

クリストファーが父との精神的な和解を果たしたのは、
1974年に出版された自伝執筆を通してで、
後年のクリストファーは、父の記念碑の除幕式など、
「プー」関連のさまざまな企画に参加しています。
その後も、彼は執筆活動を続け、
1996年に75歳でその生涯の幕を閉じています。

などということは、
この展覧会では紹介されていません。

子供時代の苦悩を描いたのが
映画「グッバイ・クリストファー・ロビン」(2017)で、
これは、日本では劇場公開されず、
DVDのみの発売だけでした。
私は幸運にも、
機内映画で観ることが出来ました。

現在、GYAO!ストアで視聴することが出来ます。


なお、私が「クマのプーさん」と出会ったのは、
高校時代で、
すぐ魂を奪われました。
前にも書きましたが、
大学受験の当日、
お守りとして服の中に忍ばせたほどです。
当時の愛読書は、
「クマのプーさん」と
「星の王子さま」と
「風に乗ってきたメアリー・ポピンズ」でした。

ハンドルネームとして「浦安のプーさん」を使っています。
体形的にも似ています。
ただ、自分で「プーさん」と呼ぶのは平気ですが、
他人から「プーさん」と呼ばれると、ムッとするのが複雑なところ。

↓はおみやげコーナーで売っていたものの一つ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓購入したパンフレット。税抜き2700円。

クリックすると元のサイズで表示します

「クマのプーさん展」は、
4月14日まで、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム

4月27日〜6月30日
大阪のあべのハルカス美術館で。


プーさんよ永遠に。

クリックすると元のサイズで表示します



アカデミー賞授賞式  映画関係

今日は、待ちに待ったアカデミー賞の授賞式

クリックすると元のサイズで表示します

今年はいつもと違い、
司会者のおしゃべりではなく、
クイーンのパフォーマンスで開始。

クリックすると元のサイズで表示します

次に登場した3人組は、

クリックすると元のサイズで表示します

助演女優賞のプレゼンター。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、今回の授賞式には、司会がいないことが告げられます。
というのは、司会に予定していたケヴィン・ハートが
過去のツイートで差別的発言をしていたことが問題視され、辞退。

クリックすると元のサイズで表示します

それのみならず、他の問題点も指摘します。
「人気映画部門」の新設などが提案されて却下。
ネットで投票でも募るつもりだったのでしょうか。
いくつかの部門の授賞を
コマーシャルの間に実施する、という案もあり、これも却下。

アカデミー賞のいいところは、
目立つ部門、地味な部門も平等に扱うところ。
日本アカデミー賞やトニー賞のように、
放送前に部門賞の授賞を済ませてしまうのもありますが、
やはり、部門の軽視と言えるでしょう。
それにしても、
撮影賞、編集賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、短編実写賞
が対象だったなんて、どうやって選んだのでしょうか。

で、助演女優賞は、大方の予想どおり、
「ビール・ストリートの恋人たち」レジーナ・キングに。

クリックすると元のサイズで表示します

司会者なしの進行は意外とスムーズ。
司会者が個性を発揮しようとして、
あれこれ奇抜なことをするよりいいかもしれません。
淡々とした進行は、そのうち飽きるかもしれませんが。

唯一お遊び的なのは、
衣裳デザイン賞のプレゼンターとして登場した
メリッサ・マッカーシーのこのドレス↓。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影賞「ROMA/ローマ」アルフォンソ・キュアロン
監督自ら撮影したのが新鮮だったか。

クリックすると元のサイズで表示します

主題歌賞の歌唱は、まず
「RBG 最強の85才」から

クリックすると元のサイズで表示します

「I'll Fight」
ジェニファー・ハドソンが歌います。

クリックすると元のサイズで表示します

再びアルフォンソ・キュアロン
今度は、外国語映画賞で。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーチの中で、若い時観た映画として、
黒澤明監督の「羅生門」について触れていました。

外国語映画賞にノミネートされた「万引き家族」は受賞せず。
長編アニメーション部門にノミネートの
「未来のミライ」も受賞を逃しました。

このセット↓は、

クリックすると元のサイズで表示します

後半で変るかと思えば、そのまま。
ただ、奥が変化します。

もう一つのお遊びらしきものは、
主題歌賞の紹介で、
空から登場したキーガン=マイケル・キー。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、映画は「メリー・ポピンズ リターンズ」

クリックすると元のサイズで表示します

「The Place Where Lost Things Go」を歌うのは、
ベット・ミドラー

クリックすると元のサイズで表示します

助演男優賞は「グリーン・ブック」マハーシャラ・アリ

クリックすると元のサイズで表示します

2年前に「ムーンライト」で受賞したばかりの2回目です。

建設中のアカデミー映画博物館が紹介されました。

クリックすると元のサイズで表示します

ロスに行ったら、ここに行かねばなりませんね。

3曲目の主題歌賞は
「バスターのバラード」から

クリックすると元のサイズで表示します

「When A Cowboy Trades His Spurs For Wings」
歌うのは、ジュリアン・ウェルチデヴィッド・ローリングス

クリックすると元のサイズで表示します

「バスターのバラード」は、Netflixで観ることが出来ます。
コーエン兄弟による、ちょっと風変わりな西部劇。

短編ドキュメンタリー賞を受賞した
「ピリオド─羽ばたく女性たち─」
Netflixで観ることが出来ます。
こちらは、インド映画「パッドマン」と同じ題材。

意外だったのは、視覚効果賞で、
CG全盛の中で、
ミニチュアを使った「特撮」の「ファースト・マン」が獲得。
一石を投じた感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

次の主題歌賞は、
ピアノの設置から始まって、

クリックすると元のサイズで表示します

カメラが客席を向くと、

クリックすると元のサイズで表示します

レディ・ガガブラッドリー・クーパーが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

「アリー/スター誕生」から「Shallow」を歌います。

クリックすると元のサイズで表示します

グラミー賞の時はガガ一人でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

今日は二人でデュエット。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、この映像、
1カメ1カット

クリックすると元のサイズで表示します

この二人、本当にできているんじゃないか、とさえ思えます。
ガガのつけたネックレスは、
ティファニー所蔵で、30億円だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

その甲斐あって、主題歌賞を受賞

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、4人の共作だったとは。

ガガのスピーチ。

「家のソファに座って観ている皆さん、どうか聞いてほしい。
この賞をもらうまで必死に努力してきた。
何よりも大切なのは、
勝つことではなく、絶対にあきらめないこと。
夢をあきらめないで、
情熱を失わずに戦い続けて。
何度試練が降りかかっても、
打ちのめされても、
その度に勇気を出して、
立ち上がるのよ」

物故者の追悼は、
ジョン・ウィリアムズ作曲の「The Journey Home」
創立100年のロサンゼルス・フィルの演奏で。

クリックすると元のサイズで表示します

橋本忍高畑勲監督の姿も。

クリックすると元のサイズで表示します

バーブラ・ストライサンドも登場。

クリックすると元のサイズで表示します

主演男優賞は<「ボヘミアン・ラプソディ」ラミ・マレックに。

クリックすると元のサイズで表示します

主演女優賞「女王陛下のお気に入り」オリヴィア・コールマン

クリックすると元のサイズで表示します

別人です。

クリックすると元のサイズで表示します

グレン・クローズが大本命と言われていましたので、
本人も意外だったのか、
大変な喜びよう。

客席の共演者エマ・ストーンも嬉しそう。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、グレン・クローズは7回目の候補をまた逃しました。

監督賞アルフォンソ・キュアロンが3度目の登壇。
同じ写真を使っても分かりません。
これで作品賞を取れば、4回になります。

クリックすると元のサイズで表示します

監督賞の候補は5人のうち、
メキシコ、ギリシャ、ポーランドと3人が外国人

しかし、メキシコ人監督、強し
2013年、「ゼロ・グラビティ」で、アルフォンソ・キュアロン、
2014年「バードマン」、2015年「レヴェナント」で、
2年連続アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、
2017年「シェイプ・オブ・ウォーター」で、ギレルモ・デル・トロ、
そして、2018年、「ROMA/ローマ」で再びキュアロンと、
6年間で5回メキシコ人監督
監督賞を取っています。
メキシコ、恐るべし。

作品賞のプレゼンターは、

クリックすると元のサイズで表示します

ジュリア・ロバーツ

クリックすると元のサイズで表示します

そして、作品賞「グリーン・ブック」

クリックすると元のサイズで表示します

日本での公開は3月1日。
絶妙な公開日で、
配給会社は大喜びでしょう。

本命「ROMA/ローマ」は、
やはりNetflix作品だからでしょうか、
敬遠されたようです。
なにしろ、劇場で上映されない、
パソコンやスマホでしか観れない映画。
(日本では昨年12月から配信)
資格を満たすために、
一定期間映画館で上映されたのみ。
映画館からは反対運動も出たようです。

しかし、この企画にハリウッドのプロデューサーは「地味過ぎる」と応じず、
興行成績に関係のないNetflixのみが制作に応じた、というのですから、
仕方ありません。

今後の映画産業の行く末に影響するのは、確かです。

司会者のいない今回、
どうやって締めくくるのかと思ったら、
ジュリア・ロバーツがまとめました。

クリックすると元のサイズで表示します

作品賞候補8作品のノミネート数と受賞数は、次のとおり。

ROMA/ローマ  10部門ノミネート → 3部門受賞
女王陛下のお気に入り 9部門10ノミネート→1部門受賞
アリー/スター誕生 8部門ノミネート → 1部門受賞
バイス          8部門ノミネート → 1部門受賞
ブラックパンサー   7部門ノミネート → 3部門受賞
ブラック・クランズマン6部門ノミネート → 1部門受賞
グリーンブック     5部門ノミネート → 3部門受賞
ボヘミアン・ラプソディ5部門ノミネート → 4部門受賞


タグ: 映画

『The King and I』  ミュージカル関係

今日は昼過ぎに娘と一緒に日比谷に出掛け、
ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

中のTOHOシネマズで、

クリックすると元のサイズで表示します

これ↓を観るためです。

クリックすると元のサイズで表示します

2015年の19年ぶりリバイバルのブロードウェイ版に続き、
昨年7月から3カ月間、ロンドンのウエストエンドで上演された
渡辺謙さん主演の
「The King and I 王様と私」ビューイング

ブロードウェイ版と同じ
バートレット・シャー演出で、
ケリー・オハラルーシー・アン・マイルズも出演。
二人はこの作品で、
それぞれトニー賞の主演女優賞と助演女優賞を受賞。

1951年初演の
オスカー・ハマースタイン二世
リチャード・ロジャースの名コンビによる
古典的名作。

過去のブログでの
ロジャースとハマースタインについては、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160825/archive

このビューイングは、
2月22・23・24日だけの限定上映
6回上映の最終回です。
チケットオープンと同時にサイトに入り、
まだ誰も取っていない中、
プレミアシートの一つ後の列のど真ん中という
ベストの席を確保しました。
後で完売に。

謙さんは風格ある王様。
フロデューサーが「ここに王様がいる」とオファーしたのもうなずけます。
その上、チャーミングユーモラス
王様を生き生きと演じます。
トニー賞主演男優賞ノミネートも納得です。

クリックすると元のサイズで表示します

ケニー・オハラとの息もぴったり。

クリックすると元のサイズで表示します

大沢たかおが重要な役で出演。

クリックすると元のサイズで表示します

なんといっても、見せ場は「シャル・ウィ・ダンス」。

クリックすると元のサイズで表示します

劇中劇「アンクル・トムの小屋」。

クリックすると元のサイズで表示します

クレジットに「ジェローム・ロビンスの振り付けをベースにした」
と表記されていました。

ロジャースの曲は、どれも明るく、楽しく、覚えやすい。
シャーの演出はスムーズで、
王様やアンナの心情を深く表現。

良いものを観た、
良い午後を過ごせた、
と幸福感に満ちて帰途に付きました。


ロンドン版予告編↓

https://youtu.be/XMVPVoYS11A

ハイライトシーン↓

https://youtu.be/mENjuZVmpPM

別のヴァージョン↓

https://youtu.be/Zy4PPoOeQhA


日本にも凱旋公演が予定され、
7月11日から8月4日まで
東急シアターオーブにて、
イギリスカンパニーの来日公演。

映画「王様と私」については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20161213/archive



映画『アクアマン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「DCコミックス」の「アクアマン」の実写映画。
アメリカン・コミックスが苦手の私でも面白く観られた。

1985年、メイン州のアムネスティ湾の灯台守、トム・カリーは
海岸に打ち上げられた
海底国アトランティスから逃亡した女王アトランナを助ける。
二人は愛し合う仲となり、
アーサー・カリーが誕生する。
数年後、アトランナはアトランティスの追手に捕まり連れ戻される。
残されたアーサーはトムに育てられる。
この発端から
子供時代のアーサーが苛めにあった時の水族館の魚の反応、
長じて海賊から潜水艦を守る勇姿を見せ、
「アクアマン」のタイトルが出るまでで、
観客の心をしっかり掴んでしまう。

なにしろ、人間であると同時に海底人であるのだから、
水陸両棲で、水棲生物とテレパシーで意思疎通し、
時速160キロで泳ぎ、音波による探査能力も有し、
怪力と耐久力を持ち、
銃弾を跳ね返し、
海賊たちから潜水艦を助け出す。

海底人と地上人の両面を持つ存在、
しかも海底王国の王の血筋を引く者、
時が時であれば、王になるかもしれぬ男・・・
何というロマンあふれる設定か。
その一方で、地上人と海底人の間での
ハーフとしてのアイデンティティに悩むのだ。
(この設定は原作とは違うが、映画に奥行きを与えた改変)

海底王国ではアーサーの異父弟の王オームが、
隣国ゼベルの王ネレウスと同盟を組み、
地上人に戦争を仕掛けることを決意する。
そして海底すべての軍事力を動員するために、
海底の七つの国の半数の王に認められた
「海の覇王(オーシャンマスター)」になろうとしていた。

ネレウスの娘である王女メラは、
オームの暴走を止めるには
アトランティス王の血を引くアーサーが
王になるしかないと助けを求めに来る。
メラに連れられてアトランティスに訪れたアーサーを迎えたのは、
アーサーに戦闘の技術を仕込んだバルコだった。
バルコは、アーサーが王になるためには、
初代アトランティス王が持っていた
伝説の矛・トライデントが必要だと説明する。
こうして、トライデントを得るためのアーサーの冒険の旅が始まる。

クリックすると元のサイズで表示します

王家の血筋の若者が
艱難辛苦の末に資格を取得し、王位につく
という、伝統的な王位継承物語
海を舞台に展開するというのがミソ。
その水中の造形が素晴らしい。
どうしたらこんな光景を作り上げることが出来るのか、
と驚く映像が次々に現れ、視覚を楽しませてくれる。
俳優の髪は水の流れによって、常にゆらゆらと揺れる。
それだけでなく、
海中でのアクションが半端ない華麗さで描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は「ソウ」などのジェームズ・ワン
この監督の頭の中を覗いてみたい。
特にシチリアでのバトルのカメラワークが出色。

アーサーを演ずるジェイソン・モモアが、
これぞ「ザ・ネプチューン」(ポセイドン)という感じでぴったり。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイ州のホノルルで生まれで、アイオワ州で育ち、
ハワイ州の先住民族、ドイツ系、アイルランド系、
アメリカ州の先住民族の血をひくというから、
ぴったりの役柄だ。
ニコール・キッドマンの登場も嬉しい。(若い!)

クリックすると元のサイズで表示します

パトリック・ウィルソンが仇役オームを好演。

新たな視覚効果の地平を開いてくれた作品だ。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/X5nHpJRwANY

映画の魅力を余すところなく伝える特別映像は、↓をクリック。

https://youtu.be/dHoX-6n_avA

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ