ジュンスのコンサート  音楽関係

今日は、夕方から、カミさんと一緒に新幹線に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

新横浜へ。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、ここ横浜アリーナ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キム・ジュンス

クリックすると元のサイズで表示します

4枚目のソロ・アルバム「XIGNATURE」

クリックすると元のサイズで表示します

ワールド・ツアー・コンサート

クリックすると元のサイズで表示します

今度のアルバムは粒よりで、
ジュンスの守備範囲の広いことがよく分かるものですが、
中でも「TONIGHT」という曲は、
タンゴ風の曲調がなかなか聞かせます。
ステージで演奏すると、ますますよかった。

他に「タランタレグラ」のダンス、
「FLOWER」の変成振り付け版など、
目も耳も釘付けにされました。

例のごとく、場内は撮影禁止。
今度の席は切れ目の最前列の席だったので、
秘密撮影は出来ませんでした。

そこで、冒頭のシーン↓と

https://youtu.be/xU9ywt-ZqC8

アンコールの「FLOWER」の動画↓を掲載します。

https://youtu.be/VGbqDTz83R4

ファンの願いを3つだけ叶える「ジーニータイム」は、
大幅に時間を延長。

今度の会場はステージの奥の座席にも客を入れ、
360度の体制。
ジュンスが提案したウエイブでは、
会場の照明を落とす中、
赤色ペンライトの波が
場内を一周した後、
中央から正面席へ向かって駆け抜けるという、
見たことのない光景を現出し、
ちょっと泣きそうになりました。

横浜アリーナでの公演は2年9カ月ぶり。
良い音楽と良いダンスで、
至福の時間を過ごしました。

9月には、創作ミュージカル
「ドリアン・グレイの肖像」↓の公演があります。

クリックすると元のサイズで表示します

オスカー・ワイルド唯一の長編小説が
どんな風にミュージカル化されるのか、
興味津々ですが、
ジュンスによれば、
「みなさんが、ダンス・ミュージカルを望んだのですが、
適当なものがないので、
自分で創りました」
とのこと。
ダンス・ミュージカル?
どんなものが出来上がるのか。
「あの愚かな大統領がいる間は
韓国には行かない」
と言っていた禁を破ることになりそうです。






AutoPage最新お知らせ