大腸内視鏡検査  身辺雑記

今日は午後から、
大腸内視鏡検査に行ってまいりました。

3年ぶり、4度目。
前日、当日のいろいろな措置については、
前にも書きましたので、
興味のある方は、↓をどうぞ。

初めての大腸内視鏡検査と『ミクロの決死圏』

3年たつと設備も新しくなり、
前は小さい画面で、
あまりよく見えませんでしたが、
今回は大きなモニターで、
詳細をリアルタイムで見ることが出来ました。

ポリープ1つを組織検査に回し、
次回胃カメラの時に結果が分かります。
あとは特に所見はない、
きれいな大腸でした。


ところで、先日、「タモリ倶楽部」で、

クリックすると元のサイズで表示します

大腸内視鏡検査のあれこれを放送していました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな企画をするのは、「タモリ倶楽部」ぐらいのものです。

クリックすると元のサイズで表示します

これが大腸内視鏡の機械。

クリックすると元のサイズで表示します

1台1千万円します。
このスコープが1基400万円。

クリックすると元のサイズで表示します

直径13.2ミリ。意外と太い。
80倍ズームで、
視野角は170度。
水や空気を送ったり、
ライトを当てたり、
薬液を吹きつけたり、
ポリープの切除をしたりの多機能ぶり。
先端の固さを変えることが出来、
くねくね曲がって、
大腸の中を進みます。

クリックすると元のサイズで表示します

これがトレーニング用の機械。
25万9200円也。

クリックすると元のサイズで表示します

確かに、最初から生身でやるわけにはいきませんから、
こういう機械で訓練するわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、
質感といい、色といい、本物そっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

ポリープの切除では、
止血措置の訓練のため、
ちゃんと血が出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

肛門への挿入は斜めからだと痛くないらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

画面を見ながら器用に操作します。

クリックすると元のサイズで表示します

一番難しいのがS状結腸で、
ジャバラ状にたたまれており、
しかも、体に固定していない。
そのひだをスコープの動く先端でたぐり寄せながら、
まっすぐな道を作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まず盲腸まで到達して、
そこから戻りながら患部を探します。
その盲腸までの到達時間はベテランで4分。
このお医者さんは50秒でやれるといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

タモリも実地訓練。

クリックすると元のサイズで表示します

検査するには、
朝から1.8リットルの下剤を飲んで
胃から小腸から大腸、直腸まで空っぽにしますが、
前日、消化の悪いものを食べて、
残ってしまうことも。

その実例がこれ。
エノキ。きのこ類は消化が悪いらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

イクラ。噛まなかったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最高が、これ。カニ。

クリックすると元のサイズで表示します

私の大腸は、まだまだ使えるようです。






AutoPage最新お知らせ