小説『希望荘』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」に続く、
宮部みゆき「杉村三郎シリーズ」第4弾。

前作「ペテロの葬列」で、
妻の不倫が原因で離婚をし、
義父が経営する今多コンツェルンの仕事を退職した
杉村三郎の「その後」を描く、
短編集というより、中編集。

実は、杉村三郎は、
「杉村探偵事務所」を開設して、
いろいろな依頼人による調査を担当しているのだが、
探偵になったいきさつを語るのが、
第3篇の「砂男」

離婚後、三郎は
実家の故郷に帰り、
産直グループの直売店で働いていた。
その取引先、ほうとうと手打ちそばの人気店
「伊織」のご主人・巻田広樹が
身重の奥さんを捨てて不倫相手と駆け落ちする
という事件が起こる。

この事件で、
三郎は、探偵となるきっかけの蛎殻昴氏に出会う。
昴氏は民間の調査会社・蛎殻オフィスのを経営していて
失踪した巻田広樹の不倫相手の女性の母親からの
捜索依頼を受けていた。                             
この蛎殻昴氏が大変魅力ある人物として描かれており、
蛎殻氏はかつて三郎の巻き込まれた事件を調べ、
三郎の「事件を呼び込む体質」を見抜き、
この件での協力を求める。

捜査の当初、不倫相手が殺されたのではないかと疑ったが、
その不倫相手は生きており、
巻田広樹から金を受け取って依頼され、
しばらくの間身を隠していたのだという。
どうも駆け落ちは偽装のようなのだ。
では、なぜ巻田広樹は身を隠したのか。
三郎は巻田広樹の父親に会い、
驚愕の事実を聞き出す。
それは、人間を越えた「モンスター」の存在だった・・・

こうして、三郎は蛎殻氏の勧めで
東京で「杉村探偵事務所」を開くようになる。
この過程で、離婚後も三郎が
娘の桃子と連絡を取り合っていることが分かって
読者をほっとさせる。

「聖域」

杉村探偵事務所の第1号依頼人・ヤナギ薬局の奥さんからの事件。
近所のアパートの住人の盛田頼子の階下の部屋に住んでいて、
数カ月前に亡くなったはずの老婦・三雲勝枝を
頼子が上野で見かけたというのだ。
みぎれいで裕福な様子で。
果たして勝枝は本当に死んだのか、
それとも単なる他人の空似なのか。

三雲勝枝がそのアパートに住むようになったのは、
娘早苗が宗教まがいの団体に入れあげ、
勝枝のなけなしの貯金までをもそこへ貢ぐので、
一緒にはいられないと身ひとつで逃げて来たのだという。
そして、勝枝は
「家賃も払えなくなりもう生きていけないので
死にます」と電話をかけて来て
そのまま姿を消した。
実際は勝枝が死んだのを誰も確認していない。

三郎が勝枝の前住所を訪ねると
住んでいるはずの娘の早苗はおらず
訳ありそうな見知らぬ3人の女性が暮らしていた・・・

この過程で、
三郎が勤めていたビルの中にあった喫茶店「睡蓮」の
マスター・水田大造が
三郎の転居と共に引っ越してきて、
喫茶店「侘助」を開き、結構繁盛していることが分かる。
「ソロモンの偽証」から継続した唯一の登場人物だ。

「希望荘」

イタリアンレストランを経営する。相沢幸司からの依頼。
老人ホームで亡くなった父の武藤寛二が
昔人を殺したことがあると告白をした内容の
真偽を調査してほしいという依頼だ。

相沢幸司の話では、
父は母の不倫による離婚後、
息子と再会するまで30年の空白があったという。
最近起こった若い女性の殺人事件に関して、
介護人に「昔、人を殺した。私はひとでなしだ」と語ったという。
どうやら該当する事件は、
寛二が35年前に下町に住んでいた時に起こった
運送会社での女性殺人事件らしい。
しかし、犯人は既に逮捕されている。
三郎は、その下町を訪ね、
昔運送会社のあった場所や近所のアパートに行ってみる。
寛二は、そこにあった「希望荘」というアパートに住んでおり、
犯人も同居していた・・・

果たして35年前の事件に寛二は関係しているのか。
介護師に告白した内容の真偽は・・・
嘘だとしたら、
なぜそんな話をしなければならなかったのか・・。

これに寛二の孫の幹生がからんでくる。

事件が解決すると、
ああ、そういうことだったのか、と納得すると同時に、
武藤寛二の人間性に触れて、心が温まる作品

「二重身(ドッペルゲンガー)」

今度の依頼人は、「希望荘」の中に登場した
幹生の友人だという
高校生の女の子・伊知明日菜。
母の交際相手で、
雑貨店の店主の男性・昭見豊の安否を確かめて欲しいというのだ。
店主は震災直前に東北へ行くと言って出かけたきり行方不明、
母は為すすべもなく泣き続けているという。
どうやら出先の東北で震災に会い、亡くなったらしい。

未成年の依頼は受けられない、と三郎は断るが、
興味を持って、捜査を開始する。
三郎は豊の兄の電工会社社長と会い、
明日菜の母と豊の結婚話は、
豊側にとっては結構本気だったことを知る・・・

ドッペルゲンガーは、俗に「生霊」と呼ばれ、
自分自身のドッペルゲンガーを見た者は
遠からず死ぬという言い伝えで、
豊の兄の口から、父がドッペルゲンガーを見た3日後に
亡くなった話が語られる。
兄は弟も自身のドッペルゲンガーを見たのだろうか、と語る。
この作品で、三郎の住む古民家は地震の影響で倒壊寸前となり、
大家の家の一室に移転する。
そこで登場する大家の息子、竹中冬馬(トニー)が、
今後のシリーズで活躍しそうな予感を与える。


4篇に共通するのは、
主人公杉村三郎の人の良さ
それが物語全体を包み、心を暖かくする
また、周囲に登場する人物たちも
昭和の雰囲気で暖かい。
まさに宮部みゆきが抱いている体質を反映した感じだ。

しかし、描かれる事件の背後にあるものは、
人間の奥底にある「闇」を反映して奥深い。
特に「砂男」に登場するモンスターは心の奥底から怖いと感じさせる。
また、「希望荘」の犯人も「ドッペルゲンガー」の犯人も
深い闇を感じさせる人間像だ。

暖かい心根と深い闇
宮部みゆきの作品に貫く特徴である。

作者が当代随一のストーリーテラーであることを感じさせる
語り口は見事で、
その伏線の張り方や、追い打ちのかけ方も、ひたすら感心する。
「宮部みゆきは日本の宝である」と言った人がいたが、
まさしく、そのとおり、という気がする。


「名もなき毒」の、本ブログでの紹介は、↓をクリック。

名もなき毒

「ペテロの葬列」の紹介は、↓をクリック。

ペテロの葬列





AutoPage最新お知らせ