映画『シアター・プノンペン』  映画関係

〔映画紹介〕           

クリックすると元のサイズで表示します

カンボジアの首都プノンペンに住む女子大生のソポンは、
うっとうしい家庭環境に背を向けるために
奔放な生活をしていた。
ある日、バイク置き場になっている古い映画館で、
館主が一人で上映している映画を目にする。

クリックすると元のサイズで表示します

それは1974年に作られた
王子と村娘のラブ・ストーリー「長い家路」で、
ソポンは映画の中に自分とそっくりの女優を発見する。
それこそ、若い頃の母親「ソテア」の姿で、
館主ソカはソテアに対して長い間想いを寄せていた。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は、クメール・ルージュのカンボジア支配により
最後のリール(原題)が紛失された未公開作品で、
ソカが監督したものらしい。
美しく輝いていた母の知られざる女優時代を知ったソポンは、
失われた最終シーンを完成させようと、
仲間に呼びかけて撮影を始める。
若い頃の母の役を自分が演じて。
しかし、ロケ地に行ったソカは、
何故か心ここにあらずという感じで、風景を眺めるのだった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この映画、なじみのないカンボジア映画で、
演技やセリフにクセがあり、
役者たちの顔つき、
耳慣れないカンボジア語の語感もあって、
前半は辟易した。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、後半になって、
この映画を巡る母親の秘密、父親の秘密、
館主ソカの秘密が明らかになるにつれて、
別な面を見せ始める。
文明を憎悪し、文化を否定した
クメール・ルージュによって破壊された
カンボジアの映画人たちへの鎮魂歌に見えて来るのだ。

首都プノンペンを追われ、
強制労働の場で苦労する人々。
中でもインテリを憎悪したポル・ポト独裁政権によって、
映画にたずさわったというだけで処刑された映画人たち・・

クリックすると元のサイズで表示します

特に、父親の話に導かれて、
ソポンが当時の強制労働村の幻影に迷い込むシーンは、
映画的表現にあふれて秀逸。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の上映会で映し出されるラストの下りも、
うまくつながってはいないが、
300万人の命が失われた
クメール・ルージュの3年8カ月と20日に対する
鎮魂と哀悼の念で胸がつまる。

ソポンの母親役のディ・サヴェットは、

クリックすると元のサイズで表示します

クメール・ルージュが政権をとった1975年、
フランスへ亡命し、
93年カンボジアに帰国。

館主ソカ役のソク・ソトゥンは、

クリックすると元のサイズで表示します

脚本家だが、
クメール・ルージュ支配とその後の貧困を生き延びた経験から、
本作で抜擢され、
2015年のASEAN国際映画祭で助演男優賞を受賞した。
渋い演技を見せる。

クメール・ルージュの混乱と絶望の時代を生きた映画人への思いが、
エンドクレジットの中で示される。

監督のソト・クォーリーカー監督は、

クリックすると元のサイズで表示します

カンボジア初の女性監督だという。
その国に生きた人にしか描くことの出来ない内容で、
心打たれた。

5点満点の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/ht08_wCktpE

現地ポスター。

クリックすると元のサイズで表示します

これに比べて日本版ポスターは魅力的だ。


なお、「長い家路」はクメール王国時代のおとぎ話だが、
長い間カンボジアの象徴だったシアヌーク殿下
大の映画好きで、
自ら主演して、この種の映画を沢山作った。

クメール・ルージュの時代については、
「消えた画 クメール・ルージュの真実」を参照↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140712/archive

カンボジア内戦を描いた作品「キリング・フィールド」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140818/archive


                                           
タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ