映画『ギフテッド』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

これは、よくできた、
心温まる良作

フロリダの海辺の町で、
ボートの修理で生計を立てているフランクは、
亡くなった姉の7歳の娘・メアリーを育てているが、
メアリーは、初めて登校した小学校で、
簡単すぎる算数の授業にイラついて担任の先生のボニーに反抗、
試しにボニーが出した3桁の掛け算の暗算を
いとも簡単に解いてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

ボニーは好奇心にかられ、
フランクの名前をインターネットの検索にかけると、
メアリーは著名な女性数学者の娘で、
母親が自殺したために、
叔父のフランクに引き取られたのだと知ってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

メアリーは母親の遺伝で天才的な数学の才能を持つ神童だった。
その才能は、
メアリーを試すために、数学者が
わざとあやまった数式で作った証明問題の
設問の間違いを指摘して、
正しく証明するほどのものだった。

クリックすると元のサイズで表示します

校長はフランクに、
特別な英才教育をする学校への転校を勧める。
姉の自殺に責任を感じていたフランクは、
メアリーを普通の女の子として育ててほしいという
姉の遺志を守るため、“特別扱い”を拒むのだった。

そこへ、長い間疎遠であった祖母が現れる。
メアリーの才能を知り、
歴史に名を残す数学者になれたはずの娘に代わって、
孫に英才教育をほどこそうとする。
母親の強引な願望が姉の人生を曲げ、
自殺に至らせたことを知っているフランクは
祖母の接触を拒む。

こうして、メアリーの親権をかけて、
祖母対叔父の裁判が幕を開ける。
裕福な祖母はメアリーの教育環境を提供することで有利に立つ。
しかし、フランクが大好きなメアリーは
「いつまでも一緒だ」という約束をフランクにさせる。
裁判の行方は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という話が、ユーモアを交えながら展開する。
そこには、子供にとっての幸福とは何か
大人が自分の願望や目論見で
その幸福を奪っていいのか、
という重い問いがかかっている。
そして、「神童」に生まれたばかりに、
その才能を生かす方が、
その子のためになるのではないか、
という問いも重なって来る。

観ている観客も判断がつかないような問いだが、
この映画は、変に深刻ぶることなく、
それぞれの立場をよく描き分ける。

そして、最後の急展開で、
さわやかな終結を迎える。
伏線の張り方も巧みで、
最後のフランクの隠し玉も見事。

クリックすると元のサイズで表示します

その間、涙腺が3度ほどゆるむのは、
メアリーを演ずる子役のマッケンナ・グレイス
達者で自然な演技のせいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

また、苦悩するフランクのクリス・エヴァンスの演技も
それを支える。

クリックすると元のサイズで表示します

今はボート修理の仕事だが、
実はフランクはハーバードの準教授で、
しかも哲学を教えていた過去を持ちながら、
メアリーのために職を投げ打ったことが納得できる。
その他の出演者も、みんなうまい。

そして、何より監督のマーク・ウェブの演出が的確だ。
お涙頂戴になりそうな題材を
そうさせずに、
暖かい人間ドラマに仕上げ、
それでいて、心に残る作品に造形したのは、
監督の手腕。
「(500)日のサマー」の監督の復活である。

5段階評価の「4. 5」。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/mv4vT3uVYwg

TOHOシネマズシャンテ他で上映中。



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ