コンサート『しあわせの王子』  音楽関係

スマホに、警告音と共に、
↓のような情報が入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてのことです。

今日は、午後から明治神宮前に出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の原宿。

クリックすると元のサイズで表示します

このビルを訪ね、

クリックすると元のサイズで表示します

地下のホールでコンサート。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これです。

クリックすると元のサイズで表示します

昔、私はクラシックの声楽家たちと交わった時期があり、
その時関わった人から案内を受けました。

チケットは完売です。

クリックすると元のサイズで表示します

座席80位の小さな会場。

クリックすると元のサイズで表示します

プログラムは、
第一部が、音楽物語「しあわせの王子」
第二部が、ヴァイオリンやフルート、ピアノなどの演奏

実は、この「しあわせの王子」には、
次のような形で関わっていたのです。

まず、1986年12月14日、
教会で上演した「ミュージカル版」を創作。

これを原型にして、
ミュージカル版の作曲家が、
新しいヴァージョンを創作。
これは「オペラ版」と言うべきもので、
1988年12月24日、
教会のクリスマス・イヴで上演。

その後、随時加筆して上演を継続し、
今回、最新ヴァージョンを上演した次第。

「原型」といいましたが、
「ミュージカル版」のセリフや設定が
随所に残っています。

昨日、押し入れの袋戸棚の整理中に出てきた
カセットテープを聴きました。
30年ぶりです。

クリックすると元のサイズで表示します

泣かされました。
ああ、30年前、こんな世界に住んでいたんだ、
という感慨に。
そして、「ミュージカル版」の内容は、
私の「キリスト像」と言えるような内容。

その世界から、
随分遠いところに来てしまいましたが、
しばし、30年前の世界にひたりました。





AutoPage最新お知らせ