ラオス旅行記B博物館・寺院  旅行関係

観光はこの車で。

クリックすると元のサイズで表示します

最小催行人数8名のところ、
10名の申し込みがあり、
キャンセルが出て、参加者は9名。
このトヨタハイエースは運転席、助手席を除き、
客席が9席なので丁度いい大きさです。

ルアンパバーンは、
ラーンサーン王国(1353〜1975)の首都だった町。
美しいラオスらしい町並と
歴史的、文化的遺跡の保護の立場から
1995年、世界遺産に指定されました。

最初に行ったのが、

クリックすると元のサイズで表示します

国立博物館旧王宮です。

クリックすると元のサイズで表示します

入ってすぐ右にパバーン仏を祀るがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

町のルアンパバーンとは「パバーン仏の都」という意味。

階段の装飾が独特です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フランス植民地時代の1909年に、
シーサワンウォン王と家族の住居として建てられた建物。

クリックすると元のサイズで表示します

↓がシーサワンウォン王の像。

クリックすると元のサイズで表示します

西郷どんみたいですね。

博物館の内部は撮影禁止。

クリックすると元のサイズで表示します

祈祷の間、儀式の間、王の接見の間、謁見の間、
王の書斎、王妃の間、王の間、子供部屋、
食堂、王妃の接見の間、書記官の業務部屋
などに、
御輿や家具、肖像画、諸外国からの贈答品が展示されています。

写真がないかとネットを探しましたが、
内部の写真は見つかりませんでした。

表に出ると、おなじみの光景が。

クリックすると元のサイズで表示します

東南アジアに来たんだ、と思わされます。

クリックすると元のサイズで表示します

隣にあるワット・マイ

クリックすると元のサイズで表示します

1788年に建設が始まり、
完成までに70年を要しました。
正式名称は「ワット・マイ・スワンナプール・アハーン」
意味は、
「美しい(アハーン)黄金の国土(スワンナプール)の
新しい(マイ)寺院(ワット)」。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根は五重に折り重なるルアンパバーン様式

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

黄金のブツダの像が迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ラオスの仏教は、上座部仏教
スリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオスに広まり、
南伝仏教とも呼ばれます。
東アジア、チベット、ベトナムへ伝わった大乗仏教(北伝仏教)とは
異なる歴史経過をたどりました。
小乗仏教と呼ばれることもありますが、
大乗、小乗の区別は不適切とされています。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲を様々な仏像が囲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

壁にも。

クリックすると元のサイズで表示します

独特な作りは、日本の仏像と違います。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、真後ろ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

表の壁。

クリックすると元のサイズで表示します

浮き彫りが見事です。

クリックすると元のサイズで表示します

敷地内の仏像たち。

クリックすると元のサイズで表示します

不思議な造形。

クリックすると元のサイズで表示します

林立する祠。

クリックすると元のサイズで表示します

その中には、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、黄金のブツダ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日、托鉢で見た小僧さんたちが作業をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次に行ったのは、ワット・シェントーン

クリックすると元のサイズで表示します

建立は1560年。
カーン川とメコン川の合流の蛇神を祀るために建てられました。
これもルアンパバーン様式。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

壁の装飾が見事。

クリックすると元のサイズで表示します

中にはまたも、

クリックすると元のサイズで表示します

黄金のブツダ。

クリックすると元のサイズで表示します

このドラは、ガイドさんが両手でこすると、
グワーングワーン鳴ります。
コツがあるのか、他の人がやっても鳴りません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、霊柩車庫

クリックすると元のサイズで表示します

1960年に行われたシーサワンウォン王の葬儀で使われた霊柩車。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

遺体は立ったまま納められたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

裏手にある仏像たち。

クリックすると元のサイズで表示します

このポーズは、「戦をやめよ」ということを意味します。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなところに世界遺産のマークが。

クリックすると元のサイズで表示します

面白い装飾の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

境内の土産物屋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

宮崎駿監督が見たら、何かに使いそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

寺の前はメコン川への階段があり、

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんに断って、
メコン川を触りに下りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下りたら上がらねばなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、このレストランでラオス料理を。

クリックすると元のサイズで表示します

コーラは、このようにストローを差して出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します

この小さな竹で編んだ籠は、ティップ・カオといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

中は蒸したモチ米のご飯。

クリックすると元のサイズで表示します

カオ・ニャオといいます。
これに対して日本のうるち米は、カオ・チャーオ。
「地球の歩き方」には、
「ちょっと高級なレストランでは、
赤米が出てくることも」

と書いてありますから、
高級なレストランだったのかもしれません。

きしめんのようなスープ。

クリックすると元のサイズで表示します

ラオスのソウセージ「サイ・ウア」

クリックすると元のサイズで表示します

ルアンパバーン特産の
川海苔をゴマなどをまぶして揚げた「カイ・ペーン」

クリックすると元のサイズで表示します

次々と出て来る料理を

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小皿に取って食べるのがラオス流。

クリックすると元のサイズで表示します

回転テーブルのない中華料理のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

午後は、クアンシーの滝へ。






AutoPage最新お知らせ