小説『慈雨』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「孤狼の血」で直木賞候補になった
柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)の警察小説。

といっても、主人公は退職警官だ。
群馬県警捜査1課の刑事を定年退職した神場(じんば)智則は、
これまで関わった事件の犠牲者を供養するため、
妻とともに四国霊場八十八カ所参りの旅に出る。

その途上、地元の管内で
小学1年の愛里菜ちゃん誘拐殺害事件が発生。
16年前に神場が捜査に加わった
純子ちゃん誘拐殺害事件と酷似していた。
神場はかつての部下で、
娘と付き合っている緒方と連絡を取り、
捜査の進捗状況を知りたがった。

既に退職した身であるのに、なぜ関わりたがったかというと、
純子ちゃん事件はDNA鑑定を決め手に犯人は逮捕されていたが、
その1年後、犯人のアリバイを裏付ける新たな目撃証言が出て、
上司に再捜査を申し出たにもかかわらず、
警察の面子から、
取り上げられなかったことがあったからだ。
まだ精度の低かったDNA鑑定を否定すれば、
他の鑑定事件にも影響を与えるという警察幹部の考えからだった。

神場は純子ちゃん殺害の犯人が冤罪だったのでは?
という疑念がぬぐいされないまま定年まで来てしまい、
四国巡礼の旅を続けながら 
後悔と苦悩に苛まれることになる。
そして、純子ちゃん殺害の犯人と愛里菜ちゃん殺害の犯人が
同一だとしたら、
誤認逮捕による真犯人の取り逃がしが、
今度の事件発生を生んだのではないかと煩悶する。

という具合に、
物語は、愛里菜ちゃん誘拐事件の進展と、
神場の巡礼の旅が交互に描かれる。
その合間に、神場が駐在所勤務になり、
香代子と結婚し、地元になじめず苦労した話や
神場の同僚が殉職した話や、
神場の部下だった緒方が
神場の娘・幸知と恋仲であり、
その結婚を許せない神場の逡巡などが織り込まれる。
その背景には、娘の幸知について、ある秘密があるのだが・・・
再捜査を共に申し出た同僚の鷲尾
愛里菜ちゃん殺害事件の責任者だという事柄もからむ。

もし同一犯人だとしたら、
どうして16年間も再犯せずにいられたかという疑問、
犯行に使われたはずの自動車が捕捉されていないなどの
謎について、
神場の推理が有効となり、
犯人逮捕に結びつく。

物語の中心は、
終わったはずの事件と向き合う神場の内面で、
律儀でいい加減なことが出来ない神場の苦悶が描かれる。
「自分の人生に、後悔を抱いていない人は少ないと思います。
過去に過ちを犯し、大きな後悔を抱えてきた人間が、
どう生き直すのか、それを書きたかった」
と著者は語っている。

タイムリーと言っては不謹慎だが、
同様な事件が千葉で起こり、
どうしても重ね合わせずにはいられなかった。

四国巡礼の旅に出た元刑事と、
今発生している事件との関わり、
という点がユニークだ。

巡礼の途中で出会った人物との交流も描かれる。
何度か遭遇する暗い目の男は、
別れ目で、自分の過去を語り、神場に衝撃を与える。
また、麦茶をふるまってくれた高齢女性は、
過酷だった人生について語る。
そして、最後にこう言う。

「人生はお天気とおんなじ。
晴れるときもあれば、
ひどい嵐のときもある。
それは、お大尽さまも、
私みたいな田舎の年寄りもおんなじ。
人の力じゃどうにもできんけんね。
ほんでね
ずっと晴れとっても、人生はようないんよ。
日照りが続いたら干ばつになるんやし、
雨が続いたら洪水になりよるけんね。
晴れの日と雨の日が、おんなじくらいがちょうどええんよ」

この言葉が題名の「慈雨」につながる。

四国八十八の札所を巡り終え、
最後に神場と妻の香代子が行き着く境地。
さわやかなラストである。





AutoPage最新お知らせ