爆買銀座の様変わり  様々な話題

中国人の「爆買い」
流行大賞の候補になるほど
社会現象となった。
中国人観光客の落とす金は、
日本の経済を潤していたという。

しかし、そんな状況に変化が起こりつつある、
という聞き捨てならない記事が
「週刊現代」に掲載されているので、
簡略にまとめて、紹介しよう。

クリックすると元のサイズで表示します

題名は、
『「爆買いバブル」終了で閑古鳥が鳴く、
銀座の高級デパートの惨状と後悔
もっと日本のお得意様を大事にしておけばよかった…』
という刺激的なもの。

まず、銀座の百貨店で
鳴り物入りでオープンした免税店フロアの現状

6月某日の午後、
銀座三越8階の免税専門フロアにいた中国人客はわずか1組。
東急プラザ銀座内の「ロッテ免税店銀座」も、
中国人観光客はたった2組。
案内カウンターの話では、
「ツアーなどの団体客が来る夕方にならないと、
こんなものです」という。

クリックすると元のサイズで表示します

明らかに爆買いの潮目が変わっている。

円安基調は今年に入って逆回転。
円高が進み、この1年で
人民元は円に対して約2割も安くなった

その上、
中国政府が今年4月から個人への関税を強化
高級腕時計はこれまでの30%から60%に、
酒や化粧品などは50%から60%に、
食品は10%から15%にそれぞれ引き上げた。

その結果、中国で転売することを目的に、
高級時計や家電、ブランド品などを
大量に購入していた「ブローカー」が姿を消した

クリックすると元のサイズで表示します

そして中国人観光客の層が変わって客単価は激減。
数万円のものをポンポン買う富裕層が少なくなり、
中間層の人数が圧倒的に増えているという。
彼らの財布のヒモは固いのだ。

日本百貨店協会が発表した
5月の免税品売上高は16.6%減と、
2ヵ月連続で前年割れ
全国百貨店売上高も前年同月比で5.1%減少、
3ヵ月連続のマイナスとなっている。

「今年の春節(2月)以降、
おカネを使う裕福な中国人は
潮が引くようにスーッといなくなりました。
そして気づいたんです。
日本人のお客様もいないことに……」
と百貨店店員は言う。

クリックすると元のサイズで表示します

神戸大学大学院経営学研究科准教授の保田隆明氏の分析。

「百貨店にしてみれば、
これまで日本人向けに売ろうと努力をしてきたけれど、
ずっと売り上げが伸びなかった。
しかし、中国人が買ってくれるようになったので、
中国人向けにシフトしただけのこと。
それ自体は経営として間違っていません。

ただ、日本人にしてみれば、
昔から百貨店は特別感のあるところで、
『ハレの日』に楽しい時間を過ごすというイメージがありました。
特別な場所が中国人向けの接客で溢れると、
自分の来る場所ではないという感情を持つ人もいるでしょう」

クリックすると元のサイズで表示します

百貨店と並んで、「爆買い」の対象だった
家電量販店も苦境に喘いでいるという。
ヤマダ電機が新橋駅前に出店した免税店は5月にひっそりと閉店した。

ラオックス銀座本店も同様で、
中国人を乗せた観光バスが停まった直後は客で溢れ返るものの、
彼らが帰ってしまうと店内が静まり返る状況だ。

クリックすると元のサイズで表示します

とはいっても、
銀座の街には今も外国人観光客が大勢闊歩している。
だが、彼らはもう「爆買い」の原動力とはなりえない。
最近は、中国人観光客の行動が変化しており、
以前は買い物がメインだったのが、
最近は観光がメインになり、
表通りだけでなく、裏通りを歩いたりしているのだという。

中国人の「爆買い」は、
いっときだけ百貨店を潤した「バブル」だった。
にもかかわらず、
百貨店は巨額の設備投資で中国人シフトを敷いてしまったがために、
すぐには方向転換ができない、
というのがこの記事の分析だ。

保田氏は、こう言う。
「『爆買い』はもともと日本人向けに販売していた商品が
偶然、中国人にたくさん売れたということにすぎなかったんです。
そのバブルが終わったのに、
中国人に向けて再びバブルを起こそうとしても無理な話。
中国人観光客をアテにせず、
地道に日本人の顧客向けに商品を開発し、
販売していくことが百貨店ビジネスの王道なのですが……」

クリックすると元のサイズで表示します

今さら、日本のお客さんをもっと大事にしておけばよかったと
悔やんでも、もう遅い。
銀座の高級デパートの低迷は、しばらく続きそうだ。

と記事はしめくくっている。




小説『真実の10メートル手前』  書籍関係

我が家の団地の中庭

クリックすると元のサイズで表示します

この木のてっぺんで、

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら鳥たちが集会をしている模様。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何を相談しているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します


話変わって、数日前、
作業服の女性の訪問を受けました。
東京電力の関連会社で、
電力量計(メーター)の取り替え工事に来たといいます。

電力自由化に伴い、
安い電力会社を探したところ、
「価格.com」で
東京電力管内で一番安いのが、
エルピオでんき
という会社でした。

クリックすると元のサイズで表示します

担当者がやって来て、
聞けば、関東一円でプロパンを提供している会社で、
電力事業に新規参入。

私の家の場合、
年間1万2千円、月額千円安くなるといいます。

で、契約。
本日、メーターが古いもの↓から

クリックすると元のサイズで表示します

新しいもの↓に交換されました。

クリックすると元のサイズで表示します

交換の間、電力の遮断がないのは何故なのか、不思議。
今後、検針員は訪問せず、
電波を飛ばしての自動検針が行われるそうです。

従来と同じ事業者(東京電力)の電線を利用して、
値段だけ安い。
どうも仕組みが理解出来ません。



〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します
                              
米澤穂信の短編集。
2007年から2015年まで、
違う雑誌や書籍に掲載された作品群だが、
太刀洗万智(たちあらい・まち)という
雑誌記者が主人公である点が共通項だ。

真実の10メートル手前

新興企業が破綻し、
計画倒産、詐欺の疑いが浮上する中、
その社長とその妹で
広報担当の早坂真理が失踪する。
その取材をする藤沢が太刀洗と組む。
早坂兄妹の末妹に真理からかかってきた電話の内容から、
太刀洗は甲府に向かう。
そして、タクシーで、ある飲食店に到着。
電話の会話から
真理の電話をかけた場所を特定する
太刀洗の推理が冴える。

正義漢

吉祥寺駅で起った人身事故を目撃した太刀洗が
自殺ではなく、殺人だと断定して
ある特殊な行動を取り、
被害者の背中を押した犯人をあぶり出す。

恋累心中

三重県の田舎町で、高校生男女2人が心中をする。
その地名が恋累(こいがさね)であったことから、
「恋累心中」という名称で世間の注目を浴びる。

雑誌社の記者・都留は当地に赴き、
編集長推薦の太刀洗と合流する。
太刀洗は、その町で起った
爆弾手紙事件を追っていたのだ。
太刀洗の手配は充実しており、
心中した高校生のかつてのクラス担任や
天文部の顧問教師など、
よく折り合いがついたというような手際の良さだった。
取材の間に、
なぜ服毒心中したのに、
一人はのどを突いて死に、
一人は川に飛び込んで死んだかなどの謎が浮かび上がる。
ここでも太刀洗の推理が炸裂する。

名を刻む死

福岡県の民家で男性の遺体が発見された。
衰弱死とも病死とも言える死に方で、
胃は空っぽだった。
「私は間もなく死ぬ。
願わくは、名を刻む死を遂げたい」
という日記の謎の一文を残し、
テーブルの上には
雑誌へのアンケート葉書が記入済みで残されていた。

その男の死に複雑な思いを持つ近所の中学生の檜原京介の前に
取材の太刀洗が現れる。
太刀洗は死んだ男の新聞への投書を檜原少年に読ませる。
そして、男の長男で第一発見者に会う。
ここでも太刀洗の推理で真相が判明する。

ナイフを失われた思い出の中に

ユーゴスラビアから来たヨヴァノヴィチは、
太刀洗に会うために、
浜倉駅という田舎駅に降り立つ。
太刀洗はそこで殺人事件の取材をしており、
その日程でしか会えなかったのだ。
太刀洗はヨヴァノヴィチの妹の友人に当たり、
妹が「是非、日本に行ったら会ってくれ」というので
会うことにしたのだ。

殺人事件とは、
姉の家で一人でいた3歳の娘を
弟が刺し殺したというもの。
目撃者もあり、
すでに逮捕されており、
弟は罪を認めている。
しかし、その弟の手記を読んで、
太刀洗はある疑念を感ずる・・・。

綱渡りの成功例

長野県南部を襲った水害で、
土砂崩れの家から戸波夫妻が救出される。
消防団の大庭は取材中の太刀洗の訪問を受ける。
大庭は移動販売をしており、
戸波夫妻が救出までの間食べたコーンフレークを売ったかと問われる。
大庭は戸波夫妻を尋ねる太刀洗に同行する。
戸波夫妻に会った太刀洗の質問は、
「コーンフレークには、何をかけたのですか?」というものだった。
とんでもない質問にあきれる大庭だったが、
戸波夫妻が思いがけない反応をして・・・


どの作品も太刀洗が主人公でありながら、
それとは別の第三者の記述で語られる。
それだけ太刀洗の神秘性が高まる。

背が高く、髪が長く、
切れ長の目、頬から顎にかけてのラインがほっそりしている美人。
しかし、引き締まった表情は冷たくさえある。

太刀洗の推理は、
他人なら見過ごしてしまうような
細かい事柄を関連づけ、推理を展開する。
その着地点は鮮やか。
作家の頭の中がどうなっているのか不思議にさえ思う。

先の直木賞候補
新味のある推理小説だとは思うが、
直木賞候補としては、どうかと思う。



リオ五輪開会式  様々な話題

「えっ、もう始まるの?」
という感じで、
なかなか実感できなかった
リオデジャネイロ・オリンピック
時差は丁度12時間で、
昼夜逆転すれば、現地の時刻になる
8月5日午後8時(日本時間8月6日午前8時)、
開会式が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

演出はプロジェクション・マッピングが大活躍。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この糸を織るような仕掛けもよかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

四角い紙飛行機。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは「どこへ飛んで行ったの?」
と言っていましたが、
スタジアム外の映像は既に作っておいたCGに切り替え。

クリックすると元のサイズで表示します

日系人の移民を表現する踊り。

クリックすると元のサイズで表示します

演出を手がけたのは
映画「シティ・オブ・ゴッド」で知られる映画監督の
フェルナンド・メイレレス氏。
メイレレス氏はNHKのインタビューの中で、
開会式で広島に原爆が投下された8時15分に合わせ、
1分間の黙祷をする提案をしていたと明かしています。

しかし、開会式にはいかなる国の扱いも
差があってはいけないとのルールがあり、
政治的行動に当たるとの判断から、
IOC(国際オリンピック委員会)側が反対し、計画は見送りに。

その代わりに、
この日系移民の踊りは
広島での平和記念式典の時間に合わせて行われました。

会場奥の構築物も

クリックすると元のサイズで表示します

このように変身。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カーニバルのサンバの行進もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

選手団の入場行進

クリックすると元のサイズで表示します

各国の先導役は、この自転車。

クリックすると元のサイズで表示します

市中で使われていたもののリサイクルだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

アフリカ中部の内陸国ブルンジだけ先導が
自転車ではなく、徒歩のお姉さん。

クリックすると元のサイズで表示します

自転車の調達が間に合わなかったのか、
それとも他の理由があるのか、謎です。

日本選手団。

クリックすると元のサイズで表示します

この赤いブレザーと白いズボンは、毎度同じ。

カンボジア選手団の中に、
猫ひろしの姿が。

クリックすると元のサイズで表示します

「オリンピック讃歌」は、
旗の行進時でなく、掲揚時に
子どもたちの合唱で。

クリックすると元のサイズで表示します

聖火の最終ランナーは、この人。

クリックすると元のサイズで表示します

バンデルレイ・コルデイロ・デ・リマさん。46歳。
何で最終走者に選ばれたかというと、
2004年、アテネオリンピックの時の事件によります。

この時、デ・リマさんは、男子マラソンに出場。
36km地点までトップを走っていましたが、
突如沿道から乱入した男に抱きつかれ、
歩道に押し出されるという走行妨害を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

直後にレースへ復帰するものの、
トラブルによって約10秒間のロスタイムが生じ、
その直後からペースを崩してしまいます。
その結果、2人の選手に抜かれ、
3位でゴールイン。

しかし、この後が偉かった。
記者会見でデ・リマさんは
「完走出来て、オリンピックのメダルが獲得出来たことがなによりも嬉しい」、
「この銅メダルは『まだ私が金メダルを取ってはいけない』という、
神からの試練なんだ」
と語り、
妨害した男を非難するコメントは一切しなかったのです。

これにより、デ・リマは「金よりも輝く銅メダリスト」とも呼ばれます。

妨害されても最後まで走りきったデ・リマの姿を受け、
国際オリンピック委員会から銅メダルとは別に、
クーベルタン男爵の名をつけた特別メダルを贈呈され、
後にブラジル最優秀スポーツマンを受賞しました。

日本の男子マラソン大会にも何度か出走しており、
またTBSの『オールスター感謝祭』の
「赤坂5丁目ミニマラソン」にも
ゲストランナーとして数回出走しています。

クリックすると元のサイズで表示します

点灯された聖火はぐんぐん上がり、
このようなバックのオブジェの中に。

クリックすると元のサイズで表示します

不思議な動きをする構築物。

クリックすると元のサイズで表示します

悪い情報ばかり伝わって来るリオ五輪。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します


映画『シアター・プノンペン』  映画関係

〔映画紹介〕           

クリックすると元のサイズで表示します

カンボジアの首都プノンペンに住む女子大生のソポンは、
うっとうしい家庭環境に背を向けるために
奔放な生活をしていた。
ある日、バイク置き場になっている古い映画館で、
館主が一人で上映している映画を目にする。

クリックすると元のサイズで表示します

それは1974年に作られた
王子と村娘のラブ・ストーリー「長い家路」で、
ソポンは映画の中に自分とそっくりの女優を発見する。
それこそ、若い頃の母親「ソテア」の姿で、
館主ソカはソテアに対して長い間想いを寄せていた。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は、クメール・ルージュのカンボジア支配により
最後のリール(原題)が紛失された未公開作品で、
ソカが監督したものらしい。
美しく輝いていた母の知られざる女優時代を知ったソポンは、
失われた最終シーンを完成させようと、
仲間に呼びかけて撮影を始める。
若い頃の母の役を自分が演じて。
しかし、ロケ地に行ったソカは、
何故か心ここにあらずという感じで、風景を眺めるのだった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この映画、なじみのないカンボジア映画で、
演技やセリフにクセがあり、
役者たちの顔つき、
耳慣れないカンボジア語の語感もあって、
前半は辟易した。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、後半になって、
この映画を巡る母親の秘密、父親の秘密、
館主ソカの秘密が明らかになるにつれて、
別な面を見せ始める。
文明を憎悪し、文化を否定した
クメール・ルージュによって破壊された
カンボジアの映画人たちへの鎮魂歌に見えて来るのだ。

首都プノンペンを追われ、
強制労働の場で苦労する人々。
中でもインテリを憎悪したポル・ポト独裁政権によって、
映画にたずさわったというだけで処刑された映画人たち・・

クリックすると元のサイズで表示します

特に、父親の話に導かれて、
ソポンが当時の強制労働村の幻影に迷い込むシーンは、
映画的表現にあふれて秀逸。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の上映会で映し出されるラストの下りも、
うまくつながってはいないが、
300万人の命が失われた
クメール・ルージュの3年8カ月と20日に対する
鎮魂と哀悼の念で胸がつまる。

ソポンの母親役のディ・サヴェットは、

クリックすると元のサイズで表示します

クメール・ルージュが政権をとった1975年、
フランスへ亡命し、
93年カンボジアに帰国。

館主ソカ役のソク・ソトゥンは、

クリックすると元のサイズで表示します

脚本家だが、
クメール・ルージュ支配とその後の貧困を生き延びた経験から、
本作で抜擢され、
2015年のASEAN国際映画祭で助演男優賞を受賞した。
渋い演技を見せる。

クメール・ルージュの混乱と絶望の時代を生きた映画人への思いが、
エンドクレジットの中で示される。

監督のソト・クォーリーカー監督は、

クリックすると元のサイズで表示します

カンボジア初の女性監督だという。
その国に生きた人にしか描くことの出来ない内容で、
心打たれた。

5点満点の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/ht08_wCktpE

現地ポスター。

クリックすると元のサイズで表示します

これに比べて日本版ポスターは魅力的だ。


なお、「長い家路」はクメール王国時代のおとぎ話だが、
長い間カンボジアの象徴だったシアヌーク殿下
大の映画好きで、
自ら主演して、この種の映画を沢山作った。

クメール・ルージュの時代については、
「消えた画 クメール・ルージュの真実」を参照↓

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140712/archive

カンボジア内戦を描いた作品「キリング・フィールド」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20140818/archive


                                           
タグ: 映画

インド旅行記Kまとめ・「罰ゲーム」  旅行関係

インド旅行をすると、
「魅了された」という人と
「二度と行きたくない」という人と
はっきり二派に分かれるるといいます。
それほどカルチャーショックは大きいということでしょう。

私は2度目ですが、
娘は初めてで、
とにかく「カオス」ぶりには驚いたようです。

インド旅行にはカミさんも誘いました。
答は
「そんな罰ゲームみたいなところには行きたくないわ」
というものでした。

「罰ゲーム」とは言い得て妙で、
確かに、忍耐、苦行ともいえる部分は、
「罰ゲーム」といえなくもありません。

そこで、今度のインド旅行を
「罰ゲーム」という言葉でまとめてみることにしました。

罰ゲーム・その1:カレー責め

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく2回ほどを除いて、朝昼晩カレーばかり。
もっとも、日本で言う「カレー」とは趣が違います。
日本で「カレー」と言えば、
「カレーライス」のことを指すのが一般的ですが、
毎食カレーライスだったわけではありません。

カレーまたはカリーは、
多種類の香辛料を併用して
食材を味付けするという
インド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対し、
欧米人が名付けた呼称です。

つまり、「カレー」とはインド人にとっては外来語で、
自国の料理にはサーグ、サンバール、コルマ、ダールなど、
それぞれに固有の名称がついており、
「カレー」という料理はありません。

つまり、インド人には、
自分たちで「カレー」を食べている、という認識はありません。
従って、外国人から見たら、
出て来る料理は「カレー」そのものでも、
インド人はそう思って出しているわけではないのです。

しかし、日本人の私から見ると、
朝昼晩と「カレー」を食べさせられた、という認識で、
香辛料のきつい食べものばかり食べていると、
日本のさっぱりとした料理を食べたくなります。
具体的には、
旅行の半分くらいから、
そうめんや冷や麦を食べたくてならなりませんでした。

帰国後、最初にそうめんを食べたのは言うまでもありません。


罰ゲーム・その2:下痢への恐怖

とにかく事前にネットのインド旅行記を読むと、
下痢の記事ばかり。
下痢でずっとトイレにこもりっきりとか、
移動中、便意で苦しんだとか、
そんな記述があふれています。

下痢の原因は、
水と香辛料と油だといいます。

そういえば、以前、インド〜ネパールの旅行をした時、
カトマンズで食べたラーメンで下痢をしました。
一口食べて、「あっ、この油はやばいぞ」
と感じた数時間後、
ホテルに駆け足で帰ることになってしまいました。

とにかく、水が一番大きな原因だというので、
常時ミネラルウォーターを用意。
それ以外は一切の水物を口にしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーを浴びる時も
水が口に入らないようにきっちりと口を閉じ、
歯磨き後のすすぎもミネラルウォーターを使用。

氷も水道水を凍らせた可能性が高いので、
コーラ類も壜から直接飲みました。
旅行の終わり頃、
日本に帰国したら、
氷で一杯のコップにコーラを注いで飲みたい、と思っていましたが、
帰りの飛行機でコーラを注文したら、
CAさんが「氷はどうなさいますか」と訊きます。
「日本の氷ですか」と尋ねると、
CAさん、にっこり笑って、
「大丈夫ですよ」と。
氷と共にコーラを飲むという願望は、
帰りの飛行機で満たされました。

というわけで、細心の注意をしたので、
私も娘も下痢をせずに無事帰国しました。

罰ゲーム・その3:水シャワー

今回、安いツアーであったせいもあるかもしれませんが、
ホテルが大変ボロかったです。
なにしろ一泊1000円から5000円のホテルなので、
設備が古い
エアコンはすさまじい音を立て、
天井にある扇風機の音と一緒になると、
グルングルングルングルンと
バウバウバウバウという音が重なって、
まさに室内は嵐状態。

クリックすると元のサイズで表示します

その上、お湯が出ません。
4都市のうち3都市のホテルが
ぬるま湯どころか「ぬるま水」です。
1カ所など、タンクの電源が抜いてあり、
手の届かないところなので、
最初から湯を出す気持ちがないらしい。

デリーのホテルはお湯が出て、
お湯のありがたみをつくづく感じました。


罰ゲーム・その4:道路の喧騒

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく道路をありとあらゆるものが通ります。
乗用車、トラック、三輪タクシー、
オートリクシャー、サイクルリクシャー、
牛車、大八車、
それに牛、犬、羊、豚、ラクダや象まで。
それらが車線を無視してひしめきます。
当然生き物だから落とすものがあり、
ぷ〜んと糞臭、尿臭がし、
歩くのに苦労します。
そして、ひっきりなしのクラクション
ビービービービー。
その意味は「警笛」ではなく
「行くぞ、行くぞ、どけどけ」の意志表示。

インドの人が日本に来たら、
静かな道路で驚くでしょう。

ラジオで聴いた話:
新婚旅行にインドに行ったら、
奥さんが空港からホテルまでの道でまいってしまい、
ホテルから一歩も出ないですごしたといいます。


罰ゲーム・その5:価格交渉

道を歩けば、左右から声をかけられます。
モノを売りつけようという人々。
あるいはボートに乗らないか、
リクシャーに乗らないか。
乗るのにも価格交渉で、
外国人はカモだから、
3〜5倍にふっかけます。
そして、嘘をつく
目的地に着いて、価格を吊り上げようとする。
50ルピー、つまり100円くらいのことで、
いやな気持ちにさせられます。

クリックすると元のサイズで表示します

商品も値段を明らかにした方が売れるのでは、
というのは日本人の考え方で、
高く売れれば、儲けが増える、ということ。
適正価格、などという概念は皆無です。

日本のような値札で価格を明らかにする、
という世界は別世界です。

それは、アラブもインドも中国も同じです。


罰ゲーム・その6:ガン見

クリックすると元のサイズで表示します

「人の顔をじろじろ見るのは不作法だ」
というのは、日本人のモラルであって、
インド人はそんなことは考えないで、
人の顔をガン見します。
それもごく近くで。
30センチくらいからでもガン見します。
特に日本人の女性は着ているものや雰囲気が珍しいらしく、
男女を問わずガン見します。
あのきつい目で。


まあ、これらも「文化の違い」と思えば楽しめるわけで、
終わってしまえば、
罰ゲームも笑い話。
そういう意味で私は大丈夫でした。

今回行った世界遺産は7つ

アグラ城塞
タージ・マハル
ジャイプールのジャンタル・マンタル
ラージャスターンの丘陵城砦群
デリーのクトゥヴ・ミナールとその建造物群
デリーのフマユーン廟
赤い城の建造物群

インド旅行記のバックナンバーは、↓をクリック。

予備知識↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160614/archive

デリーからベナレスへ↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160617/archive

ベナレス↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160622/archive
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160627/archive

アグラ↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160630/archive
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160704/archive

チャンド・バオリ↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160708/archive

ジャイプール↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160714/archive
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160719/archive

デリー↓
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160723/archive
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160727/archive
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20160801/archive






AutoPage最新お知らせ