小説『オペレーションZ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

真山仁による経済・政治小説。

日本の借金は1000兆円。
年間100兆円の予算を組んで、
歳入は50兆円しかない。
単純計算で毎年足りない50兆円を
国債でまかなっている。
それらが外国にではなく、
国内の銀行と個人で購入されているから大丈夫、という説がある。
銀行には日本銀行を含む。
年々、借金の額は増加している。
このままでは、いつか国家として破綻してしまう。

政府も国会議員も国民も
その危機は知りながら、誰も本気で取り組もうとはしない。
既得権益の持ち主はそれを手放そうとはしないし、
「借金のツケを子孫に負わせてはならない」
と口ではいいながら、
今の自分が良ければいい
と流されるばかり。

この危機を乗り越えるには、
政治が解決するしかないのだが、
その困難な仕事を引き受ける政治家がいない。

本書では、「猛牛(ブル)」と呼ばれる老政治家、
江島隆盛が総理に就任し、
「非常識で野蛮な革命的財政再建」と称して、
国家財政歳出半減を断行する決意をする。
そのために財務省内で密かに集められた精鋭たちが、
首相官邸に集結して、
「オペレーションZ」と呼ばれる再建策を
進める様を描く。
プロジェクトの名前は、
Z=もう後がない、
の意味だという。

その方針は、
まず支出を半額に抑える。
その一方、増税の方策を探る。
歳出半減と言っても、
実質は半減では済まされない。
歳出100兆円には、
24兆円もの国債費(償還と利払費の合計)が含まれる。
これは借金の返済だから、削減は一切できない。
その24兆円を除いた実質的な歳出予算から50兆円を削減するとなると、
75兆円の支出を25兆円に抑え込むことになる。
歳出で最も大きいのが、社会保障関係費で33兆円。
次は地方交付税交付金で16兆円。
この二つでほぼ総支出の半分を占める。
従って、半減を実現するには、
社会保障関係費と地方交付税交付金をゼロにするしかない。

年金機構は、支給額を自前で賄えなくなっており、
その不足分を一般財源で補っている。
その負担額は、毎年一兆円のペースで増えている。

もし本当に日本が破綻したら、
IMF(国際通貨基金)でも救えないという。
1997年に起きた韓国の通貨危機にIMFは介入したが、
規模が違う。
韓国に対する国際支援プログラムの総額は570億ドル。
それもIMF、世界銀行、アジア開発銀行などが分担したもの。
IMFの資金量は約80兆円弱で、
もし日本が破綻したら、それでは焼け石に水なのだ。

だから、江島は言う。

「日本はもはや絶対絶命の崖っぷちに追い詰められているんです。
しかも、助けてくれる人は誰もいないと思った方がいい。
すなわち自力で打開できなければ、
待っているのは、破滅のみ。
つまり、私たちにはもはや逃げ道はありません。
待ったなしです。
革命的歳出削減は、
絵に描いた餅ではありません。
各人が歳入増と歳出減のために、
必死で知恵を絞って戴きたい。
さらに、これから私が行う大改革の先兵として
命を懸けてほしい」


この江島の意思は、
2001年、国家破綻に陥ったアルゼンチンに赴いた際に見た経験から、
あの惨状を日本に起こさせてはならない、
という思いからだった。

物語は江島と財務省幹部の周防篤志盛田正義
IMFにいた中小路流美らを中心に描かれるが、
途中、財政破綻した北海道晴野市(夕張市がモデル)の実情や
SF作家の桃地実(どう考えても小松左京)らも絡んで来る。

それまで誰も手をつけなかった大改革であり、
社会保障関係費や地方交付税交付金の削減など、
痛みを伴う改革で、
実現性が低い話であるが、
実現しなければ後がない、
としゃにむに立ち向かう官僚たちの姿が目にまぶしい。
当然官僚の抵抗があり、
世論の反発があり、
メディアの攻撃があり、
内部告発がある。
そして、選挙を控えた国会議員の保身がある。

特に、国の行く末を考えずに、
スクープを連発して政府を追い詰める暁光新聞の記者の姿など、
どう考えても国益を損ねる朝日新聞だと思える。
反対勢力は、
「5年後の500万人より今日の二人を救え」
というキャンペーンを張る。

気鋭の学者宮城慧の言葉。

「要するに未来なんてどうでもいいんだよ。
まず、救ってほしいのは自分たちなんだよ。
次世代のことなんてどうでもいいんだ。
人の営みが続くことの意味を考えないバカばっかりだ。
確かにブルは現在も未来も救うと言った。
けどな、ウエイトは未来にあった。
ところが、有権者は、
今の生活維持だけに関心があったんだよ」


それらを江島たちがどうやって切り抜けていくか。

現実にある危機を大上段から斬り込んだ内容だから、
迫真性があり、
惹きつけ、
ページをめくる手が止まらない。

盛田の上司が言う言葉。

「君のような財務省貴族は、
きっと江島総理のやり方は
下品で乱暴だと思っているのだろう。
しかし、国益のためだと思えば、
つまらない個人的な価値観など消えてなくなるはずだよ」

財政破綻した晴野市に出向していた総務省職員、遠山の言葉。

「最近思うんです。
市町村っていうシステムがなくても、
実は市民は生きていけるんじゃないかって。
必要なのは、住民票などの証明書発行と
上下水道の維持管理ぐらいですよ。
社会福祉もやってはいますが、
これは民間委託も出来る。
総務省の職員としてあるまじき考えかもしれませんが、
市町村なんか全部潰してみたらいいんじゃないかと
本気で思っているんです」


両院議員総会での江島総理の言葉。

「諸君にはっきりと申し上げておく。
国家の大事を前にして、
保身に走ったり責任転嫁をするような輩は、
今すぐバッジを外して国会議員をやめてくれ。
そうでないなら、
私の邪魔をせんでくれ。
代替案なき批判は許さん」
「諸君、もし、国家破綻すれば、
国民生活は地獄絵図となる。
その責任は、
我々国会議員、
中でも与党保守党にあるんだぞ。
諸君らに、その自覚があるのか。
我々が無責任な行動を取れば、
この国は破滅する。
これは、今そこにある危機だ。
野党の連中を含めて、
挙国一致で事に当たらなければならないんだ」

物語は内閣不信任案可決
→解散総選挙
となっていくのだが、
その結果は読んでのお楽しみ。

最後に、桃地実が
その著書「デフォルトピア」で描く
日本の未来像。

その日、日本が死んだ。
そうなる前に、危機を叫んだ者はいた。
だが、全て無視され、
「なんとかなるだろ」という
天性の楽観主義が、禍(あだ)となった。
戦争をしたわけでも、疫病が蔓延したわけでもない。
ただ、カネが無くなっただけだ。
国家が破産する──誰も経験したことがなかったから、
想像もできなかった。
いや、する気もなかった。
賢者を自任する男が、
国家破綻の危機を前にこんなことを言った。
「別に国が破綻しても、誰かが死ぬわけじゃない。
そもそも国家なんて器みたいなもんだ。
あれば、まとまりはつくが、
なくても中身に問題が起きるわけじゃない。
不便にはなるけど、
その分自由になるじゃないか。
私は大歓迎だ」
そう言いながら、
賢者は誰よりも早く
有り金をドルに替えて、
とっとと国を捨てた。
国が死ぬという実感をもつには、
時間が必要だった。
最初は、破綻前日と何一つ変わらない社会を見て、
誰もが安心した。
「やっぱり騒ぐほどのものではなかったじゃないか」と。
だが、一カ月過ぎると、
不便さが目につくようになり、
次いで何をするにも不自由になった。
最初に困ったのは、
電気やガスが満足に使えなくなったことだ。
石油や天然ガスを外国が売ってくれなくなったからだという。
大都会に大混乱が起きた。
それと併行して食糧の不足が顕著になった。
米も肉も魚も日本で生産できると
高を括ったのが誤りだった。
農作物や漁船に必要なガソリンが不足し、
高騰して使えなくなった。
牛やブタ、鳥のエサは全て輸入に頼っていたために、
調達が不能になった。
安かった輸入牛肉も手に入らない。
あらゆるものが涸渇した。
国が死ぬと、誰も貿易相手にてってくれない──。
こうなる前にもっと早く警鐘を鳴らして欲しかったと
怒る国民がいた。
だが、全ての警鐘を無視したのは、
今、激怒している国民たち自身だったのだから、
笑える。
富裕層と若者が、日本から出て行った。
介護サービスを行うヘルパーもいなくなり、
自立できない人たちの衰弱死が急増する。
遺体の処理も出来ず、
街は本当に緩やかに死に始めた。
国が死んでから半年後、
それは自分自身の死に繋がると気づいた時、
国民の手にあるのは、
自殺するための包丁ぐらいだった。





AutoPage最新お知らせ