プーケット旅行記Dファンタシー  旅行関係

プーケット3日目の夜は、
「ファンタシー」というテーマパークに出掛けました。

↓はホテルに迎えに来た車。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろなホテルに寄りながら、
予約客をピックアップしていきます。

途中、見たのが、
タイの宅配便の人たち。

クリックすると元のサイズで表示します

あるんですね、宅配便。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は東南アジアでおなじみのトラック満載の人。

クリックすると元のサイズで表示します

すごいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

↓はミニバスに乗った外人客。

クリックすると元のサイズで表示します

40分ほどで会場に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ファンタジー」(FANTASY)ではなく、
「ファンタ・シー」(FANTA SEA)

クリックすると元のサイズで表示します

この池には、

クリックすると元のサイズで表示します

鯉が沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

ここがチケット売り場。
予約票で交換です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人客が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

国籍を聞かれ、
チケットに「ようこそ」と書かれます。
「C32」は、ディナーのテーブル番号、
「P56」は、ショーの座席番号です。
「1」は、帰りのバスのゾーン。
ホテル名も印字されています。

クリックすると元のサイズで表示します

一番下のシールを服に貼りますが、
すぐはがれてしまいました。

ここが入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

園内のマップ。
敷地は25万坪もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

開園時間は夕方5時30分からという、
夜のテーマパーク。
閉園は11時30分。

クリックすると元のサイズで表示します

様々なアトラクションがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、タイガー・ジャングル・アドベンチャー。

クリックすると元のサイズで表示します

ホワイトタイガーが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここはゲームセンター。

クリックすると元のサイズで表示します

100バーツ(400円くらい)で3ゲーム。

クリックすると元のサイズで表示します

買い物も楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

象に乗ることも出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物は、

クリックすると元のサイズで表示します

レストランです。

クリックすると元のサイズで表示します

4千人収容出来る、
ものすごく広いレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

バイキングです。

クリックすると元のサイズで表示します

飲み物は別料金。

クリックすると元のサイズで表示します

ウェイトレスが駆け回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

正面にある像。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

表では、水に囲まれて、

クリックすると元のサイズで表示します

タイ式琴の音色が。

クリックすると元のサイズで表示します

暗くなると、

クリックすると元のサイズで表示します

園内は輝きを増します。

クリックすると元のサイズで表示します

無料のショーも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この古代遺跡のような建物が

クリックすると元のサイズで表示します

「パレス・オブ・エレファント」という劇場。

クリックすると元のサイズで表示します

夜になると、ライトアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

8時30分開場、

クリックすると元のサイズで表示します

9時開演。

クリックすると元のサイズで表示します

会場内はカメラ持ち込み禁止で、
預けさせられます。
係がバッグの中を見、
ポケットも触ろうとします。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
ショーの写真はありません。
↓は公式写真から。

クリックすると元のサイズで表示します

内容は、タイの歴史と文化を巡るもので、
マジックショーもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

会場は3千席だと書いてありましたが、
もっと多いような気がしました。

↓の金色の席は「ゴールデンシート」といって、
250バーツ(約千円)高い席です。

クリックすると元のサイズで表示します

100人ほどが舞台に登場し、
象も20頭くらい。
前の象の尻尾を、後ろの象が鼻で持つのが可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

農村のシーンで、
10羽ほどのニワトリが
上手から下手まで駆け抜けたのにはびっくり。
後ろから追っているわけでもないのに、
ものすごいスピードで走ります。

最後に、沢山の風船が天井から降って来ます。

ショーの動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/OqCTggFgZtM

1時間少々でショーは終了。

カメラの引換所に長い列。

クリックすると元のサイズで表示します

色分けされたチケットで
わりとスムーズに引き換えが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは方面別に配置されています。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかうまくシステム化されたテーマパークでした。





AutoPage最新お知らせ