映画『ボヘミアン・ラプソディ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの4人組ロックバンド、クイーン (Queen)の
始まりからほぼ終焉までを綴る伝記映画。

クリックすると元のサイズで表示します

中でもボーカルのフレディ・マーキュリーの半生に焦点を当てる。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、私はクイーンとは接点がない。
1973年のデビューの時、私は26歳で、
「ボヘミアン・ラプソディ」発表時の1975年には28歳。
まさに適齢期で、
年齢的に拒絶したわけではなく、
その頃、私の人生の中で
修道院のような世間と隔絶した生活をしていた時期で、
その関係で接触がなかったものと思われる。
知っている曲といえば、
「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と「伝説のチャンピオン」の2曲だけ。
他にミュージカルの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を観ている。

で、この映画も縁のないものと観ないつもりだったが、
あまりの評判の良さに観ることになった。

クイーンについては知識はほぼ皆無。
4人組だということさえ知らなかった。

で、始めの30分間くらいは着いていけなかった。
音楽が好みのものでなく、
文化的に受け入れられなかったのだ。
しかし、3分の1くらい過ぎた頃から
心を掴まれた
フレディの歌う楽曲が「魂の叫び」と感じられて来たからだ。
まさしく音楽の持つ力が、
私の中の何かを呼び覚ました。

曲が生まれる瞬間に立ち会い、
様々なテクニックで音楽が厚みを帯びる過程を見、
観客の前で歌われる時の相乗効果。
まさにライブの音楽が持つダイナミズムの心地よさ。

音楽事務所との軋轢、
特に、長すぎる「ボヘミアン・ラプソディ」を巡る争い。
それもラジオ番組で直接かけることによって克服する。
恋人メアリー・オースティンとの愛が友情に変わっていく過程、
ジム・ハットンとの出会いと交じわり。
(映画では描いていないが、
 彼はフレディからうつされたと思われる自身のHIV感染を、
 本人に知られぬよう最後まで口外しなかった。
 ハットンは2010年に死去。)
音楽以外のスキャンダルばかり質問するマスコミへの苛立ち、
人気の爆発の中でのフレディの孤独

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ソロ活動を巡るメンバーとの破局と、
挫折の後のメンバー(ファミリー)との和解
HIV感染の告白。
ライブ・エイドへの出演。

必ずしも史実そのままではないようだが、
突出した才能の持ち主とメンバーとの相剋という、
普遍的なテーマがうまく描かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

その頂点としてのライブ・エイドでのライブのシーンの素晴らしさ。
胸がつまった。
スタジアムの俯瞰撮影からカメラが下降し、
観客の上を飛翔してステージに至る表現の華麗さ。
「ウィ・アー・ザ・チャンピオン」の歌声を口にする観客の手の動き。
「ママ、人を殺しちまったよ」と歌い上げるフレディの絶唱。
エルトン・ジョンが悔やしがったという
観客の心を掴んだ21分間の圧倒的なパフォーマンス。
音楽というものが
ドラマを盛り上げ、精神を昇華させる。
観終えて虚脱状態になるような
素晴らしい音楽映画が誕生した。

フレディを演ずるラミ・マレックが本人出演と思うほど
そっくりな入魂の演技。

クリックすると元のサイズで表示します

監督はブライアン・シンガー
映画には元メンバーが音楽プロデューサーとして参加し、
フレディ自身の歌声の音源を使用して28曲が歌われる。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/ujDil739dEc

拡大上映中。


なお、「ボヘミアン・ラプソディ」は1975年10月31に発表した
フレディ・マーキュリー作の楽曲。

ボヘミアンは、元々ボヘミア地方(現チェコ)に住む人々のことだが、
ボヘミアニズムに転じて、自由奔放な生活を追究することを指す。
伝統的な暮らしや習慣にこだわらない
自由奔放な生活をしている芸術家気質の若者をボヘミアンないしはボエームと呼ぶ。
(プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」は
 そうした生活を送る詩人や画家や音楽家を描いた作品)

ラプソディとは、「狂詩曲」(きょうしきょく)と呼ばれ、
自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲のこと。
異なる曲調をメドレーのようにつなげたり、
既成のメロディを引用したりすることが多い。
リストが作曲した「ハンガリー狂詩曲」が有名。

「ボヘミアン・ラプソディ」を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/kDy5tg_z0ag

対訳で歌詞の意味が分かるのがお薦め。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ