変なホテル in 浦安  わが町・浦安

ハウステンボスで話題の
「変なホテル」2号店が浦安にオープンしたというので、
行って来ました。

これ↓がそれ。

クリックすると元のサイズで表示します

上の方にしっかりホテル名が書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

「変な」という言葉は「奇妙な」という意味ではなく、
変化し、進化し続けるホテルの意味とのこと。
HISが運営。

これが表側。

クリックすると元のサイズで表示します

表の看板。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

脇にはコインロッカーが。

クリックすると元のサイズで表示します

おそらく、チェックアウトした後、
ディズニーランドに行く人たちが預けるのでしょう。

入り口のマット。

クリックすると元のサイズで表示します

入るとすぐに
ティラノサウルスが出迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

子どもは怖がる? 喜ぶ?

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかリアル。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのもいます。

クリックすると元のサイズで表示します

これはゴミ箱ロボット。

クリックすると元のサイズで表示します

床は常時、お掃除ロボットが掃除します。
只今、充電中。

クリックすると元のサイズで表示します

水槽では

クリックすると元のサイズで表示します

ロボット魚が泳いでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

これが最大の特徴、フロント
ロボットが接客します。

クリックすると元のサイズで表示します

恐竜ロボットは只今休憩中。

クリックすると元のサイズで表示します

起き上がると、このようになります。

クリックすると元のサイズで表示します

ハウステンボスにある1号店は、
人間型ロボットも出迎えますが、

クリックすると元のサイズで表示します

2号店は恐竜のみ。

クリックすると元のサイズで表示します

日本語・英語・中国語・韓国語で対応。

チックイン、チェックアウトは、この機械で操作

クリックすると元のサイズで表示します

ネットでの予約番号を入力すると、キーが出ます。
海外からの宿泊客は、パスポートをセンサーにかざすと
チェックインができます。

クリックすると元のサイズで表示します

ロボットを導入して人件費を削減、ローコスト化を目指します。

うまくいかない時は、待機している人間を呼びます。

クリックすると元のサイズで表示します

スタッフは7人で、
通常のシフトでは1〜2人が常駐し、
ロボットでは対応できない部分をカバーします。

客室は2階〜6階。
100室

客室階には、キーがないと入れません。

クリックすると元のサイズで表示します

ハウステンボスでは、
ルームキーの代わりになる顔認証システムがありますが、
ここでは採用していません。

室内にもロボットがいます。

夜食用に自動販売機も完備。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

レストランも併設していますが、朝食のみ。
朝6時半から9時半まで。

クリックすると元のサイズで表示します

ビュッフェ形式で1800円は高いのでは?

クリックすると元のサイズで表示します

立地は悪く、
京葉線舞浜駅からも地下鉄東西線浦安駅からも遠い、
住宅街にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

舞浜駅からは徒歩18分。
必ず迷いそうです。
バスで5分。
結局タクシーに頼りそうです。
駐車場完備なので、車で来た方は便利。

2名1部屋の宿泊料は、
今の時期で1万円〜1万5千円
土曜日は3万円
夏休みも高い。

ホームページは↓。

http://www.h-n-h.jp/maihama/

動画は、↓をクリック。
                                  
https://youtu.be/P9DBb-Eng20





AutoPage最新お知らせ