宮島・門司・萩の旅・その2・門司港  旅行関係

バスは、瀬戸内海を見ながら、西へ。

クリックすると元のサイズで表示します

時々、山の中の村。

クリックすると元のサイズで表示します

時々、壁。

クリックすると元のサイズで表示します

サービスエリアは、

クリックすると元のサイズで表示します

日本の文化です。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレは水の節約。初めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは山口県

クリックすると元のサイズで表示します

このバスが今度のバス。
周防と長門で「防長バス」。

クリックすると元のサイズで表示します

関門橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

下関と門司を結ぶので、「関門」。
漢字文化の日本ならではの命名。

クリックすると元のサイズで表示します

開通は1973年11月14日。
関門トンネルの開通は1958年3月9日。
こちらの方が「本州と九州がつながった」と衝撃でした。
その時の記念切手が、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

当時の切手少年なら、必ず持っていました。

東側。このどこかに壇の浦があります。

クリックすると元のサイズで表示します

門司港レトロ地区に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

位置は、↓ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

マップがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

1889年(明治22年)に、
北九州の海外貿易の拠点として開港。
明治から大正時代に建てられた建造物が今も残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

バナナマン。

クリックすると元のサイズで表示します

黒いバナナマンと対ですが、
黒い方は、今、修理中。

これもピクチャーポイント。

クリックすると元のサイズで表示します

土産物屋が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

旧門司三井倶楽部

クリックすると元のサイズで表示します

三井物産がVIPを接待するために利用した社交クラブ。

この中には、林芙美子記念室と
アインシュタイン メモリアルルームがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

門司港駅は修復中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、「帰り水」

クリックすると元のサイズで表示します

戦前の海外旅行帰国者や
戦後の復員や引揚者が
門司に上陸し、
安堵の思いで喉を潤したところから、
誰言うとなく、
「帰り水」と呼ばれるようになりました。

洗面所や

クリックすると元のサイズで表示します

トイレも保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは、「幸運の手水鉢」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コンビニも景観を汚さない色合いに。

クリックすると元のサイズで表示します

旧大阪商船

クリックすると元のサイズで表示します

当時は、専用桟橋から直接乗船でき、
多くの旅客でにぎわっていました。

門司港ホテル

クリックすると元のサイズで表示します

横から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは関門橋がこのように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

はね橋ブルーウィングもじ

クリックすると元のサイズで表示します

時間により開門します。

黒川紀章設計のマンション。
31階に展望台があります。

クリックすると元のサイズで表示します

旧門司税関

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

焼きカレーとは、
カレーの上にチーズを乗せて焼いた、
地元のソウルフード。

クリックすると元のサイズで表示します

国際友好記念図書館

クリックすると元のサイズで表示します

大連市との友好都市締結15周年を記念して建てられました。

再び関門橋を渡って下関へ。
西側には巌流島がありますが、とこか分かりません。
船で行くツァーがあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

正式な名前は舟島
佐々木小次郎の号である「巌流」から取られた通称。
一説には、決闘の時、
宮本武蔵が20代で佐々木小次郎が60歳近くだったといわれています。
更に70歳近いという説もあります。
若者の年寄りいじめですね。

夕日がきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下関に戻ったわけは、ここで、

クリックすると元のサイズで表示します

ふぐの夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

これがセットで、

クリックすると元のサイズで表示します

ふぐ刺しとふぐ寿司とふぐ唐揚げは食べ放題
もちろんとらふぐではありません。
唐揚げは小ふぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

おかわりは小さくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

私はふぐ刺しは7回おかわり。
ふぐ寿司と唐揚げは2回おかわり。
カミさんと娘はおかわり1回ずつ。
カミさんたちはバイキングは苦手です。

ライトアップされた関門橋を再び北九州側に渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルは北九州八幡ロイヤルホテル

クリックすると元のサイズで表示します

エキストラベッドの3人部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場に入り、
テレビで広島カープの優勝の瞬間を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな日に広島を訪れたのも奇遇です。





AutoPage最新お知らせ