映画『シン・ゴジラ』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「シン・ゴジラ」の「シン」は、
「新」なのか「真」なのか、「神」なのか。

この映画、昨年の私のワーストワン映画「進撃の巨人」の
樋口真嗣が監督と聞き、
観る気も起らず、放置しておいた。
しかし、あまりの評判の良さに、
こわいもの見たさで鑑賞。
思い切って鑑賞して正解だった。
予想を越える出来、
というか、予想を越える切り口

クリックすると元のサイズで表示します

東京湾で不可解な事故が起こり、
海中に謎の生物が潜む可能性が示唆される。
やがて、巨大不明生物が出現し、
大田区の川をさかのぼり、
変態を繰り返し、東京湾に戻る。
その後、鎌倉に上陸し、街を破壊しながら東に向かう。
その時は、ゴジラの形態に変化していた。
政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、
多摩川での阻止をもくろむが、
近代兵器が全く歯がたたない完全生物の前にお手上げになる。
その間にゴジラが海洋投棄された核廃棄物を
代謝できるように進化した新生物で、
体内に原子炉状の器官を内蔵し、
そこからエネルギーを得ていること、
生殖なしに増殖し、
ネズミ算式に群体化していくことも判明する。
東京駅上で機能停止したゴジラは
エネルギーをため込み、再覚醒の時期を待っているが、
国連安保理は被害の拡大を阻止するため、
東京を熱核攻撃することを決定。
都民は避難を開始する。
期限までの間、
日本側は血液凝固剤の投入を画策するが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という展開を、
こういうデザスターものの定石である、
避難家族のそれぞれや
暖かい家族愛などの、
感傷的で
ありきたりな展開をせずに
「東京を巨大生物が襲ったらどうするか」
という命題を受けて、
徹頭徹尾、日本の政治家、官僚、自衛隊の対応を中心に描く。
会議室のシーンが7〜8割を占めるのではないかという印象で、
対応策決定の過程が詳細に描かれる。
法律でがんじがらめにされた自衛隊の出動が
自衛権ではなく、「鳥獣駆除」だというのも笑わせる。
「実際にゴジラが現れた場合、自衛隊はどのように対処するのか」
「ゴジラに対して武器の使用が認められるのか」などの
ミーティングを自衛隊と繰り返し行い、
事実に即した脚本に仕上げていったという。
(そんな質問を受けた自衛隊は面食らっただろう)
巨大生物をめぐり、武力行使か人命尊重か、
それとも法律を最重要視するのか、
綿密な調査、研究があったことをうかがわせる
脚本の庵野秀明の功績。
そして、この脚本で「GO」サインを出した東宝も偉い。
大勢がかかわると、
作品が平準化してしまうのだが、
庵野秀明総監督の作家性がよく出た。

クリックすると元のサイズで表示します

国連が日本という国を犠牲にしてでも
世界への拡散を防ぐという決定も
ありそうな展開だ。
「仮にニューヨークだとしても同様にする」
という理屈が興味深い。
今まで作られた20数作のゴジラ映画も
アメリカで作られた2本のゴジラ映画も
成し得なかった新たな発想が新鮮だ。

間に挟まれた感がする
ゴジラの映像もフルCGだというが、
なかなかのものだ。
特に初めて巨大生物の幼体が実像をあらわす
蒲田での川の遡上で、
モーターボートがゴジラの前をがらがらと転がるシーンが面白い。
この時のゴジラは変態前で、目玉の大きい魚のような形態。
このような変身は今までにない。
「モスラ」でイモムシが蛾に変身した時も驚いたが。

その後、ゴジラに変態してからの
熱線、熱光線のゴジラ側の攻撃も過不足なく描く。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマの中心は、
内閣官房副長官役の長谷川博己
内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊
アメリカの大統領特使役の石原さとみ
などだが、彼ら優秀な官僚が
無私の心で事態に向かう姿が胸を打つ。
特に終盤の凝固剤投入に向けて
日本の技術と民間の協力を得ての
作戦実行の際は、
日本の底力を見せた感じで感動的でさえある。
「この国は、まだやれる」
というセリフがあるが、まさに
国連の力を借りずに自国で対応する様は心強い。

伊福部昭の音楽も使用されているのが
オリジナル作品への敬意を表わして気持ちがいい。

基本的にファンタジーだが、
ファンタジーでも、
今の日本の抱える諸問題を描くことが出来ることを見せて秀逸。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/M89VLZgo1Vg

この予告編、センスがいい

私はオリジナルの「ゴジラ」(1954)から
リアルタイムで観ているが、
次第に子供向けになってしまったのが残念だった。
「ラドン」は怖かったし、
「モスラ」はユニークな面白さ。
「ゴジラ」「ラドン」「モスラ」
東宝の特撮もののベストスリーだと思っている。

その本家「ゴジラ」の予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/78YbGktcHe0

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ