新年食事会と遺品発掘  身辺雑記

今日は、親子3人で、親戚筋宅を訪問し、
新年食事会をしました。

料理は、大好きなエビ、

クリックすると元のサイズで表示します

里芋の煮物、

クリックすると元のサイズで表示します

マグロの刺身、

クリックすると元のサイズで表示します

サーモン、

クリックすると元のサイズで表示します

コロッケ、

クリックすると元のサイズで表示します

なます、

クリックすると元のサイズで表示します

カニ、

クリックすると元のサイズで表示します

和菓子。

クリックすると元のサイズで表示します

娘に言わせると、
「パパの好物は、カニ、エビ、それに肉」
だそうで、
肉はありませんでしたが、
私の好きなものを揃えてくれて、
腹一杯食べました。

ここに来ると、亡くなった父の遺品が発掘されるのですが、
今日は、その一つ、海軍時代の笛↓。

クリックすると元のサイズで表示します

独特な形をしています。

父が海軍時代にいただいた勲章
私の父は終戦時、海軍大尉でした。

クリックすると元のサイズで表示します

この本によれば、

クリックすると元のサイズで表示します

勲四等瑞宝章というのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

瑞宝章は、
「国家又ハ公共ニ対シ積年ノ功労アル者」に授与する
と定められ(勲章制定ノ件3条1項)、
具体的には「国及び地方公共団体の公務」または
「公共的な業務」に長年にわたり従事して功労を積み重ね、
成績を挙げた者を表彰する場合に授与されるものだといいます。

勲一等から勲八等まであります。

章のデザインは、
宇摩志麻遅命が
神武天皇に奉った瑞宝に基づいているとされていますが、
実際は伊勢神宮の御神体であるをモチーフにしている
と言うのが一般的な見解だそうです。
章の中央部に、
青色七宝に浮くように鏡のモチーフが浮き出して取り付けられ、
連珠が丸く囲み、
その外側は四方に伸びる光線が
白七宝によって施され、
中央の鏡のモチーフを囲む部分には赤の連珠が配されています。
ご神体である鏡に強く光が当たった状態を
デザインに起こしているといいます。

↓は紀元二千六百年祝典記念章

クリックすると元のサイズで表示します

娘はこれを見て、
「紀元二千六百年って何?」
と訊いていましたが、
まあ、知らないで当然。

紀元二千六百年記念行事とは、
1940年(昭和15年)に
神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った行事です。

11月10日、
皇居前広場において
昭和天皇・香淳皇后臨席の下、
内閣主催の「紀元二千六百年式典」が盛大に開催されました。

クリックすると元のサイズで表示します

この模様は日本放送協会(現在のNHKラジオ第1放送)により
実況中継されましたが、
天皇の勅語の箇所は放送が中断されたといいます。
これは、ラジオの聴取者がどのような姿勢・体勢で
放送を聴いているかがわからないため、
不敬とされる状況が生じるのを避けるための措置であったのです。
従って、天皇の肉声が初めてラジオで流れるのは、
1945年(昭和20年)8月15日の玉音放送となります。

この時、
紀元二千六百年祝典記念章が制定され
紀元節又は紀元二千六百年式典に招かれた者
及び式典の事務並びに要務に関与した者に授与されたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

私の父は招待されたのか、
それとも、事務方だったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

記念切手も発行され、
紀元節の2月11日に2銭と10銭、
式典が開催された11月10日に4銭と20銭の
各額面の記念切手が発売されました。

いずれの図案も日本書紀に関する題材で、

2銭は金鵄、

クリックすると元のサイズで表示します

4銭は高千穂、

クリックすると元のサイズで表示します

10銭は鮎と厳瓶(あゆといつべ)、

クリックすると元のサイズで表示します

20銭は橿原神宮。

クリックすると元のサイズで表示します

また満州国も「日本紀元二千六百年紀念」の記念切手2種を発行しています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この時、国民歌も作られました。
その歌と記念式典の様子は、↓をクリック。

https://youtu.be/zYgKAzOoNsQ

↓は洋上慰霊祭の記念誌

クリックすると元のサイズで表示します

これは、父のたちが作った海軍の親睦団体が主催した、
「中部太平洋ソロモン海域洋上慰霊祭」の写真集。

昭和56年11月12日から12月1日までの20日間、
客船ゆうとぴあ丸を借り切って、

クリックすると元のサイズで表示します

元軍人及び遺族600名が
戦地であった太平洋に乗り出し、
戦死者たちの慰霊を行ったもの。
↓はその航路。

クリックすると元のサイズで表示します

出航に先立ち、高松宮ご夫妻から激励をいただき、

クリックすると元のサイズで表示します

出発。

クリックすると元のサイズで表示します

硫黄島や

クリックすると元のサイズで表示します

サイパン島を訪ね、

クリックすると元のサイズで表示します

洋上慰霊祭を敢行。

クリックすると元のサイズで表示します

私の父は事務局長をつとめました。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、私は前の職場で
数多くの海外旅行を企画立案し、実施しましたので、
どうもDNAが色濃く遺伝したようです。

クリックすると元のサイズで表示します

この時の父の年齢を数えると、73歳

クリックすると元のサイズで表示します

65歳定年で、
さっさと世の中との繋がりを断った私と比べ、
70歳を越えても頑張っていたと思うと、
ちょっと衝撃でした。

そういうわけで、父親の遺品を発掘し、
その生涯をしのびました。






AutoPage最新お知らせ