映画『パトリオット・デイ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                              
2013年4月15日起こった
ボストンマラソンでの
爆破テロと、
その後の捜査で
事件後4日間という驚異的な早さで
容疑者を特定、逮捕したという
「102時間の真実」
ドキュメンタリー・タッチで描く。
「バーニング・オーシャン」の
監督ピーター・バーグ
主演マーク・ウォールバーグ
再びコンビを組む。

クリックすると元のサイズで表示します

脇にケヴィン・ベーコンジョン・グッドマン
J・K・シモンズらを贅沢に配置。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公のトミーは架空の人物。
事件に対応した大勢の警察官の姿を
1人のキャラクターに統合したもの。
捜査に当たる老巡査部長、
主導権を握るFBIの特別捜査官、
ボストン警察警視総監、
圧力鍋で爆弾を自作するチェチェン人兄弟、
犯人の逃走に巻き込まれる中国籍の若者、
犯人から銃を奪われる警官など、
周辺の人物もていねいに描く。

特に、大型倉庫に遺留品を配置して爆発現場を再現、
犯人の動きをトミーに想定させ、

クリックすると元のサイズで表示します

それに従い、様々な映像を精査し、
不審な行動をする二人、
「黒い帽子」と「白い帽子」を特定するあたり、スリリングだ。
映像公開を巡る葛藤も興味深い。
親に買ってもらったメルセデスを奪われた中国人青年ダンの逃走、
ウォータータウンでの銃撃戦、
潜伏した犯人の発見、
とたたみかけて息つく暇もない。

クリックすると元のサイズで表示します

犯人の妻を尋問した
不気味な女性捜査官とのやりとりも興味津々。
弁護士を呼ばせないなど、
超法規的な尋問を行っており、
FBIも身を引いて尋問に当たらせるなど、
どうやら、オバマ大統領直轄の国際テロ捜査機関の人らしい。
そのわりに、何の成果もあげられないで去るのだが・・・。

最後に事件捜査に関わった人物たちのインタビュー等と並び、
事件で片足を失った青年が、
後年のボストン・マラソンに義足で完走を果たす
実際の映像が映し出される。
また、ロケーションの約70%が、
実際の出来事が起こったところと同じ場所で撮影されるなど、
再現性にこだわっている。

クリックすると元のサイズで表示します

なお、題名の「パトリオット・デイ(愛国者の日)」とは、
毎年4月の第3月曜日の
マサチューセッツ州の祝日で、
1775年4月19日、
ボストン北西部で起こった
アメリカ独立戦争が始まる契機となった
英米間の戦闘「レキシントンとコンコードの戦い」を記念して設けられた
州立記念日。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/fy6EjLsL2z4


2011年5月にボストンを訪問した時の
ゴール地点の写真↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ランナーは向こうから走って来る。
フィニッシュの文字が逆向きなのは、
カメラマンへのサービス。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ