バルカン半島旅行記Hコトル  旅行関係

次に訪れたのは、コトル

クリックすると元のサイズで表示します

アドリア海沿岸の入り組んだ湾の最奥にある港町です。

クリックすると元のサイズで表示します

背後の山に沿って城壁が築かれ、
堅固な要塞都市として栄えました。

クリックすると元のサイズで表示します

旧市街の城壁。

クリックすると元のサイズで表示します

旧市街の地図。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

まず迎えるのが時計塔

クリックすると元のサイズで表示します

1602年、というから相当古いもの。
ちゃんと動いています。

クリックすると元のサイズで表示します

コトルは、アドリア海沿岸でも
中世の古い町並みが良く保存されており、
旧市街は
「コトルの自然と文化−歴史地域」として
世界遺産に登録されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

聖トリフォン大聖堂
ローマ・カトリックの教会。
塔以外の部分は1160年の創建当時の姿を留めています。

クリックすると元のサイズで表示します

コトルはローマ・カトリック文化圏と
東方正教会文化圏の境界にあり、
町には両方の教会が建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは博物館。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに中世のおもむき。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「ヨーロッパの美しい村30選」にも選ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外から見た、城壁の丸い部分。

クリックすると元のサイズで表示します

城壁から見た堀。

クリックすると元のサイズで表示します

この城壁は山まで4.5qも続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ沢山教会があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

野外劇場もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外から見ると、この場所。

クリックすると元のサイズで表示します

堀には

クリックすると元のサイズで表示します

別な入り口も。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

情緒がある町ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

お店があるのは、仕方ない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生活臭もぷんぷん。

クリックすると元のサイズで表示します

おや、こんな人も。

クリックすると元のサイズで表示します

猫たちも安心して暮らしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コトル、素敵な町でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスはアドリア海を見ながら、
ボスニア・ヘルツェゴビナに向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな島や

クリックすると元のサイズで表示します

こんな島も。

クリックすると元のサイズで表示します

モンテネグロの首都はポドゴリツァ
でも、この旅では、寄らずじまい。

クリックすると元のサイズで表示します

6カ国のうち、
首都に寄らなかったのは、
モンテネグロだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

また国境で

クリックすると元のサイズで表示します

長時間待たされます。

クリックすると元のサイズで表示します

運転手もイライラ。

クリックすると元のサイズで表示します

ボスニア・ヘルツェゴビナに入りました。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ