映画『怒り』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

八王子の住宅地で、惨殺された夫婦の遺体が見つかる。
室内には、血で書かれた「怒」の文字が残されていた。
犯人は山神一也と特定されるが、自宅から逃亡、
その後、整形手術をしたとの痕跡を残して
行方知れずになってしまう。

事件から1年。
正体不明の男と接触する3つの例が描かれる。

クリックすると元のサイズで表示します

千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、
家出していた娘・愛子(宮崎あおい)を
歌舞伎町から連れ帰る。
愛子は漁港で働き始めた
田代という男(松山ケンイチ)と親密になり、
やがて同棲を始める。
しかし田代という名前が偽名だったことが分かり、
洋平が愛子を問いただすと、
田代は借金で追われていると告げられる。

クリックすると元のサイズで表示します

東京の大手広告代理店に勤める優馬(妻夫木聡)は、
ゲイが集うサウナで知り合った直人(綾野剛)と親密になり、
家に招き入れる。
優馬には末期ガンを患う母がおり、
直人とも親しくなっていく。
しかし日中の彼の行動が分からず、
仲間内で空き巣事件が連続していること、
見知らぬ女性と一緒にいたことが重なり、
優馬の中に疑念が広がる。

クリックすると元のサイズで表示します

男癖の悪い母と沖縄に引っ越してきた泉(広瀬すず)は、
離れ小島でサバイバル生活をしている田中(森山未來)と出会う。
泉は気兼ねなく話せる田中に心を開いていく。
ある日、同い年の辰哉(佐久本宝)と訪れた那覇で事件に遭遇。
田中は辰哉の民宿で働くようになるが、
頼りになる反面、奇矯な行動が目立つようになる。

この3つの話は決して交錯することはない。
並行して、捜査本部の刑事の動きが描かれ、
テレビで放送された
凶悪犯捜索番組を見た結果、
3者3様の反応をしていく。

愛子は犯人の手配書を見つめ、
警察に電話をかける。
捜査員が訪れた結果は・・・
わずかな疑念で大切なものを失ってしまったことを愛子は悟る。

テレビ番組で犯人の特徴を知った優馬は、
警察の連絡を受けた時、
巻き込まれまいとして、
「そんな人は知らない」と思わず口走ってしまう・・・
その時、直人を捨てたのだ。

田中が泉の事件を目撃していたと知り、
訪れた離れ小島で辰哉が見たものは・・・

「悪人」で原作者・吉田修一とタッグを組んで、
数々の映画賞を受けた李相日監督が再び吉田作品を映画化。
千葉、東京、沖縄を舞台に
3つのストーリーが描かれる群像劇で、
身元不詳の男と出会った人々が
その正体をめぐり、
疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描き、
「身近にいる存在をどれだけ信じられるか」
という大きなテーマを観客につきつける。

中でも千葉の物語が最も重い。
歌舞伎町の風俗店にいたという愛子の前歴が町で評判になり、
その将来に心を痛める父親の姿を
渡辺謙がさすがの存在感で演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

特に、「心配なのは、愛子だから?」と愛子から問いかけられる場面、
妹から、「愛子がまともな幸せをつかめるはずがないと思っているんでしょう」
と問い詰められる場面は、
傷ついてしまった娘を抱える父親の心情を写して秀逸。

警察からの連絡で「知らない」と否定し、
捨てたことを心の痛みにしていた優馬が
真実を知った時の妻夫木聡の泣き顔が印象的だ。

沖縄の話だけは、少々生煮えで、
和泉と田中、辰哉と田中の信頼関係が的確に描かれていないので、
不満が残る。
取り調べ室で
辰哉が泉の事件を隠そうとするシーンは必要ではないのか。

日本映画には珍しい変則的オムニバス映画
小説を映像的に巧みに処理した監督の手腕が光る。
登場人物の内面での葛藤がうまく描かれ、
人間ドラマとして成立している。
暗い話だが、最後のくだりで救いがある。

クリックすると元のサイズで表示します

音楽の坂本龍一は、さすが。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/iMG1qVZ2dcs

原作本の紹介ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20150724/archive

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ