小説『スメラギの国』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                                 
大手事務機メーカー営業マンの香坂志郎は、
恋人の麗子と結婚するために、
郊外の新築のアパートへ引っ越すことにした。
資産家の大家に挨拶に行くと、
その大家夫人が、
アパートの前の広い空き地の真ん中にある林には近づかないこと、
白い猫を見かけても絶対にかまわないように、
奇妙な忠告をした。

実際その町は猫の多い町で、
志郎のアパートのベランダにも2匹の猫が定住してしまった。
ある日、志郎は空き地の林近くで白い子猫を見かけ、
更にその親猫と思われる白い猫が光を放っているのを目撃する。
しかもその2匹を、沢山の猫たちが
守っているように見えるのだった。
志郎は親猫には「スメラギ」
子猫には「プリンス」という名前を付ける。

同僚から高級車を安く手に入れた志郎は、
空き地に駐車スペースを作ることについて大家の許可をもらい、
初めて駐車しようとした時、
プリンスと名付けた子猫を轢き殺してしまった。
その後、志郎の周辺で奇妙をことが次々と巻き起こる。
どころか、それは志郎と猫たちとの戦争の様相を示してきた・・・

これに並行して、
志郎の会社の先輩で、
息子を自動車事故で死なせてしまった村上の
加害者に対する復讐計画と
町内の老婆が買うチョコとアイスという兄弟猫の話が絡む。

チョコとアイスはスメラギと接触することにより、
新しい猫として覚醒しており、
感情と知能を持っていた。
空き地の林を中心に
新しい猫たちの王国が出来ていたのだ。
そして、スメラギの側近であるルイという猫の計画により、
志郎に対するプリンス殺害の復讐の道具として
アイスは使われようとしていた・・・

というわけで、
空き地に住む覚醒した猫たちと志郎の壮絶な闘いを描く。
まず、ベランダに住んでいたヨアヒムが牙をむく。
この場面は、猫という狩猟動物の本能が目覚めた描写として、
凄絶をきわめる。

そして、猫たちはルイの指導により、
志郎の運転する車にカミカゼ特攻をしかける。
故意に轢かれ、志郎の精神状態にダメージを与える計画なのだ。

このあたりで、猫好きの読者にとっては苦悶の読書体験となる。
次々と特攻攻撃で
志郎の車の前に飛び込む猫たちの姿が目に浮かび、
気が滅入る。

やがて、スメラギの素性が明らかになるが・・・

作者は「花まんま」で直木賞を受賞した朱川湊人
この人の作品で長編を読むのは初めて。
特徴である都市伝説的奇談が展開して、読ませる。

最後は救いのある話だが、
ちょっとした事故により、
ここまで猫と人間が戦わなければならないのかと
気分が暗くなる。
もしかしたら人間が起こしている戦争への
寓話なのかもしれないが・・・





AutoPage最新お知らせ