花園神社  様々な話題

今日は、初お出かけで、新宿に行き、
ここでしかやっていない映画を1本観て、

クリックすると元のサイズで表示します

花園神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

明治通りの入り口には、
「花園稲荷神社」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、境内には、その痕跡が。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、靖国通りからの入り口には、
「花園神社」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、来歴を調べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

花園神社には、
倉稲魂命(うかたのたまのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
受持神(うけもちのかみ)
の3柱の神が祀られています。

クリックすると元のサイズで表示します

創建の由緒は不明(!)。
徳川家康が江戸に入った1590年にはすで存在していたというから
家康より先住民
内藤新宿が開かれるとその鎮守として祭られるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

元は現在地よりも約250メートル南、
今の伊勢丹のあたりにありましたが、
寛政年間、その地を朝倉筑後守が拝領し
その下屋敷の敷地内となって参拝ができなくなったため、
氏子がその旨を幕府に訴えて、
尾張藩下屋敷の庭の一部である
現在地を拝領し、そこに遷座しました。
そこは花が咲き乱れていた花園の跡であることから
「花園稲荷神社」と呼ばれるようになったと伝えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

明治に入ると村社に列格しましたが、
その際、名称は単に「稲荷神社」となります。
一説には届出の際に「花園」を書き忘れたといいます。
(誰かうっかり者がいたんですな)
1916年(大正5年)、
東京府知事に対し改名願を出し、
「花園稲荷神社」。
1928年(昭和3年)、
現新宿4丁目にあった雷電稲荷神社(雷電神社/祭神:受持神)を合祀、
1965年(昭和40年)、
現在のコンクリート製の本殿に建て替えられ、
その際に末社・大鳥神社(祭神:日本武尊)を本殿に合祀し、
社名を「花園神社」に改めました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど。そういうわけだったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

神社の中に神社があるのが日本の神社の特徴。
この境内社は、摂末社(せつまつしゃ)と呼ばれ、
ここには2つの摂末社があります。

一つは、威徳稲荷神社

クリックすると元のサイズで表示します

遊廓跡から移設された神社で、
陽物を祀ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

参拝している人は、それを知りません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、このような

クリックすると元のサイズで表示します

キツネの彫像が。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つは、芸能浅間神社

クリックすると元のサイズで表示します

芸能の神様が祀られているそうで、
毎年初詣の時期になると、
演劇や歌曲と縁の深い沢山の日本の芸能人が参拝に訪れます。

ここには、藤圭子「夢は夜ひらく」の歌碑があります。

クリックすると元のサイズで表示します

花園神社といえば、
テント公演が知られていますが、
それは、現宮司の片山文彦氏が、
学生時代に芸大の音楽の教授に師事をし、
演劇の脚本を書いたこともある人物で、
そのため、1967年(昭和42年)に、
唐十郎率いるアングラ劇団「状況劇場」が
紅テント公演をするにあたって、
境内を提供したということだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

そうだったのか、と納得。
蜷川幸雄演出、平幹二朗主演の「王女メディア」も、ここでした。
ラスト、クレーンに乗ったメディアが上空から語りかけ
観客の度肝を抜きました。

しかし、氏子との間に議論があったのでしょうね。
もっとも、花園神社と「芸能」の歴史は江戸時代からあり、
当時大火で焼失してしまった社殿を再建するために
境内に劇場を作り、
そこで見せ物や演劇、踊りなどを興行したといいます。

それで、近年は、消えつつある「見世物興行」に、
境内を提供しているといいます。

カラス害があるようで、

クリックすると元のサイズで表示します

このような表示が掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

参拝の作法も最近知られるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋台は、ここにまとめられています。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう所もある一方、

クリックすると元のサイズで表示します

販売もされています。

クリックすると元のサイズで表示します

おみくじも飛ぶように売れています。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ここに。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは宝物殿

クリックすると元のサイズで表示します

神輿などが祭られています。

クリックすると元のサイズで表示します

靖国神社方面へ。

クリックすると元のサイズで表示します

花園神社でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は恒例の浅草へは行きません。





AutoPage最新お知らせ