映画『パウロ 愛と赦しの物語』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「新約聖書」を題材とし、
イエスの生涯を扱う映画は沢山ある。
第1弟子ペテロが登場する映画も若干ある。
しかし、パウロを主人公にした映画は珍しい。
私の知る限りでは、初めてではないか。

パウロ(英語名ポール)は、
初期キリスト教の使徒の一人。
ただし、生前のイエスには会っていない。

ユダヤ教徒であったパウロ(ユダヤ名はサウロ)は、
当初熱心なユダヤ教徒の立場からキリスト教徒を迫害していたが、
旅の途上において、
「サウロ、サウロ、なぜ、わたしを迫害するのか」と、
天からの光とともにイエス・キリストの声を聞き、
回心してキリスト教徒となった。

イエスの福音はすべての人に無差別に伝えられたものだとして、
異邦人(ユダヤ人以外の民族)の伝道を重視し、
古代ギリシア・ローマ一帯の宣教に熱心に取り組んで、
キリスト教発展の基礎を作った。
スペインにまで伝道旅行をしたとの伝承もある。

パウロはローマ市民であり、
ギリシア語とヘブライ語を話すことが出来、
各地の信徒たちを励ます沢山の手紙を送った。
それらの手紙は霊感によって書かれたものとされ、
「ローマ人への手紙」「コリント人への手紙」など
14篇の「パウロ書簡」が新約聖書の中に収められている。
ただ、そのうち7篇は弟子が書いたものや
後代の筆者によるものという研究もある。

パウロは、イエスの十字架での磔刑を、
神の子として人間の身代わりとなって人間の罪を贖い、
神への信仰によってのみ救いが得られると説いた。

「パウロによってキリスト教は思想となり、
アウグスティヌス(354〜430)によって神学となった」
という説があるとおり、
キリスト教の歴史上、欠かせない人物で、
使徒の中でペテロと並ぶ存在だ。

大変な名文家で、
パウロ書簡の中には素晴らしい金言が多い。
たとえば、

たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても、
もし愛がなければ、わたしは、
やかましい鐘や騒がしい鐃鉢と同じである。
たといまた、わたしに預言をする力があり、
あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、
また、山を移すほどの強い信仰があっても、
もし愛がなければ、わたしは無に等しい。
たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、
また、自分のからだを焼かれるために渡しても、
もし愛がなければ、いっさいは無益である。
愛は寛容であり、愛は情深い。
また、ねたむことをしない。
愛は高ぶらない、誇らない、
不作法をしない、自分の利益を求めない、
いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、
すべてを望み、すべてを耐える。
        (コリント人への第一の手紙 第13章1節〜7節)        

など、キリスト教徒でなくても、
胸がキュンとなるはずである。

この映画は、そのパウロの青年時代ではなく、
老人となったパウロの、死への道を描く。

クリックすると元のサイズで表示します

紀元67年。
皇帝ネロはローマの街を焼き尽くした大火事の原因を、
キリスト教徒の放火と判断し、
その首謀者としてパウロを逮捕し、牢に閉じ込めた。
医師のルカはつてを用いて、
投獄されたパウロに会いに行き、
パウロの言葉を書き記し、人々に伝えようとする。
パウロはかくまわれているキリスト教徒たちに、
暴力ではなく愛をもって戦うことを伝える。
だが血気にはやった彼らは
剣を取ってローマ軍に立ち向かおうとする。
しかし、パウロにも、共に捕らわれたキリスト教徒たちにも
最後の時が近づいていた・・・

ルカ(英語名ルーク)は、
「ルカによる福音書」と「使徒行伝」の筆者だと言われ、
医師であったという伝承がある。
この映画は、その伝承を上手に使って、
物語を作り上げる。
獄舎の長官マウリティウスの娘が瀕死の病となり、
医師ルカにその救済を求める、などという設定は
映画上の創作で、伝承をうまく取り入れている。
また、パウロが回心前の自分が殺めた人々の夢を見て、
うなされるなどという描写も映画上の創作。

パウロは皇帝ネロの弾圧の中で命を落としたとされるが、
詳細は明らかではない。
「使徒行伝」は、前半はペテロ、後半はパウロの行跡を書くが、
パウロの死は触れていない。
作者と言われるルカがパウロの死を知らないはずはないので、
ルカは「使徒行伝」の続編で、
スペインへの伝道とパウロの死について
触れるはずだったのではないか、
との説もある。
なお、ペテロの死については、
外典である「ペテロ行伝」の中で、
ネロの迫害下で逆さ十字架にかけられて殉教したと書かれており、
その場所の上にサンピエトロ寺院は建設されたとされている。
(ピエトロはペテロのローマ読み。英語名はピーター)

この映画は、
ローマで捕らえられた晩年のパウロを
ルカとマウリティウスの視点で捉えた
しっかりした人間ドラマとして作っており、
その中にパウロの思想と
キリスト教の本質を織り込んでいる。
映画の中で奇跡は起こらないし、
宗教的に荘厳な描写があるわけではない。
宗教映画ではあるが、
宗教宣伝映画ではない


その点が大変ユニークで、見どころとなっている。

なお、メル・ギブソン監督の「パッション」でイエス・キリストを演じた
ジム・カヴィーゼルがルカを演じているのは、配役の妙。

クリックすると元のサイズで表示します

パウロを演ずるのは、ジェームズ・フォークナー

クリックすると元のサイズで表示します

監督はアンドリュー・ハイアット

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/238fo5HqQcc

ヒューマントラストシネマ渋谷で上映中。

ネット予約の時は、
席はガラ空きだったが、
現場では、席は埋まっていた。
つまり、ネットでチケットを取らない、
普段映画を観ないような
キリスト教徒の中高年が押し寄せており、
こういう映画も一定の需要はあるようだ。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ