映画『レディ・プレイヤー1』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

スティーヴン・スピルバーグ監督が
アーネスト・クラインの小説を映画化した、
仮想ネットワークシステムの謎を巡るSFアドベンチャー。

時は2045年。
環境汚染や気候変動、政治の機能不全により、
世界は荒廃していた。
その現実から逃れるために、
人々はゴーグルを着け、特殊なスーツを身にまとい、
オアシスと呼ばれる仮想ワールドの世界に入り浸っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

創始者である亡きジェームズ・ハリデーの遺言により、
オアシスの中に隠された「宝の卵」を発見した者には、
オアシスの所有権と5000億ドル(56兆円)相当の
ハリデーの遺産が授与されるというゲームが開催されており、
エッグ・ハンター、通称ガンターが
3つの鍵を獲得して卵を手に入れるためのゲームに挑んでいた。

スラム住人の若者ウェイド・ワッツは
ゲームに参加し、奮闘していたが、
オアシスの権利を欲する世界2位の大企業IOI社社長、
ソレントが多数のガンターを送り込んで妨害していた。

ウェイドは女性戦闘士をはじめとするオンライン仲間たちとともに
IOIに立ち向かっていくが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という、私などの年代には、やや実感的に難しいシチュエーション。
オアシスの世界でアバター(分身となるキャラクター)同士が
戦闘したり、協力しあったりするのは、
実際はどうなのか、と???ばかり。
しかし、これを作ったのが、
同じ年代のスピルバーグだというのだから、
負けてはいられない。

VR(バーチャルリアリティ)ゲームのゴーグルは、
随分前に着けたことがあり、
その精密さと仕組みに驚愕した記憶がある。

で、映画はそのVR世界をCGを使って見せてくれる。
理論的には、やや釈然としないものがあるが、
ここは、スピルバーグの策略に乗った方が得、
と沸き起こる疑問を封印して鑑賞。
そしたら、次々と展開する
今まで見たことのない映像による
物語の奔流に身を包まれて、
楽しい時間を過ごすことが出来た。

とにかく全編CGを使った映像で、
驚愕の視覚世界が展開する。
どんな絵コンテを作り、
どんな指示を与え、
どんな技術を使って
これらの映像を具現化したのか、
スピルバーグの頭脳に屈伏した思い。
それほど素晴らしいビジュアルだ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の中には、様々な映画のキャラクターが続々登場する。
「ああ、あれはあの作品」と発見する楽しさ。
スタンリー・キューブリックのある映画など、
重要な謎として登場する。

また、スピルバーグの日本愛を半端ではなく、
日本人キャラクターの名前など、
スピルバーグの尊敬を感じさせる。
映画の中には、日本語のセリフが2度出て来て、
1度目は「ありがとう」。
そして、2度目のセリフはファンなら感涙する内容だ。
(映画館から出る時、若い観客が、このセリフを話題にしていた)
このセリフ、脚本で英語だったものが
撮影時にスピルバーグの指示で
日本語に変更されたのだという。

ある日本映画の超有名キャラクターが登場するシーンでは、
ちゃんとその映画のテーマが流れ、
エンドクレジットでもその旨表記されている。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は見たことのない映像を見せるという
見せ物的要素があるが、
この映画は、その映画ファンの願望を
あますところなく満たしてくれる、CG作品の傑作

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/lT1OMfdz_5Q

なお、主人公のキャラクターのパーシヴァルとは、
ワグナーの最後の作品の
中世スペインを舞台とする
聖杯伝説をめぐる物語「パルジファル」の主人公の名前。

また、「ばらのつぼみ」とは、
オーソン・ウェルズ主演の「市民ケーン」の中に出て来る言葉。
大富豪ケーンが死の間際に「ばらのつぼみ」とつぶやいたことから、
ニュース映画の製作者がその言葉の意味を探って関係者に当たっていく。
結局、「ばらのつぼみ」の謎は解けず、
製作者は「たった一言で人の人生は表せない」
「『バラのつぼみ』は、ジグソーパズルの一片にし過ぎない」
と結論づけるが、
その直後、映画の観客だけが、
「バラのつぼみ」とは、
ケーンの子ども時代に遊んだ雪そりに書かれた文字であることを知る。
そのことが判明した直後、
そりは、ガラクタとして焼却炉に投げ入れられ、
「ばらのつぼみ」という文字は燃え尽きてしまう。

その場面を見たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/fr93wwtiKQM?t=90


なお、日本人役ダイトーを演ずる森崎ウィンは、
ミャンマー生まれ、日本育ちのミャンマー人
今は日本国籍を取得しているから、日本人。
ダンス&ボールユニット、PrizmaX所属の27歳。
オーディションでスピルバーグの眼鏡にかなって、抜擢
既に多数の映画に出演しており、
近く主演作「クジラの島の忘れもの」が公開される。

クリックすると元のサイズで表示します

PrizmaXで歌う姿を見たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/yQOfYUjqlmI



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ