浅草に行きました  身辺雑記

今日は、昼前に浅草に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

黄色いウ○コの工事も終わったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

仲見世通り

クリックすると元のサイズで表示します

外人が喜びそうですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実際は、中国人がものすごく多い。

クリックすると元のサイズで表示します

伝法院通りを抜けて、

クリックすると元のサイズで表示します

六区へ。

クリックすると元のサイズで表示します

浅草寺の周辺は元禄時代の頃から盛り場になったとされ、
歓楽街を形成しました。
1884年(明治17年)、公園地は
東京府によって一区から六区までに区画され、
その歓楽街は「浅草公園地第六区」となり、
今にその名を留めます。

↓は、1937年(昭和12年)の賑わい。

クリックすると元のサイズで表示します

人力車がとても多いですが、

クリックすると元のサイズで表示します

料金が高い。

クリックすると元のサイズで表示します

これでは、車夫が増えるはずです。

ここからは、東京スカイツリーが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

浅草演芸場

クリックすると元のサイズで表示します

浅草ゆかりの芸人にも出会えます。

クリックすると元のサイズで表示します

本日の目的地は、ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

どじょう料理のお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

店内は掘炬燵が主で、
テーブルには、ガスこんろが常備。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どじょう鍋です。

クリックすると元のサイズで表示します

ドジョウは、コイ目ドジョウ科に分類される淡水魚の一種で、
日本の平野部の水田や湿地などに全国的に生息しています。
全長は10〜15p。

クリックすると元のサイズで表示します

大ぶりのものは開いて頭と内臓を取り、
小さいものはそのままで、
ネギやゴボウとともに割下で煮て卵で綴じた
「柳川鍋」とされることが多いですが、
卵で綴じないものは「どぜう鍋」と呼ばれます。

地獄鍋(どじょう豆腐)というのもあり、
生きたドジョウと豆腐をいっしょに鍋に入れて
徐々に加熱していくと、
熱さを逃れようとして豆腐の中にドジョウが潜り込みますが、
結局は加熱されてドジョウ入りのゆで上がった豆腐ができ上がり、
これに味を付けて食べます。
人間って、残酷ですね〜。

煮えてきたら、大量のネギをかけて、

クリックすると元のサイズで表示します

唐辛子と山椒でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、別の店で食べて、
パサパサのモゴモゴで、
どじょうは二度といいや、と思いましたが、
ここのお店のどじょう鍋は美味でした。

私は玉子丼も追加。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の集まりは、誕生日兼忘年会
楽しい語らいをしました。

帰路では、上野で下りました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内のツリー。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、今はパンダが目玉です。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、いつものコース、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

正月の準備で、混んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、名物のお菓子屋さん。
千円で、どんどん中身が追加されます。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、買って帰って、
カミさんに叱られました。

こういう雰囲気は、
アジアの市場で、
東京で味わえるのは、ここだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

御徒町の駅前は様変わり。

クリックすると元のサイズで表示します

スケートリンクが出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、パンダ。

クリックすると元のサイズで表示します

パンもパンダ。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年正月2日に浅草に行くのですが、
今年は年末に来てしまい、
さあ、新年は、どこへ行こう。





AutoPage最新お知らせ