ああ桜田大臣  政治関係

桜田義孝五輪担当大臣の言動が世間で話題になっている。
国会で初歩的な質問に答弁できなかったからだ。

ここで疑問に感ずるのは、
五輪担当大臣に任命されたら、
どうして基本的な学習をしながったか、ということ、
更に、官僚はどうしてちゃんとしたレクチャーをしなかったのか、
ということだ。
国会でどんな質問を受けるかは、
事前に分かっているはず。
質問内容の提示がなくても、
基本的概念は大臣就任から国会答弁までの間に
十分時間があったはず。

よほど学習が嫌いなのか、
それとも、よほど官僚が意地悪したのか。

更に、五輪相と兼務している
サイバーセキュリティ担当大臣としての国会質問で、
「自分でパソコンを使うことはない」
と発言。
USBメモリーなど、
初歩的な知識がないことを露呈したからだ。

これも、就任以来、コンピューターの基礎知識と、
キュリティーについて、
なぜ学習しなかったのか。
また、官僚はレクチャーをしなかったのか、
という疑問が生ずる。

もちろん、パソコンが扱えることが
大臣の必須条件とは思わない。
全体を俯瞰し、適切な指示が出せれば、
それで職務は務まる。
しかし、適切な指示を出すには、
最低限の知識が必要なのも確かだ。

パソコンを使えない、
とはよほどの高齢者かと思って調べたら、
68歳だという。
私より3歳若い。
私の世代がパソコン受容の最高齢帯だとしても、
全く触れたことがない、というのはどうかしている。
事務所では職員がパソコンを使っていたという。
それがなければ仕事が出来ないほど
今では事務の必須アイテムだ。
そういう日常的に使われている物に、
興味も示さず、試してもみないとは、
よほどの好奇心欠如怠慢だろう。

パソコンが爆発的に普及した
1980〜90年代から30年も経っている。
当時彼は40歳そこそこ。

私がある団体に就職した時は、
ワープロの黎明期だった。
まだ5.25 インチのフロッピィディスクを使用している段階で、
内部容量も記憶容量も小さかったが、
こんな便利なものはないと飛びついた。
ワープロが上達する人に3種類あると言われ、
@ピアノ経験者
Aタイプライター経験者
B字のへたな人
のBに該当するのが、私だった。
それから10年ほど経って、パソコンを導入。
経理処理をパソコンで行おうということになったからだ。
続いてネットへの接続。
インターネットとメールが可能になった。
特に、メールの添付資料を送れることから、
いちいち先方に赴く必要がなくなり、便利になった。

そして、我が家にもワープロとパソコンを導入、
今に至る。

新しいもの好きな性格もあって、
事務所にも自宅にも早い時期にどちらも導入した。

何もパソコンの専門知識に詳しくなくてもいい。
インターネットが使えて、
メールが出来れば、パソコンの機能は
最低限活用できる。
あとは、ワードが使えれば、文書を作成できる。
ほとんどのパソコンユーザーは、
上記3点で留まり、
それで十分なのだ。

しかし、桜田大臣は、
それさえ出来ないという。
インターネットをやって便利さを知り、
メールを送って、意志の疎通を促進し、
ワードを使って文書作成もしたこともない。
一体、いつの時代の人なのか。
探究心、好奇心、努力心において欠如しているとしか思えない。
チコちゃんに会ったら、
「ボーっと生きてんじゃねえよ!」
と叱られるだろう。

別に出来ないことをあげつらうつもりはない。
ただ、貴方は国会議員であり、
セキュリティ担当大臣だ。
国会議員は世論の動きに敏感でなければならず、
それにはインターネットは必須ではないか
その上、サイバーテロに対する防御に対して、
国民の先頭に立って邁進する立場ではないか。

秘書たちに文書の作成を任せ、
メールも送らせ、
世間の動向も秘書任せ。
それを怠慢といわずして、何と言おうか。

海外の報道では、よほど驚いたらしく、
ワシントン・ポスト紙は記事で、
「サイバーセキュリティ基本法を練り上げる立場の大臣が
衝撃の発言をした」

と紹介。
「彼が日本のサイバー対策を形づくることになる」
と不安視している。

ニューヨーク・タイムスは、
「コンピューターを使わない人は多い。
そして彼らのほとんどは、
国のサイバーセキュリティーの担当者でもない。
だが、1人いた」
と書いた。

英ガーディアン紙は見出しで「システムエラー」と皮肉った。

世界的に日本のサイバーセキュリティ担当者が
このていたらくだ、と恥をさらしたも同然だ。

そして、ポスト紙の記事は、
「桜田氏のようなハイテク知識の欠如は、
高齢化が進んだ日本では必ずしも珍しくない」
と指摘。
日本国民全体が恥をかかされているのだ。

私は大臣というのは、
その担当分野に対してプロがなるべき、
と日頃思っているが、
このような人物を担当させたことは、
安倍首相の任命責任は問われるべきだろう。
派閥の大臣予備軍を起用したとすれば、
なにをかいわんである。


これについて、ネットの書き込みは厳しい。

○高卒で7期当選。
時代が時代なら大臣に就任したことを祝福し
応援したい経歴ではあるが、
まだ68歳(パソコンが大幅に普及したWindows95 時点で40代半ば)でありながら、
これまでパソコンを使わずにやってきたということは、
よほどの怠け者か頑固者。
こういうキャラが大臣でやって行けたのは昭和までだと思うよ。

○うちのおかんは70前だけど普通にパソコン使いこなしてるよ。
高齢だから無理だとかそういう問題じゃない。
要は仕事で必要だから覚えるだけ。
高齢だからって人間そこまで無能じゃない。
国会議員ならなおさらのこと。
多くの人と仕事をしなければならない人であればあるほど、
メールのやりとりや連絡文書の作成などは必須になるはず。
それを全部秘書にやらせるだけで
自分では一切していないってこと?
だったらこの人は単に努力が足りない。

○大臣に高度な専門知識が必要だという事はないが、
官僚や秘書からの報告をどれだけ素早く理解し、
指示が出せるのか疑問。
実務に優れた人材を登用できる人望のある人だとしても、
報告ごとにいちいち初歩的レクチャーが必要になれば、
素早い対応が求められるサイバーテロ対策を担当する大臣として
不適切ではないのか。
部下の答弁を理解できない大臣が、
果たしてリーダーシップを発揮できるかと言う根本的問題。
確かに質問する側もUSBについて正確に理解していない感じだったが、
それにしても詳しい者に答弁させると発言するなどは、
自分が官僚の操り人形だと言っているようなもの。
良きに計らえと言うだけの国会議員に数千万のコストをかけ、
対外的には日本政府がその分野を軽視しているというメッセージを発してしまった。

○町会議員なら、やれるかもしれないけど、
さすがに国会議員になっちゃいけないレベルの人。
当選させた後援会、地元の人は恥ずかしく思ってほしい。
国会に送りだすなら、もうちょっと優秀な人じゃないと。

○パソコン使う使わないは本人の自由だが、
そういう前提も考えずに
適材適所と簡単に言ってしまうのはいかがなものか、
国益にも関わる問題にもなりかねない。

○いやいや60代は普通に会社で
パソコンが導入された世代でしょう
ワープロから入って
dosから98へmacやwindows への変化を体感して
いまはスマホ持ってるでしょ
しかも役人で現役でパソコン使わないってどんな世界に生きてるの
インターネットも使わないでどうやって情報集めてるのかね

○適材適所という大前提がなく、
派閥の力学だけで適当な人事をしたのが今回あたらめて露呈した。
専門家として仕事をする大前提として、
ある指針では自らの能力を超えた場合は
仕事を拒絶することも必要であるとしている。
自らの専門ではない省庁の大臣であるなら、
引き受けるべきではない。
ましてやPCを触ったことがないような大臣で
サイバー領域の法令を主担当とするなどは
自らの良心で固辞すべきだ。

○五輪大臣だけならPC使わなくても違和感ないが、
サイバーセキュリティー担当となると話は全く違う
なんでサイバーセキュリティーから一番離れた男を
担当にしたのかな
よほど人材不足なんだろな

○歳を経ると新しい事は覚えられないと言う人がいるが、
時間がかかるとか向き不向きはあっても
結局やる気の問題だと思う。
興味を持って根気よく挑戦しようという気持ちが無ければ出来ない。
でも偉くなると人のアドバイスなんて受け入れないから
挑戦してもすぐ投げ出すだろう。

○そもそも何故こういう人が選ばれるのかという所に
目を向けないと
根本的には解決しないでしょ。
結局は総理に都合の良い人選、それだけの事では。
ちゃんと仕事するかなんて二の次。
こんなの小学生が見ても分かるよ、国会議員の皆様。

○まだ68ですよね。
私の周りのそのくらいの年齢はPC使えるかどうかは半々ですね。
使える人は現役の会社人だった頃に
自分で書類も作りネットで調べものしてバリバリやってた人。
使えない人はそういうのを全部部下にやらせて
自分で手を煩わせたことない人。
それでも役職はちゃんとあるんだけどね。
この大臣はこの件に限らず
そういうことは一切自分でやったことないし、
個人的に興味もないってことかな?
でもこういう人はいるよ。
問題はこういう人を担当大臣にした任命者だな。

○仕事をする=考える・判断するって役割の人もいるから、
必ずしもパソコンを使う必要はないとは思うけど、
サイバーセキュリティー担当っていうのはないよね。
専門家である必要はないが、
専門家が報告を上げてきても内容が全く理解できず、
全部任せるってことになるなら、
この人が上に立つ意味なくない?
なんで肩書きだけもらって
報酬をこの人がもらうのか意味わからんもん。

○サイバー法案担当大臣ということで、
パソコンを使えない事が
面白いおかしくニュースになっているようですが、
サイバー法案担当とかに関係なく、
大臣ともあろう者が今どきパソコンも使えないなんて、
本当にダメな話だと思います。
パソコンは下々の者がやればよいわけではありません。
それでは、手書きで文書を書いて
部下のOLにワープロ打ち(清書)させていた時代から
何の進歩もない。
パソコンすら出来ない人物に、いったい何が出来るのか?
本当にバカ内閣だと思います。

○私は桜田氏より少し下ですが
仕事がら覚えないといけなかったから
パソコン教室に通ってまで覚えた。
その前はワープロだったから頭を切り替えるのが大変だった。
自分の息子達を見ていると
幼稚園からパソコン慣れしてるからスピードでは敵わない。
それにしても桜田氏の発言は甘いなと思ったし
こんな人に任せて大丈夫なのか不安になります。
この方が今の日本の高齢者かと思ってしまう
海外からの反応もいやですね。





AutoPage最新お知らせ