映画『グッドモーニングショー』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

テレビのワイドショーを舞台に描かれる
シチュエーションコメディー
シチュエーション・コメディはコメディのジャンルのひとつで、
登場人物の置かれる状況(シチュエーション)によって観客を笑わせるコメディ。

で、主人公のワイドショーのメインキャスター、
澄田真吾(中井貴一)が
どんな状況に置かれているかというと、

クリックすると元のサイズで表示します

視聴率の不振で、
プロデューサーから番組打ち切りを言い渡され、
アシスタントの女子アナからは不倫の事実を
番組放送中に宣言すると脅かされ
家庭では学生の息子からデキ婚を打ち明けられている。
澄田には、報道番組のキャスターだった時代に、
被災地からの生中継で失態を犯した過去があり、
そのトラウマで現場中継を極度にいやがっている。
しかし、心の中では報道に戻りたい、
という思いに悩まされてもいた。

映画は朝3時起きて局に出かける前に
息子から結婚の話を打ち明けられ、
タクシーで局に向かう途中、
電話で女子アナから脅迫を受け、
局ではプロデューサーから番組打ち切りを言い渡され、
打ち合わせでは、
コーナーの順番を巡るいざこざに巻き込まれ、
とんでもない一日になることが予想される。

そんな時、ニュースが飛び込んで来た。
局に近いカフェで、客を人質にした立てこもり事件が起こり、
犯人が澄田を呼べ、と要求しているというのだ。
女子アナの追及から逃げる気もあって、
いやいや現場に向かう澄田。
全局のカメラが澄田の姿を追い、
落ち目のキャスターに俄然脚光が浴びせられる。
なにしろすべての局が澄田の姿を写しているのだ。
犯人と交渉に向かう澄田に
局の人間が無断でカメラを取り付け・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「踊る大捜査線」 シリーズの脚本などで知られる
君塚良一がメガホンを取った。
この人、テレビ業界の人だから、
局内の描写にリアリティがある。
モーニングショーとは、こんな風に作られるのか、
というお勉強にもなる。
テロップの手配、過去の映像の検索、カンペの作成、
ホワイトボードに書き込む事件の展開など、
ほう、と思わせる。
事件のせいでスイーツのコーナーが吹っ飛んで、
スイーツ店に迷惑が及ぶ、などという描写もある。
情報番組と報道番組との確執(テレビ局では報道セクションが一番上だと思っている)や、
過酷な視聴率競争などテレビ業界の裏事情を盛り込みながら描く。
キャスターの現場投入などという異常事態に
保身の上司がおたおたする場面も組織というものを示して面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

生放送中に視聴者が乱入して来る
「マネーモンスター」との類似性が頭をもたげるが、
あちらはシリアスだが、こちらはコメディ。
結構笑える。

中でも勝手な思い込みをするアシスタントの女子アナの
地雷女を演ずる長澤まさみが出色。
あまり好きな役者ではなかったが、一皮むけた印象。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一人のアシスタントの女子アナの志田未来もいいし、

クリックすると元のサイズで表示します

澄田の妻を演ずる吉田羊も好演。
この人、どんな映画にも顔を出す売れっ子になった。
その他、時任三郎、濱田岳、松重豊ら芸達者が顔を揃える。

現場のカフェに行ってからの展開は、
もう一ひねり出来なかったか。
あの事件の取り扱い方次第では、
もっと痛烈なマスメディア批判になった気がするのだが、残念
全体的に軽薄さが目立つ。
フジテレビ製作だから仕方ないか。
しかし、面白く観た。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/-jR0NBHuCl4

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ