故障中  

申し訳ございません。モデムが壊れてしまい、ネットにアクセス出来ず、投稿が出来ません。只今プロバイダーから取り寄せ中につき、しばらくお待ち下さい。この投稿は、娘のスマホからいたしました。

小説『春に散る』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカの国道1号線、ルート1は、
カナダとの国境を起点とし、
ボストン、ニューヨーク、ワシントンを経てマイアミに至る。
そして、更に南に進み、島々を渡って、キーウェストを終点とする。
キーウエストには、アメリカ合衆国最南端の地点がある。

そのキーウエストに向かうタクシーに乗った
一人の日本人の描写から始まる。
広岡仁一という60代半ばの男は、
キーウエストのスポーツ・バーで
ラスベガスで行われているボクシングの試合を見る。
マーカス・ブラウンという18戦8勝16KOの
世界チャンピオンを狙う黒人の
対戦相手は、トシオ・ナカニシという日本人。
マーカスの実戦のカンを鈍らせないための
「咬ませ犬」として選ばれたのだ。
広岡は試合を見ていて、
ナカニシの戦法がジョージ・フォアマンと対戦した
モハメッド・アリとそっくりなのを見抜く。
そして、一瞬の隙をついたナカニシのフックで
マーカスは倒れてしまう。

その試合で、広岡の中に忘れていた過去が蘇る。
広岡は日本にいた時代、プロボクサーだった。
連戦連勝で世界チャンピオンを目指しながら、
一度の敗戦で日本を離れてアメリカに向かい、
アメリカで限界を感じて、転身、
ホテル業界で財をなした人物だ。

広岡はキーウェストの元灯台で
故郷キューバを眺める老夫婦の見ていた水平線に
日本列島の島影を見て、
日本に帰ろうと決意する。
40年ぶりの日本に・・・・

という滑り出しの快調さを最後まで持続するのが、この小説。
上下巻合わせて800ページになろうとする大作だが、
すらすらと読めて、2日で読了した。

朝日新聞に2015年4月から2016年8月まで連載し、
2017年に単行本化。
連載中の読者の反響がものすごく、
中でも婦人中高年の読者が多かったという。
うなずけるのは、
高齢の男たちの話で、
しかも哀愁に満ちた内容だからだ。

帰国した広岡は、
後楽園ホールのボクシングの試合を見、
そこでかつて所属した「真拳ジム」の後継者、
真田令子と再会する。
後日「真拳ジム」を訪問した広岡は、
近所の不動産屋でアパートを紹介してもらい、
不動産屋の事務員土井佳菜子の世話を受ける。

真拳ジムには、40年前、
「四天王」と言われた存在があった。
広岡仁一、藤原次郎、佐瀬健三、星弘の4人で、
ジムの2階で合宿をしながら友情を育んだ。
しかし、4人とも世界チャンピオンにはなれず、
今は行方が知れないという。

そこで広岡は様々なつてをたどって、3人に会いに行く。
藤原は傷害事件を起こして服役中。
佐瀬は田舎に戻り経営したジムが倒産して、落魄の生活。
星は覚醒剤にのめりこんだ後、女に救われて結婚、
妻の経営する小料理屋の2階に住んでいたが、
最近、妻に先立たれて途方にくれていた。

広岡は佳菜子と観たヨーロッパ映画の予告編で
年老いた音楽家を集めた老人ホームを知り、
ボクサーのための老人ホームが出来ないだろうかと思い、
その条件に合致した家を得て、3人を呼び寄せる。

その後、偶然知り合った若者・黒木翔吾に請われて、
ボクシングの技術を教え込む。

というわけで、
上巻は広岡の帰国と4人が生活を始めるまで、
下巻は4人で力を合わせて翔吾を強いボクサーに育て上げるまで、
となる。
4人はそれぞれの持っている必殺わざを
翔吾に教え込もうとする・・・
つまり、前半を元ボクサーの高齢化した悲哀、
後半は4人が40年前の叶わなかった夢を
一人の若者に託しての物語になる。

ここがこの小説が人気を呼んだキモだろう。

誰にも生きていて失った夢があり、
「何者にもなれなかった」という悔恨がある。
その夢の再生をかけて立ち上がる中高年のオジサンたち。
しかも広岡は心臓に問題を抱えており、
いつ死んでもおかしくない立場だ。
広岡の命が尽きる前に
翔吾の世界チャンピオンへの挑戦はなるのか。
果たしてその行方は・・・

作者の沢木耕太郎は「一瞬の夏」で、
プロボクサー、カシアス内藤の再起をノンフィクションで描いた方。
それだけにトレーニングの場面は正確だし、
試合のシーンは熱い。
その上沢木は、私と同じ年代。

広岡の述懐。

それにしても、
ボクサーはボクシングをやめたあと、
どう生きていけばいいのだろう。
とりわけ藤原のように
齢を取った元ボクサーは・・・。
もしかしたら、と広岡は思った。
世界タイトルを取ることのできた少数のボクサーを除けば、
老いた元ボクサーの多くが
藤原のように途方に暮れているのかもしれない。

更に、こう書く。

もしかしたら、
これは老いた元ボクサーだけの問題ではなく、
老いた元若者、
老いた元壮年の男の問題なのかもしれない。
老いをどのように生きたらいいのか。
つまりどのように死んだらいいのか。
たぶんそれは、
どのように人生のケリをつけたらいいのかということに
つながるものなのだろう。

4人が「あの頃」と言って話をすることについての星のセリフがなかなかいい。

「あの頃と言って、
何の注釈もなくて通じ合える相手がいるというのは、
実はとても幸せなことなんだ。
俺は女房が死んで初めてわかった。
女房が死ぬというのは、
ただそこから生身の女房がいなくなるというだけじゃないんだ。
女房と一緒に暮らしていた年月の半分が消える
ということなんだ。
あの頃は・・・と言って、
すぐに通じる相手がいなくなると、
あの頃というその年月の半分がなくなってしまうんだ。
いや、もしかしたら、
半分じゃなくて全部かもしれない。
だから、
俺たちのあのジムの合宿所での七年間ちよついて、
あの頃と言っただけで通じる相手が
まだいるということは
すごく幸せなことなんだよ」

ちょっと話がうまくいき過ぎていないか、
とケチを付けたくなるところもあるが、
これだけの長い小説を
遅滞なく一気に読ませる力量は確かなものがある。

一読をお勧めする。



レントゲンと映画サークル  映画関係

浦安市には、
40歳以上の市民対象に
無料で健康診断をする制度があり、

クリックすると元のサイズで表示します

その一つ、胃ガン検診の
胃部エックス線検査に行ってきました。
バリウムを飲んでする、あれです。

ここが会場の健康センター。

クリックすると元のサイズで表示します

2階に上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には健康のためのいろいろな展示が。

クリックすると元のサイズで表示します

受け付けを済ませ、

クリックすると元のサイズで表示します

待合室に行くと、こんなに人が。

クリックすると元のサイズで表示します

検査の効用を告げるビデオが流れています。
繰り返しなので、
何度も何度も見せられることになります。

クリックすると元のサイズで表示します

待合室で待つこと1時間。
時間が指定されているのに、
なぜこんなに待つのでしょう。
本を持っていってよかった。

白い液体を飲み、
検査台に乗せられて、
あっちを向け、こっちを向け、体を回転させろ、と言うがまま。

下剤をもらって2錠飲み、終了。

検診結果は1カ月程度をめやすに郵便で通知されます。
1カ月?
どうしてそんなに時間がかかるのか、不思議です。


夕方から銀座へ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画観賞サークルCCSの月例会に出席するため。

5月12日〜14日の日程で、
USJツァーが開催されており、
私は不参加でしたが、
参加したメンバーから
楽しかった、という報告が沢山なされました。

テーマ作品は

SING/シング
キングコング:髑髏島の巨神
ムーンライト

の3本について
感想を述べ合い、
楽しい時間を過ごしました。

タグ: 映画

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

題名は、町の名前
イングランド北西部の
有名なサッカーチームを擁する町でもなく、
ニューハンプシャー州の都市でもなく、
アメリカ合衆国の
マサチューセッツ州エセックス郡ケープアンに位置する町。
ボストンからは車で1時間15分ほどの距離にある。
イングランドの町の人口が都市圏224万人、
ニューハンプシャー州の都市人口が40万人に対して、
マンチェスター・バイ・ザ・シーの人口は、
2010年の国勢調査で、5136人
1989年9月25日、
他のマンチェスターとの混同を避けるため
町の正式名称を変更する決議が町民会議で可決された。
つまり、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(海の側のマンチェスター)は、
町の正式名称だ。
景色のいい浜辺や景勝地で知られる。

ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリー・チャンドラーは、
住民から見下され、文句を言われるばかりの
やりがいのない仕事に疲れ、
居酒屋で意味もなく喧嘩をふっかけるなど、
荒廃した暮らしをしていた。
そのリーののもとに、一本の電話が入る。
故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーにいる兄のジョーが
心臓病で倒れたという知らせだった。
兄は離婚しており、息子の16歳のパトリックを残してしまう。

弁護士で兄の遺言を聞き、リーは驚愕する。
兄は、甥のパトリックの後見人にリーを指名していたのだ。
弁護士は、遺言内容を実行するために、
この町に移り住んでほしいことを告げる。
しかし、リーは、
故郷の町に住むわけにはいかない、
過去の事件を引きずっていた。

こうして、
この町に住み続けることを主張する甥との暮らしをどうするかを巡って
葛藤する中、
リーの過去の暮らしがフラッシュバックのように蘇る。
それは、リーには辛すぎる記憶だった・・・。

アメリカ映画はバカ映画やコミックの映画化が多いなか、
こういう、深い人間ドラマも確実に存在する。
アメリカ映画はふところが深く、幅広い。

修復不可能なほど傷ついた一人の男の人生を
じっとカメラは見据える。
となれば、主人公の演技力がものを言うが、
リーを演ずるケイシー・アフレック
押さえた演技でそれに応えた。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう地味な演技に主演男優賞を与えるアカデミー賞の炯眼に感心する。
本来、プロデューサーのマット・デイモンの監督・主演で撮る予定だったのだが、
マットのスケジュールの都合で
盟友ベン・アフレックの弟で
幼なじみのケイシーに回って来た役。
一生に一度出会えるかどうかという役にめぐり逢い、
自分のものにするのも、運というものだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

かつてのリーの生活は、
友達を家に呼んで夜中まで騒ぐような明るい暮らしだった。
船から戻った後、妻や子供とたわむれる過去の描写に比べ、
一瞬でその幸福を奪った事件が
「アルビノーニのアダージョ」を背景に映し出される数分間は、
リーの背負っている過去の重さをあますところなく描く。
町を歩いていれば、
離婚した妻と出会って、
されたくもない謝罪をされるなど、
この町にいたくない理由もよく分かる。
元妻役のミシェル・ウィリアムズとの対面シーンは、
演技合戦のおもむき。
ミシェル・ウィリアムズはアカデミー賞助演女優賞にノミネート

クリックすると元のサイズで表示します

甥のパトリックを演ずるルーカス・ヘッジズも、
遺体との対面を一瞥で済ませたり、
父親の死の直後に女友達と寝たがったり、
二股恋愛をしたりの現代っ子だが、
地面が凍っているために埋葬できない父親の遺体が冷凍保存されていることで、
夜中に冷蔵庫の冷凍室を見て感情を爆発させるなど、
父親を早く亡くした息子の悲しみをよく表現して、
アカデミー賞助演男優賞にノミネート

クリックすると元のサイズで表示します

人口5千人しかいない寒村を背景に、
乗り越えられない過去と直面せざるを得ない男の孤独を描いて、
観た後までしみじみとする、
秀逸な人間ドラマだった。

監督はケネス・ロナーガン
脚本も同じで、アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/un6E5NDf0-A

シネスイッチ銀座他で上映中。

タグ: 映画

国連の勧告  政治関係

また国連が余計なことをしてくれた。
人権条約に基づく拷問禁止委員会が
慰安婦に関する日韓合意の見直し
韓国政府に勧告したのだ。

文在寅政権は、
これを援軍として、
慰安婦合意の見直しを迫って来るだろう。

しかし、よく調べてみると、
この勧告は妙な点が多々ある。

まず、この勧告が日韓両国にではなく、
韓国政府に対しての勧告だという点だ。

これについては、
同委員会がこの問題を検討した背景に、
韓国の非政府組織(NGO)63団体が
委員会に提出した報告書がある。

この報告書は、
韓国政府が元慰安婦の要求を無視して日本と合意を結び、
元慰安婦らに日本からの資金受け取りを勧めたため、
精神的苦痛や健康悪化に苦しむことになった、
というもの。

元慰安婦の46人のうち34人は、
韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」を通じて
日本の拠出金を財源とした現金支給の受け入れを表明し、
既に32人が受け取っていたことには触れていない。
46人のうちの34人といえば、
74パーセントだ。
4人に3人は受け取っているのだ。
「精神的苦痛」や「健康悪化」の事実を
この委員会は調査したのだろうか。

そして、委員会は韓国政府に問い合わせ、
韓国政府は書面回答した。
その内容は、
「2国間の外交問題である“慰安婦問題”は、
日本政府が言及した措置が誠実に履行されるという“条件”で
解決されるとの意味だ」
と解釈し、
日本の10億円拠出については言及していない。

不思議な話だ。

2015年12月28日の日韓合意の内容は、
次のようなものだ。

すべての前提となる認識は、
▽当時の軍の関与の下に
 多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、
 日本政府は責任を痛感している
▽安倍首相は、日本国内閣総理大臣として
 心からおわびと反省の気持ちを表明する
慰安婦問題に対しての日本のぎりぎりの譲歩である。

更に両国の約束として、
▽韓国政府が元慰安婦を支援するための財団を設立する
▽日本政府が財団に10億円を拠出する
▽国連など国際社会において相互非難をしない
▽合意がきちんと履行されることを前提に、
 慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する
というもの。

日本政府の措置は、10億円の拠出で既に履行されているのだ。
後は、韓国政府が財団を設立して
元慰安婦を支援すれば済むことだし、
既に4人に3人がお金を受け取っている。

拷問禁止委員会は、
日韓合意を「歓迎」しつつも、
合意は元慰安婦に対して、
名誉回復策や再発防止策を含む救済措置や
賠償の提供を「し損なっている」と「懸念」を表明している。
韓国政府に対し、
被害者には公正で適切な補償を求める権利があると定めた
条約にのっとった改善を、
日韓の合意に反映させるべきだというのだ。

そういうことなら、
韓国政府に合意の履行を求めるべきであって、
「合意を見直すべきだ」と勧告する理由が分からない。
韓国政府の「回答」で10億円の拠出が触れていなくても、
合意内容を見れば、明白であるし、
日本政府は既に義務は果たしている。

それにしても、
名誉回復策とは一体何を示すのか。
再発防止策が今更必要なのか。
そして、救済措置や賠償の提供は、
既になされているし、
何をもって「見直し」を求めるのか不明だ。

韓国のNGOから出た提起によるので、
韓国政府への勧告という形を取り、
日本が関与できないというが、
2国間の合意であれば、
日本の主張も聞くのは当然だろう。
実際、日本政府への照会はなかった。

結論的に言って、
委員会の見解は偏っており
韓国NGOの主張を鵜呑みしたとしか思えない。
過去にも、慰安婦を「性奴隷」としている。

拷問禁止委員会は10人の専門家でつくる委員会だが、
デスクワークで
調査もせず、現実を知らずに勧告して、
それを韓国政府が利用しようとするのなら、
日本にとっては迷惑な話だ。

ここは日本政府は毅然とした態度で、
「勧告の内容は韓国政府の
合意への誠実な措置で果たされるべきもの」
という姿勢を貫くべきだろう。

大統領就任後の安倍首相と文大統領の電話会談で、
日韓合意については、
「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」
と話しているという。
更に、慰安婦像の撤去に「努力する」とした点についても
「民間領域で起きた問題を(韓国)政府が解決するには限界がある。
時間が必要だ」
と述べたという。

ジュネーブ条約違反であり、
韓国の道路交通法違反であるのに、
政府が撤去できないのも不思議な話だ。
民間団体が設置したから手を出せない、
というのであれば、
民間団体はそこら中に何を設置してもいいことになる。
その予防のために法律があるのではないか。

文政権の「見直し」が何を意味するのか不明だが、
おそらく、日本政府の「法的責任」を認めることと、
安倍首相の「謝罪」を求める、ということなのだろう。
そんなことは断固はねつければいい。

先日、韓国女性家族省は、
慰安婦問題の経緯や現状をまとめた民間の
「研究報告書」を5月4日に発刊し、
ホームページに掲載すると明らかにした。

同省は2014年から政府事業として
「慰安婦白書」の編纂を計画していたが、
慰安婦問題の不可逆的解決をうたった
日韓合意を維持する立場で、
白書に代わり民間報告書の形を取った。
しかし、民間の報告書を政府が出す、というなら、
同じことではないか。

報告書は
「日本政府が慰安婦の強制動員に関与し、法的責任がある」
との韓国側の立場を示し、
その上、日本側が合意に基づき、
10億円の拠出に伴って
在韓日本大使館前などからの慰安婦像の撤去を求めている点に関し、
「合意の曲解であり、誤読だ」
とも批判している。                                                                    
本当に韓国という国は不思議な国である。

更にこれからは徴用工の像を設置するなど、
「いやがらせ」の度合いを増す見込みだ。
徴用工を強制連行した事実はなく、
また、日本での待遇は日本人と同じだった、
という信頼できる調査結果もあるのに、
また歴史を捏造しようとしている。

動物園でサルが客にものを投げたりするのに対して有効な対応方法は、
無視することだという。
客があわてて騒げば、
サルは「遊んでもらえる」とますますエスカレートする。
多少不愉快でも、
無視することが
この国に対しての最も適切な方法かもしれない。

もちろん国際社会に対しては、
正しい情報を提供する、という前提で。





AutoPage最新お知らせ