70歳!  身辺雑記

ついに、本日、
70歳
の大台に乗りました。

古稀(こき)です。
本当は数えで70歳のことですが、
数えというのは、もはや死語ですから、
満でいいでしょう。

出典は、唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)
「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」
(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。
(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)。

団塊の世代も、昨年から70代に突入。
「古来稀」な人が全国にあふれています。

クリックすると元のサイズで表示します

私も、まぎれもない「高齢者」で、
今後はシルバーシートにも堂々と座ってやろうと思っています。

特に体で悪いところはなく、
今朝の体重計の体内年齢は43歳
目もよく、新聞が裸眼で読めます。

2日に1度の頻度で映画を観、
3日に1冊の割りでを読み、
1週間に2、3回フィットネスジムに出掛け、
月に1回ほど舞台鑑賞をし、
年に2、3回、海外旅行に出掛ける。

これが私の老後の生活スタイル
既に定年後5年間、これで過ごしました。

まあ、満足感のある生活です。

WHO(世界保健機構)によれば、
世界各国の平均寿命のトップ10は、次のとおり。

1位 日本       83.7歳
2位 スイス      83.4歳
3位 シンガポール  83.1歳
4位 オーストラリア 82.8歳
〃  スペイン     82.8歳
6位 アイスランド  82.7歳
〃  イタリア     82.7歳
8位 イスラエル   82.5歳
9位 フランス     82.4歳
〃  スウェーデン  82.4歳

男性の平均寿命では、
日本は、80.5歳で6位
女性の平均寿命は86.8歳で1位

ワースト10は、

174位 カメルーン     57.3歳
 〃   南スーダン     57.3歳
176位 ソマリア       55.0歳
177位 ナイジェリア    54.5歳
178位 レソト         53.7歳
179位 コートジボワール 53.3歳
180位 チャド         53.1歳
181位 中央アフリカ共和国 52.5歳
182位 アンゴラ        52.4歳
183位 シエラレオネ     50.1歳

で、アフリカ諸国が名を連ねますが、
これは栄養事情、医療環境によるものでしょう。

1位の日本と最下位のシエラレオネの間には、
33.6歳の開きがあります。
すごい開きですね。

ただ、日本の平均寿命が83.7歳だといっても、
病気で寝た切りだと、
必ずしも長寿が幸福とはいえない。

クリックすると元のサイズで表示します

平均寿命よりもっと重要な、
健康寿命は、
やはりWHOの調査で、
男女平均トップ10は、次のとおり。

1位 日本      74.9歳
2位 シンガポール 73.9歳
3位 韓国      73.2歳
4位 スイス     73.1歳
5位 イスラエル  72.8歳
〃  イタリア    72.8歳
7位 アイスランド 72.7歳
8位 フランス    72.6歳
9位 スペイン   72.4歳
10位 カナダ    72.3歳

とすると、どうやら、健康に暮らせるのは、
あと5年くらいのようです。

自分が70歳になって思うのは、
昔の70歳というのは、
はるかに老人だったということ。

クリックすると元のサイズで表示します

あの70歳と同じだとは、
とうてい思えません。

年齢には8掛け論というのがあって、
それでいくと、
70歳は56歳。
うん、これなら、実感に近い。
更に6掛け論というのもあり、
それでは42歳。
これは、いくらなんでも図々しい。
待てよ。
さっきも書いたとおり、
体重計の体内年齢は43歳を告げていました。
だとすると、
6掛け論は正しい?

いずれにせよ、
今後新しいことは何も出来ないので、
全くの「余生」。
健康に気をつけて
好きなことをして過ごそうと思っています。
さいわいカミさんも最近では頸椎の具合もよく、
特に問題はありません。
一緒に歳を取っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

70歳を機に始めるのは、
押し入れの整理。
「何かのために」とっておいたものを捨てようと考えています。

世界旅行もあらかた行ってしまったので、
あとは旧ユーゴスラビア諸国とか、
コーカサス諸国とか、
ラオスとか、
落ち穂拾いのような国に行くことになるでしょう。

70歳、
新しい門出です。






AutoPage最新お知らせ