映画『64 ロクヨン』前編・後編  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「ロクヨン」とは
小説の中で、昭和最後の年、昭和64年に起きた
「翔子ちゃん誘拐殺人事件」のことで、
県警の刑事たちの符丁で、「ロクヨン」と呼ばれていたもの。

事件から14年、時効まで1年、という時点で
ロクヨンが突然蘇る
警察庁長官が県警を訪問し、
ロクヨン解決のための視察が行われるというのだ。
県警の広報官・三上は
被害者遺族宅への長官訪問のための交渉役を任命される。
しかし、遺族の雨宮は長官訪問を頑なに拒む。

のみならず、長官視察の前日、
新たな誘拐事件が持ち上がる。
犯人は現金2000万円を要求し、
指定されたデパートで買った一番大きいスーツケースに入れるように指示する。
まるで14年前のロクヨン事件をなぞるかのように・・・。

このロクヨン事件の捜査に重なって、
三上の高校生の娘の失踪事件、
交通事故の加害者の匿名発表をめぐる記者クラブとの軋轢、
ロクヨン事件の鍵を握る「幸田メモ」の存在、
県内に頻発する無言電話、
長官視察の真の狙い
などが同時進行で進展する。

男っぽい、硬派のドラマである。
記者と三上、その部下、上司たちとの葛藤も
緊迫感があり、
何度か描かれる記者たちとの対立、
記者会見の様子など、
なかなか見事な演出力を発揮する。
俳優たちも巧い演技を見せる。

原作は横山秀夫の集大成ともいえるもので、
刑事部と警務部の確執、
キャリアと叩き上げの葛藤、
東京の本庁と地方警察の軋轢、
広報と記者クラブの相互不信、
職務遂行の決意、
人事権の問題など
重層的に展開する。

芯となるのは、
組織と個人の矜持の問題で、
三上の行動は「男」を感じさせる。

1500枚近い大作で、
分量的にも内容的にも横山秀夫の最高傑作
堅固な城のような構造を持ち、
一カ所手をつけると、
他の部分の辻褄が合わなくなる。
従って映画化にあたっては、
原作に忠実にせざるを得なかったのだろう。
前編121分、後編119分。
全体で4時間
NHKのドラマでは5話連続で5時間かかった。

省略したのは、今は出世して人事権を握る二渡と三上の葛藤で、
高校時代の剣道部で一緒だが、
一方は正選手、一方は控え選手の違いが
県警では立場が逆転している、
その微妙な心理は描くのが難しかったのだろう。

また、東京から来た記者たちから「鬼瓦」と呼ばれるほど
三上は醜男で、
それが県警一の美形の美那子と結婚した経緯、
娘の顔が母親ではなく、三上に似てしまったことから
「醜形恐怖症」にかかり、家出の原因となったことなどは、
佐藤浩市を起用した段階で変えざるを得なかった。

映像的処理は的確になされており、
雨宮が近所の公衆電話ボックスから
電話帳を元に電話を掛け続ける場面は
視覚的に訴える。
また、長官訪問の中止を雨宮に伝えるのを
原作での電話ではなく、映画では直接伝えるように改変されている。
雨宮の「あなたは大丈夫ですか」という言葉をかけられるが、
これは確かに面と向かって言われた方が効果がある。

(映画を観る予定のある人は、
ここから先は読まないで下さい〕

と、原作に忠実であることを強調したが、
最後の下りは原作と大きく異なる。
多少曖昧にした原作に対して、
真犯人の逮捕への道筋を明らかにしたかったのだろうが、
ちょっとリアリティに欠ける。

真犯人の家族の妹が失踪して、
誘拐されたかと思って親があわてるわけだが、
状況から判断して、
妹が姿を消したのは、ほんの僅かな時間だ。
一昼夜帰って来ないわけでもなく、
脅迫電話があったわけでもない。
妹は市内を歩いている。
それを三上の電話を受けて、
のこのこ元の死体遺棄場所に出かけ、
しかも、そこにトランクの閉じた廃車があるなど、いかにも不自然。
これを日本語で“ご都合主義”と言う。
最後に三上に不似合いな活劇の後、
現場にいる妹に対して、
警官の誰一人として確保に向かわないなど、
配慮に欠ける。

ただ、合計4時間を退屈させることなく
緻密に人間ドラマとして描ききったことは賞賛に値する。
しかし、「映画史に残る傑作」だとは思わなかった。
宣伝文句として仕方なかったのだろうが、
評価は自賛するものではなく、
観客が下すものだ。
こんな自己賞讃を繰り返していると、
だれも惹句を信用しなくなる。

5段階評価の「4」

小説「64(ロクヨン)」の紹介ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130701/archive

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ