小説『カンパニー』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

戦前から配置薬を中心に事業を展開し、
近年は積極的に異業種企業買収を行い
規模を拡大させてきた「有明製薬」。
創業百周年にあたる今年、
社名を「有明フード&ファーマシューティカルズ」に変更し、
大幅な社内改革に乗り出していた。

総務課長である青柳誠一47歳は、
リストラ候補の部署に移り、
敷島バレエ団(カンパニーと称する)に出向させられる。
そこは現社長の娘・有明紗良がトップを担っているため、
有明製薬から支援を受けている小所帯のカンパニー。
有明製薬は今回の社名変更のキャンペーンに
「黒髪の貴公子」「世界の恋人」と称される
世界的プリンシパル高野悠を起用しており、
その最後を飾るイベントとして、
年末に高野が敷島バレエ団に客演する公演を
特別協賛する。
青柳には、その公演を成功に導くように言い渡される。
失敗すれば、元の職場に椅子はない。

もう一人の主人公が
健康増進課のスポーツトレーナーである瀬川由衣で、
長年仕えていた女子マラソンランナーの
妊娠による電撃引退で、
存在位置をなくし、
青柳同様、敷島バレエ団に出向して、
高野の身体のケア役を命じられた。
青柳同様、公演が失敗に終われば社内に戻るべき席はない。

二人ともバレエのことは全く無知で、
右も左も分からない。
その上、青柳は最近妻から
「あなたといるのがいやになった」と理不尽な離婚通告をされ、
精神的にもまいっていた。

更に、来日した高野悠は、
早々に腰を痛め満身創痍で、
予定していた「白鳥の湖」の王子役を踊りきる自信がなく、
脇役に回りたいと言い出した。
しかし、公演は高野が主役であることを前提に企画されており、
それでは動員が見込めない。

起死回生の手として、
新解釈の「白鳥の湖」の脇役を重要な役に変更して高野が踊り、
若者たちに人気のボーカル&ダンスユニット、
バーバリアン・Jの若手、
水上那由多(なゆた)を王子に起用するという
大変革を企画する。
話題にはなったが、チケットの売れ行きが悪く、
フラッシモブをしたりして完売に持ち込むが、
本番の舞台で思わぬアクシデントが起きて・・・

物語は青柳と由衣の2つの視点を交互に展開する。

日本における小規模バレエ団の現状を描いて興味深い。
また、ダンサーとしての限界が見えてきた高野を通じて、
芸術やスポーツと才能の関係も提示される。

「誰だって本気で競技に取り組めば、
一番を目指します。
でも死ぬほど好きで本気でやっても、
凡人には行き着けない領域がある。
そこへ行けるのはほんの一握り、
王者の才能を持つ人だけ・・・
熱血な先生の標語を馬鹿みたいに信じて努力して、
身体を壊してようやくわかった。
努力と情熱だけでは頂点に立てない。
行けるのはその手前まで。
極めれば、最後は生まれもっての才能がものを言う」

才能ある者でも年齢という体力的限界が来る。
その恐怖はすさまじいものだろう。

「僕自身は・・・
踊るのをやめたら、どうなるんだろう、
踊れない自分に価値はあるんだろうか。
それをよく考えます。
まわりにいる人たちは、
踊る僕を求めているのであって、
それができなくなったら、
すべてが消え失せる。
そう思うと怖くなる。
踊っても踊らなくても、
僕に価値を見いだしてくれる人はいるんだろうか。
心が弱っていると、
そんなふうにも思うわけですよ」

高名なダンサーが引退する場として、
劇場と演目を選ぶ、
という話も興味深い。

中小バレエ団の団員が
給料もなく、出演料もなく、
アルバイトをしつつ、
チケットのノルマを課せられる、
という現状は舞台が華やかなだけに、
身につまされる。
それもただ一点「好きだから」なのだ。

「なぜ踊ると聞いたら、高野さんはどう答えるんですか?」
「なぜ生きると聞かれたら、青柳さんはどう答えるの?
意味を求める必要があるんでしょうか?」

「高野さんは目の前にあることを始めて、
それに適性があったからそう言えるんですよ。
バレエ教室に生徒はたくさんいますけど、
ほとんどがプロになれずにやめる。
バレエに限らず、野球、サッカー、なんだってそうです。
心が求めることを追い続けて、
それで生活していける人は非常に稀です」

更に、次の高野の言葉は重い。

「それは生まれながらの身体能力とか適性だけではないよ、きっと。
もちろんそれがないとトップには立てないけれど、
それ以前に必要な才能がある」
「なんですか、それは」
「夢中になれること。
好きになれること。
一日中、そればかり考えていても苦にならず、
何時間やってもまったく気にならないってこと」
「好きになれること、ですか」
「走ってみた、投げてみた、踊ってみた。
そうしたらうまくやれたから続けてみた、
結果、トップクラスになっていた。
そういう人って案外多い。
でも、自分がやっていることが死ぬほど好きかと言えば、
そうでもない。
むしろ嫌いで飽き飽きしてるけど、
人より上手にできて、
金や栄誉が得られそうだから、やっている。
そういう人が」
「いるんですか?」
「いる。意外に多い。
だけど、そういう人はすぐにやめてしまう。
高みを極めようとはしない。
どれほど才能に恵まれても、
自分のしていることが好きになれなければ、
王にはなれないよ。
だから、
夢中になれること、好きになれること。
それこそが王者の才能だと俺は思う」

またサラリーマンがどこで価値を発揮するか、
仕事とは何か、生きがいとは何かも問いかける。

「四十九日のレシピ」や「ミッドナイト・バス」の
伊吹有喜の筆はなめらか。
読後感もいい。






AutoPage最新お知らせ