悲しい大統領たち  政治関係

私はこのブログで、
朴槿恵韓国大統領のことを「愚かな大統領」と何度も書いてきたが、
その彼女が窮地に立たされている。

韓国の大統領は歴代悲惨な晩節を迎えているが、
大統領就任中にその状態になってしまったようだ。

韓国の大統領は退任後、
その就任中の不正が暴かれて、訴追されることが続いている。
それは、韓国の政治体制に起因するもので、
親族の重用、利益誘導が過ぎるからだ。
それで、退任後、大統領とその親族、側近らの収賄、
不正蓄財、権力乱用といったスキャンダルとして表に出てくる。

韓国歴代大統領とその末期の一覧

李承晩 イ・スンマン 1948.7.20〜1979.10.26
不正選挙を行い、革命で失脚後にハワイ亡命
母国に戻れずハワイで客死。

尹潽善 ユン・ボソン 1960.8.13〜1962.3.22
クーデターにより退任。
軍法会議に諮られ、懲役3年の実刑判決。

朴正煕 パク・チョンヒ 1963.12.7〜1979.10.26
側近により暗殺
妻もその5年前に暗殺。
長男(朴槿恵大統領の弟)は麻薬により数回逮捕歴。

崔圭夏 チェ・ギュハ 1979.12.8〜1980.8.16
クーデターにより辞任

全斗煥 チョン・ドファン 1980.9.1〜1988.2.24
反乱事件の首謀者として死刑判決。
無期懲役に減刑され、その後、特赦。

盧泰愚 ノ・テウ 1988.2.25〜1993.2.24
粛清クーデターや不正蓄財により懲役17年
後に恩赦。

金泳三 キム・ヨンサム 1993.2.25〜1998.2.24
次男があっせん収賄と脱税で逮捕。

金大中 キム・デジュン 1998〜2003
息子3人共に賄賂で逮捕。

盧武鉉 ノ・ムヒョン 2003.2.25〜2008.2.24
大統領弾劾決議で一時職務停止。のちに棄却。
親族の逮捕や、本人にも捜査が及び投身自殺

李明博 イ・ミョンバク 2008.2.25〜2013.2.24
土地の不正購入の疑惑で、長男宅が家宅捜索。
国会議員の兄はあっせん収賄で逮捕。

朴槿恵 パク・クネ 2013.2.25〜2017.2.24予定
朴大統領の場合は、
弟妹との折り合いが悪く、
そういうことがないかと思われたが、
「親友」あるいは「義姉妹」のような関係の人物に利益誘導してしまったのだ。

支持率5%というのは「統計学的には無意味な数字」だそうで、
実質0%と見てもよい。
弾劾は与党が多数なので、ありそうもなく、
任期途中で辞任した初の大統領となる可能性もある。
しかし、大統領をやめた途端に逮捕は必至であるから、
任期はまっとうするかもしれない。
だが、それも時間稼ぎにすぎない。

日本の報道も加熱しているが、
なんとなく「いい気味」という印象だ。
それも、朴大統領が就任初期、
外国に出掛けては日本の悪口を言う、
いわゆる「告げ口外交」をしたからだろう。

すでに書いたように、
私は彼女のことを「愚かな大統領」と呼んできたが、
「愚か」という意味は、
「物事の優先順位が分からない人」という意味だ。
反日などしている前に
国民の地位向上など、
やることはいくらでもあっただろうに。
就任以来、韓国にとって良いことは一つもなく、
本当にこのままでは「史上最悪」の大統領で終わってしまうかもしれない。

ただ、この後大統領を狙っている
潘基文(パン・ギムン)という人物は
朴大統領に輪をかけて愚かな、反日親中の人物だし、
対抗馬の野党の文在寅(ムン・ジェイン)は
慰安婦合意の白紙撤回を求めているような、
やはり愚かな政治家だ。

いずれにせよ、
国のトップがこんなていたらくでは
まじめな韓国国民は浮かばれないだろう。





AutoPage最新お知らせ