ステージアラウンドと『髑髏城の七人』  演劇関係

今日は、夕方から豊洲にでかけ、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに、ゆりかもめに乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

市場前駅で下車、

クリックすると元のサイズで表示します

ここ、IHIステージアラウンド東京へ。

クリックすると元のサイズで表示します

3月30日にオープンしたばかりの劇場。

クリックすると元のサイズで表示します

公式図版は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、ここ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

この劇場の新機軸は、
座席(1314席)が360度回転すること。

動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/Z8ypdI9YwiE

https://youtu.be/Jor-Sn98VWg

↓のとおり、座席のまわりに舞台があり、

クリックすると元のサイズで表示します

場面に合わせて座席がぐるりと回ります。

従って、複数のセットをあらかじめ設置しておくことが出来、
場面転換が容易。
のみならず、普通の舞台では無理な
砂を敷きつめた海岸とか、
川のほとりの場面などが可能になります。
何層にもなった構築物も作ることが出来ます。

こけら落としに選ばれた演目は、
劇団☆新感線「髑髏城の七人」

クリックすると元のサイズで表示します

場面も登場人物も多く、
絢爛豪華な舞台が
この新機構にはふさわしいと思われたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

クリックすると元のサイズで表示します

初演は1990年11月16日、
池袋西口公園テントを皮切りに、
近鉄劇場、シアターアプルなどで上演。

以来、7年ごとに、
1997年、2004年、2011年と、
設定や演出、アプローチを多種多様に変えて上演されています。

今回は、1年3カ月のロングランで、
「花」「鳥」「風」「月」の4シーズンに分け、
異なるキャストと脚本・演出によって上演される予定です。

新しい物好きな私は、
さっそく劇場に行ってみたいと思いましたが、
チケットはとっくに売り切れ。
チケット譲渡サイトをのぞくと、
1万3千円のチケットが
2万円から、良い席では3万5千円くらいで出ています。

結局、↓の席をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

11列目のセンターですから、
かなりの良席。
取引が成立すると、
チケットが送られて来ます。
代金は譲渡サイトで引き落とされます。
かなり安心なシステム。

A〜Dのアルファベットは、
江東区の避難指定のシステムだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

回転座席ですから、
↓のような注意書きも。

クリックすると元のサイズで表示します

実際、入った時と出た時では、
逆向きになっていました。

上演時間は正味3時間10分

クリックすると元のサイズで表示します

この表示に従って、入場。

クリックすると元のサイズで表示します

この通路を通ります。

クリックすると元のサイズで表示します

右側の湾曲したスクリーンの向こうに舞台があります。

クリックすると元のサイズで表示します

客席内は撮影禁止なので、

報道陣に部分公開したプレスコール↓をご覧下さい。

https://youtu.be/k6smZMMLe7g

予告篇は、↓をクリック。

https://youtu.be/38xn47d4pno

制作発表は、↓をクリック。

https://youtu.be/qoazD_Seag4

ストーリーは、

天正18年、本能寺の変で
織田信長が明智光秀に討ち取られてから8年が経過。
天下統一を目前とした豊臣秀吉の支配が
いまだ届いていない関東は、
天魔王と呼ばれる仮面の男が率いる
「関東髑髏党」に支配されていた。

関東髑髏党に追われていた少女、沙霧(さぎり)を
助けた浪人・捨之介は、
色街「無界の里」へと向かう。
しかし、里は髑髏党の襲撃を受けてしまい、
天魔王と戦うことを決意する捨之介たち。

この話に本能寺の変の残党や
無界の里の主・無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)、
無界一の人気を誇る極楽太夫(ごくらくだゆう)、
野武士集団“関八州荒武者隊”の頭目・抜かずの兵庫(ひょうご)、
捨之介の昔馴染みの刀鍛冶・贋鉄斎(がんてつさい)、
わけありの浪人・狸穴二郎衛門(まみあなじろうえもん)
などがからみ、
物語が重層的に展開していく。

湾曲したスクリーンに投影される
プロジェクション・マッピングが効果的で、
全幅に投映した時は、視野一杯に広がり、
まるでシネラマを見るよう。

場面は、無界の里、髑髏城内部、荒野、川のほとり
と変幻自在。
座席が回るのもスムーズで、
舞台との対比で、それと分かる程度。

そして、本水を使った川が流れるほとりで、
雨が降り注ぐなど、
視覚的、造型的に目を見張る場面が続きます。
いのうえひでのりは蜷川幸雄を越えた、
と言ったら、言い過ぎでしょうか。

荒唐無稽だが、面白い。
役者一人一人に見せ場が用意されている。
中でも古田新太がさすがで、会場を沸かせます。
そして、ダイナミックな殺陣が展開。
剣と剣が触れ合う「チャリン」という音が、
音響さんの絶妙なタイミングで入る。
更に音楽が盛り上げる。
まさに現代の「歌舞伎」。
そう、劇団☆新感線の芝居は、
「いのうえ歌舞伎」と呼ばれているのです。

いのうえ歌舞伎は、「ゲキ×シネ」として映像化されています。

ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」「髑髏城の七人」
感想ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20080918/archive

「蛮幽鬼」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20101115/archive

「シレンとラギ」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20131013/archive

3時間少々を堪能して、
「すごいものを観た」というのが感想。

最後のカーテンコールで、
座席が360度一挙に周り、
舞台がどんな風になっていたかが分かります。
嬉しいサービス。

難を言えば、座席の勾配が緩いため、
前の人の頭がちょっと邪魔になります。

帰り道に見た光景。

クリックすると元のサイズで表示します

とても良い夜を過ごしました。

会場にあったチラシで、
気になるものを。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ