宮島・門司・萩の旅・その1・安芸の宮島  旅行関係

では、宮島・門司・萩の旅を始めましょう。

早朝の羽田空港

クリックすると元のサイズで表示します

「国内線に乗るのは何年ぶりだろう」
なんて思っていたら、
そういえば、昨年7月、
軍艦島に行くために長崎に2度行きましたね。
忘れてました。

このコーナーは、

クリックすると元のサイズで表示します

荷物自動預け機

クリックすると元のサイズで表示します

スーツケースを置いて、
チケットの2次元バーコードをかざすと、
細長いタグが出て来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

これを自分で荷物に付けて、

クリックすると元のサイズで表示します

ボタンを押すと、蓋が閉まり、

クリックすると元のサイズで表示します

預かり証が出て来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

便利ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、行きは全日空、帰りはJALと、変則的。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

機内はこんな感じ。
3・3・3の座席構成でした。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間1分で広島空港に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します

取りやすいように、把手を外側に向けて置いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなサービスをするのは、日本だけでしょう。

バスに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

このツアーは阪急交通社トラピックス

クリックすると元のサイズで表示します

最少催行人員30名のところ、
バスの定員一杯の47名

広島空港は山の中にあるので、
しばらく、↓のような景色が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、瀬戸内海に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

フェリーで宮島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

約10分間の船の旅。

クリックすると元のサイズで表示します

宮島、結構大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

厳島神社

クリックすると元のサイズで表示します

大鳥居が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は、↓ここ。

クリックすると元のサイズで表示します

船着場のにぎわい。

クリックすると元のサイズで表示します

モン・サン・ミッシェルとは、観光友好都市です。

クリックすると元のサイズで表示します

世界遺産に登録されてから20年。

クリックすると元のサイズで表示します

日本三景の碑と共に、

クリックすると元のサイズで表示します

鹿たちが迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

この鹿、野生なんですと。

クリックすると元のサイズで表示します

人に馴れていますが。

クリックすると元のサイズで表示します

フン害も相当にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居が迎えます。
鳥居は、神域と人間が住む俗界を区画し(結界)、
神域への入口を示すものです。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、潮が引いていて、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こういう景色は見られませんでした。残念。

クリックすると元のサイズで表示します

参拝入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

東側回廊

クリックすると元のサイズで表示します

厳島神社は、古くは「伊都岐島神社」とも記され、
全国に約500社ある厳島神社の総本社です。

クリックすると元のサイズで表示します

社伝では、推古天皇元年(593年)、
当地方の有力豪族・佐伯鞍職が社殿造営の神託を受け、
市杵島姫命を祀る社殿を創建したことに始まるとされています。

クリックすると元のサイズで表示します

平安時代末期、神主・佐伯景弘と
当時の安芸守・平清盛の結びつきを契機に
平家一族から崇敬を受けました。

クリックすると元のサイズで表示します

仁安3年(1168年)頃、平清盛が社殿を造営し
現在と同程度の大規模な社殿が整えられました。

クリックすると元のサイズで表示します

平家滅亡後も源氏をはじめとして
時の権力者の崇敬を受けましたが、
建永2年(1207年)と貞応2年(1223年)の2度の火災で
建物の全てを焼失。
現在残る社殿は仁治年間(1240年-1243年)以降に
造営されたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

床に隙間があるのは、
高潮時の水の圧力を軽減するため。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本殿です。国宝。

クリックすると元のサイズで表示します

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)
の3柱が祀られています。
海、交通、財福、技芸の神さまたちです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは高舞台。国宝。

クリックすると元のサイズで表示します

舞楽をここで行います。

クリックすると元のサイズで表示します

2016年G7広島外相会合における雅楽。

クリックすると元のサイズで表示します

その周囲の屋根がない板敷の部分を「平舞台」といいます。
平舞台のもっとも海側は桟橋状に細く突き出ており、
この部分を「火焼先」(ひたさき)と称します。(修復中)

クリックすると元のサイズで表示します

「火焼先」の延長線上200mに大鳥居が建ちます。
修復中なのが残念。

クリックすると元のサイズで表示します

現鳥居は明治8年(1875年)に再建されたもの。
棟の高さ16.6m、
柱間10.9m、
主柱の根回り10m。
各主柱の立つ基礎は、千本杭という、
松材の丸太の杭を密に立てて打ち込んだもので、
現在はその上をコンクリートと花崗岩で固めてあります。
鳥居はこの土台の上に自重で立っています。
島木と笠木は箱状の構造で、
これらの内部には拳大の石が多数詰め込まれており、
その重みによって大鳥居は自立し、
風や波に耐えるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

干潮時には歩いて行けますが、
大鳥居にできた亀裂の部分に、
一部の観光客によって硬貨が差し込まれるケースが多発しており、
神社側は「鳥居の柱の老朽化が進む恐れがあり、
止めてほしい」と呼び掛けています。

クリックすると元のサイズで表示します

西側回廊。

クリックすると元のサイズで表示します

厳島神社は、海上に建てられていますが、
各建物には何か特殊な建築技法が使われているわけではなく、
浅い海底に地上の建物と同様に礎石を据え、
杭(束)を立て、その上に板床を張っています。
木製の杭は満潮時には海水に浸かるため腐食をまぬがれず、
定期的に点検を行って、
腐食が判明した場合は根継ぎを行っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海域に建っているにもかかわらず、
柱の不同沈下を起こさないのは、
社殿の建つ位置がもともと陸地であったところを
掘削して海としたためであり、
社殿は大きな岩盤の上に建っているのではないかとされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

反橋(そりはし)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

能舞台
日本て唯一の海中にある能舞台です。
今も使われています。

クリックすると元のサイズで表示します

松・竹があって、梅がないのは、
役者が梅、という考えから。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここが出口。

クリックすると元のサイズで表示します

この朽木は、

クリックすると元のサイズで表示します

承安4年(1194年)、
後白河法皇により植えられた由緒ある松の木。
明治初期に切り倒されました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで拝観は終わり。

クリックすると元のサイズで表示します

このトンネルをくぐって、

クリックすると元のサイズで表示します

表参道商店街へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

広島ですから、もみじ饅頭。

クリックすると元のサイズで表示します

店頭で作られています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここには巨大なしゃもじがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

敵を「めしとる」という語呂合わせから縁起がいいとされ、
店頭にも、しゃもじが並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

焼き牡蠣が売られています。

クリックすると元のサイズで表示します

丘の上の豊国神社と五重塔へ。

クリックすると元のサイズで表示します

豊国神社(ほうこくじんじゃ)は、
豊臣秀吉がまつられています。

クリックすると元のサイズで表示します

その前にカミさんが鹿にもみじ饅頭をあげたために、
一緒に階段を登ってついてきてしまい、

クリックすると元のサイズで表示します

これ以上行ってはいけないと分かっているらしく、

クリックすると元のサイズで表示します

戻っていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

可哀想に。

クリックすると元のサイズで表示します

豊国神社は千畳閣(せんじょうかく)とも呼ばれ、
畳約857畳の広さがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

祀られた秀吉。

クリックすると元のサイズで表示します

豊臣秀吉が建立を命じて建てられましたが、
秀吉の急死により、
未完成のまま今日に至っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも、しゃもじが。

クリックすると元のサイズで表示します

もみじ饅頭100年に奉納されたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからの景色。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

五重塔

クリックすると元のサイズで表示します

五重塔から下りる階段。

クリックすると元のサイズで表示します

船着場に戻ると、また鹿が。

クリックすると元のサイズで表示します

よく見ると、こんなことが書いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

また船に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

さようなら、厳島神社。

クリックすると元のサイズで表示します

バスは西へ。
門司に向かいます。





AutoPage最新お知らせ